Column

「大引き(おおびき)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「大引き(おおびき)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集


誰でもわかるリノベ用語集311

■大引き(おおびき)

「大引き」とは、床板や根太を支える横材のことです。目に見えない部分に配置する建材のひとつですが、力を地面に伝えて1階部分を支えるという大切な役割を持っています。配置の順番は、床の下地の役割を持つ根太の下に大引きを配置し、その下に床束や基礎を敷きます。

各辞書・辞典からの解説

「大引き」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「大引き」とは、以下のような文章で説明がされています。
「木造の床組の部材で、根太を支えるための横材。一般的には9~12cm角程度の角材が使用され、90cm間隔程度で土台などに架け渡される。」

つまり、「大引き」とは、「横材」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう