Column

「福祉住環境コーディネーター(じゅうふくしかんきょうコーディネーター)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集861

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

福祉住環境コーディネーター(じゅうふくしかんきょうコーディネーター)

福祉住環境コーディネーターとは、介護が必要な人や障害のある人など、さまざまなニーズのある人たちが安心して長く暮らしていける住宅環境を提案したり、整備したりする専門資格です。福祉や医療と住宅や建築の分野の知識を持ち、住宅や福祉施設などの改修プランを提案したり、福祉用具の選定や設置プランを作成したりする仕事です。

福祉関連の職場で働いている人が多いというデータもありますが、福祉住環境コーディネーターは、設計事務所や住宅設備機器メーカー、建築会社など幅広い分野で活躍しています。

福祉住環境コーディネーターは東京商工会議所が検定試験を行う公的資格であり、難易度が高いほうから1級、2級、3級に分かれています。2級以上を取得すれば、介護保険における住宅改修費支援申請時に必要な理由書の作成を行うことができるようになります。

高齢になっても住み慣れた家で暮らしたい、ハンディキャップのある身体機能でも使いやすい住宅に改修したい、誰もが使いやすいユニバーサルデザインを取り入れたい、といったニーズはこれからも増えて行くことが考えらえます。リフォームやリノベーションの現場でも福祉住環境コーディネーターの専門知識が求められることが多くなるでしょう。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら