Column

リビング横の和室のメリット・デメリット。リノベーション事例も紹介

リビング横に和室が設けられた間取りは多く見受けられます。和室をなくして広いリビングにするリノベーションも人気ですが、あえて和室を残したり、形を変えて和室を設けたりといったリノベーションもあります。リビング横にある和室のメリットやデメリット、和室をつくる際のポイントについて解説します。リビング横に和室を設けたリノベーション事例もご紹介しますので、参考にしてみてください。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す
リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

リビング横に和室をつくるメリット・デメリット

昔から馴染みのある和室ですが、つくることによってさまざまなメリットやデメリットが生じます。

リビング横の和室のメリット

リビング横に和室があると、いろいろな場面で便利に使えます。リビング横にあるからこそのメリットもあります。詳しくみていきましょう。

育児中に便利に使える
子どものお昼寝や遊び、おむつ替えなどのスペースとして使えます。フローリングと比べると柔らかいため、子どもが転倒してケガをするリスクも軽減できます。リビング横にある間取りであれば、大人がリビングで見守りながら、子どもは和室で過ごすという使い方も可能です。

寝室にできる
床に布団を敷いて寝る場合は、畳があると重宝するでしょう。来客用の寝室としても使えます。

ワークスペースとして使える
和室にテーブルを設置しておくと、在宅ワークの際にも活用できます。リビングにいる家族と程よい距離感で、お互いの気配を感じながら各々の時間を過ごせるでしょう。

家事のスペースとしても活用できる
アイロンをかけたり洗濯物をたたんだりといった、家事をするスペースとしても活躍します。畳は柔らかいためそのままでも座りやすく、座って行う家事のときにも便利です。

来客対応に使える
応接スペースとしても使えます。リビング横にあるということはキッチンからも比較的近いため、お茶やお菓子のおもてなしもしやすいでしょう。

休憩スペースとして使える
そのまま寝転がれる和室は、ちょっとした休憩スペースにも適しています。ヨガやストレッチをするスペースにしても良いでしょう。

リビング横の和室のデメリット

多くの場面で活躍する和室ですが、知っておきたいデメリットもいくつかありますのでご紹介します。

汚れが付きやすい
和室に使われる畳や襖などは、汚れが付きやすく、傷みやすいです。コーヒーやジュースなどをこぼすとシミになることがあります。

メンテナンスが必要
畳は、裏返しや表替えなどの定期的なメンテナンスも必要です。湿気を吸収しやすく、放置するとダニやカビの原因になります。細目に換気をして、傷むのを軽減させましょう。

ペットとの生活には向かない
イ草畳の場合、ペットの粗相や嘔吐によるシミ、嫌なにおいが気になる場合があります。ただし、ペットに対応した畳も販売されています。ペットと暮らしている場合は、汚れやにおいを防ぐ機能のある畳や、洗える畳を選ぶのがおすすめです。

スペースが必要
リビング横に和室をつくるということは、リビングなど他の部屋が狭くなるということでもあります。和室をつくる目的を明確にして必要な広さを決め、家全体の間取りを併せて検討しましょう。

リビング横に和室をつくる際のポイント

リビング横に和室をつくるなら、使いやすい仕様にしたいものです。快適に使える和室をつくるために考慮したいポイントを3つご紹介します。

和室を1つの部屋としてつくるか、リビングの一部とするか

和室を1つの部屋としてつくる方法もあれば、リビングの一角に畳スペースを設けるような形でつくる方法もあります。和室の用途によって、必要な広さやスタイルは変わってきます。使いやすい形を選びましょう。和室の広さや独立性、用途によってはリビングとは別に冷暖房の設置も必要となるでしょう。

引き戸を設置するかどうか

リビングと和室の間に引き戸を設けるかどうかで、使い勝手は大きく変わってきます。和室の用途によっては引き戸が必要です。引き戸を閉めることで和室を個室や寝室として使えますし、調理中のにおいや音漏れも防げます。引き戸を開けてオープンに使うときにすっきりするように、引き込み戸にするのもおすすめです。

小上がりのスタイルを選ぶか

リビングの一角に畳スペースを設けるような場合、床に段差をつけて小上がりにするケースもあります。空間の高低差によって奥行きを持たせられたり、段差の部分に収納をつくったりできます。一方でバリアフリーではないことや、子どもの年齢によっては段差が危険であるなどの注意点もあります。小上がりにするか、フラットにするかはよく考えて決めたいポイントです。

リビング横に和室のあるリノベーション事例

こちらでは、リビング横に和室や畳スペースを設けたリノベーション事例を3つご紹介します。

収納力抜群&客室としても使える小上がりスペース

リビングの一角に、小上がりの畳スペースを設けた事例です。小上がりの段差の中には、来客用布団を2組ほど収納できます。小上がりのまわりの天井にスクリーンを設置しており、スクリーンを下ろすと客室としても利用できるよう工夫されています。

和と洋を融合。モダンな和洋室

外側がフローリング、真ん中が畳という和と洋が融合したスペースをリビング横に設けています。和室内は間接照明で光の演出をしていておしゃれです。リビングとの仕切りには、モダンな印象の引き違い戸を設置しており、リビング側にも和室側にも馴染みます。

木の格子でゆるく仕切られた和室空間

こちらは戸建てリノベーションです。リビング横につくられた小上がりの和室は、木の格子や階段によって、リビングと仕切られています。家族がお互いの気配を感じられるような、ゆるい間仕切りです。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す

まとめ

リビング横の和室は、子育て中のさまざまな場面で使いやすく、家事や仕事のスペース、リラックス空間、応接スペースとしても活用できます。メンテナンス面が心配な場合は、お手入れしやすい畳がおすすめです。使いやすい和室をつくるためには、広さやスタイル、引き戸や段差の有無についてよく検討しましょう。

writing:ハナミ

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら