Column

完全版|全面・フルリフォーム・フルリノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

間取りや水回りの配置も変えることができる全面(フル)リフォーム・リノベーション。家族のライフスタイルや好み・こだわりに合わせて、自由度高く住まいを変えられるのが魅力です。一方で、大きな工事なので、費用や期間など不安を感じることあるかもしれません。

今回は、「全面(フル)リフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜」と題し、気になる情報をまとめてお伝えしていきます。

▼関連記事
フルリノベーションでできること。工事範囲・注意点・流れを解説
「リノベーション」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集
リノベーションとは?リフォームとの違いは?リノベーションの費用も徹底解説!

1.全面(フル)リフォーム・リノベーションとは

全面(フル)リフォーム・リノベーションとは、家を丸ごと新しくデザインすること。全ての部屋にリノベーションを施した場合に使われます。例えば全ての取り払える設備・壁をなくし、構造体のみの状態にする「スケルトン」はいわずもがなフルリノベーションですが、LDKのみをスケルトンにし、居室の間取りは変えずに内装を刷新する場合もフルリノベーションと言われます。つまり、全ての居室に何かしらのリノベーションを施すとフルリノベーションと言われるのが現状です。

次に、全面(フル)リフォーム・リノベーションを検討しているときに、比較対象となる言葉との違いを見ていきます。

建て替え

戸建て住宅の場合、老朽化が進んでくると「建て替え」も視野に入ってくるのではないでしょうか。建て替えが、既存の建物をすべて解体して更地に戻すのに対し、全面(フル)リフォーム・リノベーションは、建物の基礎や柱などの構造部分は残して利用します。

部分(既存残し)リフォーム・リノベーション

また、住まいで傷みや使い勝手に問題を感じる箇所がある場合には、居室を絞ってリフォーム・リノベーションする「部分リフォーム・リノベーション」や、使えるところはそのまま活かす「既存残しリフォーム・リノベーション」という手法もあります。

 

このように、部分的なリフォーム・リノベーションで済むのか、全面(フル)リフォーム・リノベーションをするべきなのかの判断は、専門家と相談するのが確実ですが、築年数も一つの目安になります。築20年以上になったら、状態によっては全面(フル)リフォーム・リノベーションを検討することもありうるとも言われています。

また、20年も経てば、住まいに暮らす家族のライフステージにも変化があるものです。お子さんが生まれて家族が増えたり、お子さんが巣立って夫婦だけの暮らしになったりと、生活スタイルの変化に対応した住まいに変えるために、全面(フル)リフォーム・リノベーションをする、というパターンもあるでしょう。

■参考記事
フルリフォームと建て替え、工事内容の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説
部分(既存残し)リフォーム・リノベーションのメリットデメリット
築年数によって必要なリフォーム・リノベーションの内容は変わる?

2.全面(フル)リフォーム・リノベーションの費用相場、その他にかかる費用

住まい全体を新しくする全面(フル)リフォーム・リノベーションには、ある程度まとまった額のお金が必要になるとして、実際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

全面(フル)リフォーム・リノベーションの費用相場
リノベーションの中心相場は1,000〜1,200万円程度とも言われています(東京都内で70平方メートルの中古マンションをリノベーションする場合)。この金額に含まれるのは、「物件取得費」「工事費」「手続き・引越し費用」などです。

■参考記事
リノベーションとは?リフォームとの違いや費用も徹底解説!
マンションリノベーションはどれくらいかかる?施工箇所で見る費用感

リフォーム・リノベーションに付随して必要になる費用
リノベーションをすると、物件購入やリノベーション工事の費用のほかにも必要になる費用があります。

例えば、工事のための手続きでは印紙代がかかります。全面(フル)リフォーム・リノベーションでは、工事期間の仮住まいや荷物の置き場所が必要になり、引越作業も発生しますので、その費用も必要です。物件や工事の費用の支払いにローンを組むなら、契約に伴って保証料や手数料などが必要になります。

