Column

家族と自分、どちらも大事にできる家の秘訣と3つの事例

事例提供:水野商会

この記事を書いたのは
はせがわ あかね|整理収納アドバイザー
作業療法士として働きながら、整理収納・子育て・インテリアなど暮らしに役立つアイデアを発信。

あなたらしく「暮らしやすい」空間づくりを提案します


こんにちは!片づけクリエイターのはせがわあかねです。

家づくりで頭を悩ます「間取り」。間取りに正解はなく、一人ひとりの暮らしに合わせた工夫をすることが大切です。今回は、家族みんなの意見を取り入れた理想の家を作るために必要な手順と、間取りの工夫で「家族時間」「自分時間」どちらも手に入れた3つの事例についてご紹介します。

 

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

理想が叶う家づくりの手順

 

 

 

家づくりは、暮らしの土台づくり。たくさんの選択肢の中から何を選び、何を優先するのかを考え抜いた先に、理想の住まいが見えてきます。 ですが、夫婦間で意見が異なったり、考えすぎて自分自身どうしたいかがわからなくなってしまうことも。

そういう場合は、まず思っていることや考えていることをそのまま紙に書き出し、アウトプットするのがオススメです。書き出していくうちに頭の中が整理されますし、自分や家族の想いを確認するきっかけになります。

そこから更に、インターネットで関連の画像を集めたり、雑誌を切り抜きスクラップしたりと少しずつイメージを膨らませていきます。スクラップしたイメージは、家族で共有しましょう。

こうして、「暮らしの価値観」をすり合わせていく作業は理想的な家づくりをする上で欠かせない工程です。

どっちも大事!自分時間も家族時間も叶えた3つのリノベ事例

家族間でのコミュニケーションの取りやすさを考えると、部屋を細かく区切らないオープンな設計が適しています。ですが、一人で寛いだり、趣味に没頭したい場合は、それがデメリットになることも。

家族との時間も、自分の時間も、どちらも大事にしたい。ここからは、そんな欲張りな願いを叶えた3つのリノベ事例をご紹介します。

自分だけのアトリエがある家

事例提供:スタジオCoco-Li

高く吹き抜けた天井に自慢のイングリッシュガーデンへと続く大きな窓。こちらの事例は、空間にゆとりのあるオープンな設計ですが、写真の奥側をよく見るとわずかにスペースが。

事例提供:スタジオCoco-Li

この一角が、元雑貨屋で洋服のリメイクを趣味としているオーナーのアトリエです。リビングとひとつづきになっていますが、天井の高さが変わるだけで一気に別空間に。仕切りとして棚を設置するなど、自分時間を楽しむ工夫もされています。

家族みんなのための家

事例提供:スタジオCoco-Li

家の中心には、暖炉のあるリビングと柔らかい光が差し込むダイニング。それだけではなく、こちらの事例ではダイニングが愛犬のお部屋に隣接しており、人も犬も、家族みんながリラックスできる空間となっています。

事例提供:スタジオCoco-Li

リビングとつながった2階の読書スペースでは、コーヒーと本で自分だけの時間を満喫。「家族」と「自分」、それぞれの居場所を大切にできる間取りです。

家族とゆるくつながる家

事例提供:水野商会

お子様とご夫婦の家族が暮らしている事例です。こどもがいる家庭だとその分モノが増え、家の中が雑然とした印象になりがち。ですが、建具と家具の調和をとり、インテリアに統一感を出るとそれだけで整った印象になります。

事例提供:水野商会

リビングの奥は、開口部が半分ほど仕切られたワークスペースに。リビングが賑やかでも、一枚仕切りがあるだけで読書や勉強に集中できるパーソナルなスペースとして活用できます。

まとめ

事例を見てみると、家族団らんのスペースはたっぷりと空間を使い、個人のスペースは個室として区切らず天井の高さや仕切りを上手く利用していることがわかります。

ゆるく間仕切り、ゆるく繋がる。この適度な距離感が、家族の時間も自分の時間も大事にできる最大の秘訣です。これから家づくりを始める方、リノベーションを検討されている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら