Column

オシャレな「和室」のリフォーム・リノベーション事例をまとめてみました

事例提供:株式会社空間社

心地よい畳の質感や落ち着ける雰囲気が魅力の和室。ゴロゴロしたり客室にしたり、家事・育児などにも活用できる空間です。リフォームする際は、とことん和風にこだわるのか、洋室にも溶け込むテイストにするのか迷ってしまうことも多いでしょう。今回は、和室のおすすめ事例のなかから、純和風、和洋ミックス、小上がりに分けてご紹介します。

おすすめリフォーム事例 <純和風>

畳や障子、ふすまなど日本の伝統的な建材を使用した和室は、居心地良く感じる要素が満載ですね。近年では本格的な床の間を作らず、縁無しの畳を使用するスタイルも人気です。現代の生活にマッチした純和風スタイル事例を見てみましょう。

美しさや癒しを与える特別な空間

事例提供:湘南リフォーム(株式会社ステラ)

リノベーションで純和風和室をブラッシュアップ。満月のような丸いペンダントライトや床の間の壁に反射するライトなど、柔らかい光を多用。畳だけでなく、建具や天井、梁なども和の素材、デザインでまとめ、高級感のある仕上がりになっています。

おすすめリフォーム事例 <和洋ミックス>

「なかなか和室を作るスペースがない」「純和風だと生活様式に合わない」という方におすすめなのが、和洋ミックスの和室です。畳のタイプや色を選べばどんなスタイルにもマッチしますよ。和の要素にとらわれすぎない自由なコーディネートをご覧ください。

畳を生かした落ち着きのある小部屋

事例提供:株式会社アズ建設

白を基調とした内装に縁なし畳を敷き、引き違い扉の収納という、伝統的な和室の要素を色濃く取り入れた小部屋です。間接照明の柔らかく広がる照明や床の間を連想させるような部屋の端のフローリングなども、和のテイストに通じるインテリアといえるでしょう。

フローリングの一角を畳スペースに

事例提供:株式会社空間社

フローリングのLDKの一角に畳スペースを作り、気軽に床座したり寝転んだりできるようにした事例です。縁無しの琉球畳を敷いてあり、フローリングとの段差がなく連続性を持たせたフラットな床面に仕上がっています。

アクセントクロスで変わる

事例提供:湘南リフォーム(株式会社ステラ)

和室の壁の1面をグレージュのアクセントクロスにしてモダンテイストの住宅になじむ和室となりました。また、畳を交換するにあたり、縁無しで正方形の畳に変えたことで、大判タイルを敷いたかのようなスタイリッシュさが加わりました。

引き戸で仕切れば個室になる和室

事例提供:株式会社アズ建設

フローリングのLDKに隣接する和室です。窓からは自然光が差し込む明るい和室になっており、木目調のスライドドアを閉じれば個室になります。フローリングとは床面の高さを変えてあり、段差は収納としても有効活用しています。縁無し畳に白を基調とした内装、天井にはダウンライトを設置しシンプルな仕上げになっています。

おすすめリフォーム事例 <小上がり>

腰掛けたり寝そべったりできる小上がりスペースに、畳を取り入れたコーディネートも人気があります。高低差を出すことで空間にメリハリが生まれ程よくゾーニングできるのが魅力。段差部分を収納に活用できたり、段の上面に汚したくないものを置いて作業したりと、多目的に使える点もメリットです。

和室を生かした隠れ家のような空間

事例提供:株式会社アズ建設

フローリングのLDKの角にある小上がり和室です室内階段にも隣接しているので、三方を囲まれたお籠り感のあるレイアウトになっています。白壁には小物収納ができる棚板を配置、窓にはカウンターが付いています。やや高さのある小上がりの下部は大容量の引き出し収納になっています。

和と洋を組み合わせたリビング小上がり

事例提供:株式会社空間社

リビングに畳の小上がりスペースを作り、掘りごたつを組み合わせた事例です。天井に梁があったり、小上がりの板材や壁面の棚板に深い飴色でツヤ感のある木材が使われているなど、古民家を連想させるインテリアが取り入れられています。小上がりの隣のスペースにはソファや大型の壁掛けテレビがあり、家族がそれぞれお気に入りのスタイルでゆったりとくつろげるようになっています。

レトロな和モダンスタイル

事例提供:株式会社空間社

ブラウンを基調とした床のフローリング、天井や壁の一部にもウッドパネルと木材の味わいをふんだんに取り入れているインテリアに作られた小上がり和室です。小上がりも側面を濃いブラウンの木材で仕上げて落ち着いた雰囲気に。腰高窓に面した場所にあることで畳に座ったり寝転んだりしたままを外の風景や空を眺めることができます。

和室をリフォームするときに考えたいこと

和室をリフォームする際は、和室の使用目的を明確にしておきたいところ。個人の部屋なのか、家族がくつろぐスペースなのか、家事・育児でフレキシブルに使用したいのか。また、客間のようにしよう機会が限られた用途にするならば、限られた空間にあえてスペースを割いて和室をつくる必要があるのかなど、が検討のポイントです。それがまとまったら使用するシーンに合わせて個室にするのかオープンな間取りにするかを考えると良いでしょう。

また、伝統的な和室に見られるような畳や障子、砂壁などを使用している和室は張り替えや補修などの定期的なメンテナンスが必要です。普段の掃除方法も洋室とは異なるため、お手入れやメンテナンスがしやすい素材やデザインを選ぶことも生活に和室を取り入れるポイントのひとつ。

住まいはライフスタイルの変化にあわせて変えていくのが暮らしやすさを維持するコツ。長く快適に過ごすためにも、今後の生活に対応できる間取りやスタイル、素材を選んで、理想の和室作りをしましょう。

まとめ

今回は、実際に和室をリフォームされた事例のなかから、純和風、和洋ミックス、小上がりに分けて素敵な事例をご紹介しました。畳や天然木などの自然素材が使われた和室は、日々の生活に癒しを与えてくれるスペースでもあります。

今回ご紹介した事例をヒントに、あなただけのくつろぎの和室作りを実現してみてくださいね。

オシャレなリノベの事例集をもらう
オシャレな事例をもっと見てみる

writing:endang38