このように全面(フル)リフォームでは、物件や工事以外にも必要になる諸費用があり、その額は概ね工事費の5%~10%程度とも言われています。こういった諸経費も資金計画上、あらかじめ見込んでおくようにしましょう。

■参考記事
全面リフォームの工事以外に必要なその他の費用

3.事例別!全面(フル)リフォーム・リノベーションの費用を見る

全面(フル)リフォーム・リノベーションの事例を、費用帯別に3つご紹介します。

全面(フル)リフォーム・リノベーション事例1|リノベ費用約1500万円。パーティーができる広々リノベ


・リノベ費用:約1,500万円(購入当時:築23年)
・一人暮らし|67.95m2|3LDK→1LDK

こちらの事例は、3LDKから和室や居室との間の間仕切りを取り払って1LDK+ウォークスルークローゼットという、ゆったりとした間取りに変更したリノベーションです。対面式だったキッチンを移動して壁付きにしたのも、なるべくスペースを取りたかったからだそうです。

一続きの広いLDKの中に設けられた小上がりはロールスクリーンで仕切れば客室としても使えるというフレキシブルさ。小上がりに隣接する寝室との仕切りはルーバーの折り戸になっており、開ければリビングからの光も寝室まで届きます。

キッチン横のパントリー、玄関のシューズクローゼットなど、収納も充実。ウォークスルークローゼットも広さがあるので、衣類用のスペースに加えて本棚も設置しました。

家で過ごす時間の快適さと、客人を招いたパーティーにも対応できる広さが実現した全面(フル)リフォーム・リノベーションといえます。

事例:【リノベ|インタビュー】広さ&たっぷり収納でおうち時間を豊かに、テレワーカー必見3LDK→1LDKリノベ

全面(フル)リフォーム・リノベーション事例2|リノベ費用約1000万円。LDKを広げて開放感ある住まいに


・リノベ費用:約1,000万円
・4人家族|70.44m2|3LDK→2LDK|築35年(購入時)

リノベ済み物件を再リノベして3LDKから2LDKに間取りを変えたお住まいです。LDKに隣接する居室の仕切りを取りはらって一体化してしたことで広い空間が出来上がりました。広くなったキッチンには、ステンレスのアイランド型キッチンを置いて、見通しを邪魔しません。板張りの天井は木目の視覚効果で広見せに一役買っています。

ナチュラルな木の風合いに、ところどころ使われるブラックやダークカラーが合わさって、落ち着きのあるカフェ風のテイストを作り上げています。壁に埋め込んだ棚や、キッチン後方壁のカップボードなど、収納にもこだわりを感じます。

リビングの隅に造作棚で作られたワークスペースは、壁面や梁の凹凸を上手に使って程よい囲まれ感もありつつ、家族とのつながりを感じながら作業できそうですね。

事例:【リノベ|インタビュー】70.44m2|解放感たっぷりの間取り術!2LDK+アイランドキッチン

全面(フル)リフォーム・リノベーション事例3|リノベ費用約700万円。こだわりを詰め込んだLDKと使えるものを活かしメリハリあるプランに


・リノベ費用:約700万円(購入当時:築25年)
・二人暮らし|61.08m2|3LDK→2LDK

リビングに隣接する居室を一体化して広げたこちらの事例は、内装の随所に海外テイストを上手に取り入れてあり、独特の雰囲気が素敵です。壁材やフローリングにもこだわった全面(フル)リフォーム・リノベーションで、費用を抑えられたのは既にあるものを上手に活用しているから。

生活の中心となるLDKやキッチンは妥協せず、それ以外の部分はそのまま使えるところを残したり、内装や建具を変える程度にとどめたりする、とメリハリの付いたプラン作りができたのも、実現したい住まいの方向性が明確になっていたから。

事例:【リノベ|インタビュー】海外インテリア好き必見!レンガ、タイルで各国のアイディアを取り入れた再リノベ

4.事例別!部分リフォーム・リノベーションの費用を見る

続いては、部分リフォーム・リノベーションの事例です。

部分リフォーム・リノベーション事例1|既存残しとDIYで費用節約


・工事費:850万円(税・設計料込)
・3人家族

自然素材やグリーンのナチュラル感と、無機質な素材との組み合わせをテーマにしているこちらの事例ですが、庭や駐車場があって窓が多いという理想の物件に出会ってしまったこと、頭金を用意しなくてもローンを組めたことなどの条件が重なって、ハイペースでリノベーションが決まったそうです。

こちらの事例では、キッチンや玄関土間の壁面収納をDIYで取り付けています。バーカウンター風のキッチンや、洗面のL字カウンターテーブルなど、どうしても譲れないところには予算を掛けて、見えないところやDIYできる棚などは削って、コストを調整したそうです。

事例:vol.24【リノベ|インタビュー】グリーンが映える、木とモルタルとアイアンの家。アパレルな二人のオシャレDIY。

■参考記事
リノベーションの費用相場&ローン節約の方法って?

部分リフォーム・リノベーション事例2|300万円台。リノベ済み中古物件でLDKに集中してリノベーション

・300万円台

・家族暮らし

こちらの事例は、リノベ済みの中古物件を購入し、LDKだけを再リノベーションしています。もともときれいな状態だったということですが、LDの狭さを解消するために隣り合う居室の仕切りを壊して一つの空間にするリノベーションを行いました。

緑のタイルが印象的なキッチンは、設備は入居時に新しいものが入っていたのでそのまま使っています。フローリングも張り替えず、入居時のものを使っているそうです。

壁付きキッチンですが、カウンターを追加してアイランド風にも作業することができるようになりました。もう一つ、リノベーションで加えたのが、造作の本棚。収納する本に合わせたサイズや室内の雰囲気に合わせた素材でオーダーした本棚は、インテリアによくなじんでいます。

使えるものはそのまま、足りないところだけ加えていく、という方向性がはっきりしておりて、費用をおさえることにつながっています。

事例:【リノベ|インタビュー】300万円台の自宅リノベ。大人隠れ家的「チリムーロ」なLDKづくり

部分リフォーム・リノベーション事例3|380万円。理想を追求したキッチンが主役のLDKに


・300万円台

リノベーションのきっかけは、使い勝手が悪いと感じていた間取りだそうです。今回の部分リノベーションでは土間と、ダイニング隣接の和室を取り込んで、LDKとして使えるように間取り変更がされました。

LDKの主役は理想を追求したキッチン。少し小さめというキッチンスペースに合わせられるオーダーメイドキッチンを選択、譲れない条件の食洗器も導入しました。ステンレスのトップは継ぎ目がなくお手入れ簡単。キッチンを入れ替えたことでストレスが減って生活が充実したそうです。

予算面では、キッチン重視の優先順位を貫き妥協しなかった分、後からでも刷新できるお風呂などは手を付けませんでした。

事例:【自宅リノベ|インタビュー】憧れとこだわりを形に。キッチンを中心とした部分リノベ

5.リフォーム・リノベーションで、希望も叶えて費用を抑える3つのポイント

リフォーム・リノベーションは、無理のない予算で計画することが大切です。希望通りの内容を実現できる、満足度の高いリフォーム・リノベーションを実現しつつ、費用を抑えることができたらうれしいですよね。プラン作りで予算オーバーになってしまいそうなときに、見直してほしいポイント3点をご紹介します。

●リフォーム・リノベーションの目的を明確にする
何のためにリフォーム・リノベーションをするのか、という根本的な目的をはっきりさせておくことは、プラン作りや工事にかかわるさまざまな判断の根拠になります。いくつかの目的がある場合には、優先順位を付けておくと、迷った時に判断基準となるでしょう。

●リフォーム・リノベーションが必要な範囲を見極める
使用するものが同じ素材であれば、工事面積が狭いほど費用が縮小されます。全面(フル)リフォーム・リノベーションが必要なのか、部分的なリフォーム・リノベーションで十分目的を達成できるのか、今すべき箇所と数年後でも大丈夫な個所を分けるなども有効です。専門家に相談しながら、十分に検討しましょう。

●バリューエンジニアリング(VE)による調整
予算をオーバーするようなプランになってしまったら、金額を下げる調整が必要になります。そこで、価値を下げずにアプローチを変えることで費用を抑える、バリューエンジニアリング(VE)を活用しましょう。

一部の工事をなくしたり、設備のグレードを下げたりといった単なるコストカットでは見積書の金額は減らせますが、希望していた内容を実現できず、満足感の低い、中途半端ないリフォーム・リノベーションになってしまうかもしれません。

VEでは目的を達成するために大切なこと(価値、バリュー)を見極め、柔軟に方法を変えながらコストをコントロールしていきます。リノベーション会社の担当者に、目的や予算についてしっかり伝えて、提案してもらえるようにしましょう。

■参考記事
リフォーム・リノベーション全面必要?部分でOK?必要性を見極めるポイント
単なるコストダウンではない、価値はそのままにVEでコストコントロールをするリノベーション

6.全面(フル)リフォーム・リノベーションの注意点

ロフトのあるリノベーション

考えなけれならないことがたくさんあるリフォーム・リノベーションですが、特に次の3点については早めに対策をしておきましょう。

●リフォーム・リノベーションの目的をはっきりさせる
予算の項目でも上げましたが、リフォーム・リノベーションでどのような住まいにしたいのか、といった目的を明確にしておくことは、計画や工事の全体にかかわってくることであり、とても重要です。

●頼りになるパートナー選び
全面(フル)リフォーム・リノベーションでは、専門的な知識を持って一緒に住まいを作っていけるリノベーション会社を見つけましょう。リノベーションを決めたらすぐに相談に行ってみるとよいでしょう。物件選びの段階から担当者に立ち会ってもらったり相談したりできると、希望するリノベーションができる物件かどうか見極めてもらえます。

●資金計画も早めに準備
全面(フル)リフォーム・リノベーションでは支払いにローンを利用するケースがほとんど。どのようなローンを利用するのか、頭金はどのくらい用意するのか、といった資金に関すること柄についても、早めに見通しを立てるようにしましょう。各社ローンについてのセミナーも開催しているので利用してみると良いでしょう。転職を視野に入れていたり、頭金が足りないかもといった相談も早めにすることで、自分にあったローンを見つけることができます。

■参考記事
失敗しないリノベーションのポイント
リノベーション予算を正しく使う手順
リノベーションの前にチェックするポイント

7.全面(フル)リフォーム・リノベーションで使える補助金・税制度

大きなお金が必要になる全面(フル)リフォーム・リノベーションですが、公的な補助金や減税制度を利用することもできます。申請手続きが工事の前であったり、制度自体に応募の締め切りが決まっていたりすることもありますので、早い段階で情報収集をして準備しておくことが重要です。

補助金や減税制度は、それぞれの制度の目的に合った内容の工事を対象としています。バリアフリー化や省エネ性能の向上、耐震性能の向上などにかかわる工事なら対象となる可能性が高いといえます。また、建物や工事内容について細かい条件が決まっていますので、リノベーション会社や工務店の専門家に協力してもらいましょう。

■参考記事
リノベーションその前に!税制度・補助金をチェックしよう

まとめ

住まいの骨組みを残して、内装や設備をまとめた一新する全面(フル)リフォーム・リノベーション。間取りも大きく変えられるなど、理想の住まい、希望する生活スタイルを実現する手段として注目されています。

リフォーム・リノベーションで達成したい目的と、コストのバランスを上手にとって、満足感の高いリフォーム・リノベーションにしましょう。

▼関連記事
フルリノベーションでできること。工事範囲・注意点・流れを解説
「リノベーション」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集
リノベーションとは?リフォームとの違いは?リノベーションの費用も徹底解説!

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう