Column

抜ける柱と抜けない柱を上手に使ったリビングリノベーションをご紹介

リビングのリノベーションをする際にも柱に注意が必要です。なぜなら、柱には抜いてもよいものと抜いてはいけないものがあるからと言われます。抜けない柱を上手に活用すれば、おしゃれなリビングにアレンジできるでしょう。

そこで今回のコラムでは、リビングの柱をリノベーションに利用して美しく演出する方法をご紹介します。リノベーション例を画像付きで解説しますので、リビングのリノベーションをお考えの方は参考にしてください。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す
リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

抜ける柱と抜けない柱

リノベーションは自由度が高く、古い住宅でもおしゃれな住まいに一新できるので人気のようです。一方で住宅には重要な柱があり、安易に抜いてしまうと建物の崩壊を招く可能性もあります。そのため、リノベーションの際には前もって柱をチェックしましょう。ここでは柱のタイプと特徴を解説します。

抜ける柱

壁を固定する柱は「間柱」と呼ばれて、抜いても建物の構造に影響は出ないとされます。リノベーションで2つの部屋を1つのする場合には取り外せると覚えておきましょう。

ただし、柱を抜くことで他の柱に建物の荷重がかかることもあり得ます。家の強度が弱くなる可能性もあり、別の方法で補強しなければならないケースもあります。リノベーションで柱を抜く場合には、業者と相談してから決めましょう。

抜けない柱

抜けない柱には「通し柱」と「通し管柱」があります。通し柱とは土台から軒までつながっており、建物を支える最も重要な柱と言えるでしょう。通し柱を抜くと建物の崩壊を招くおそれもあるので、抜くのは避けてください。

通し管柱とは上の階と下を分ける柱です。上の階の荷重を支えているので通し柱と同様に抜いてはいけないと心得ておきましょう。また、建物の中には柱と柱をつなぐ「筋交い」と呼ばれるものを使用している場合もあります。筋交いも横からの衝撃を吸収する重要な役割を持っているので取り外さないように気を付けてください。リノベーションを検討する際には、どのタイプの柱なのかを業者に尋ねておくとよいでしょう。

リビングの柱を美しく演出する方法

リビングに抜けない柱があると、アレンジが限られてしまうと考える方もおられるでしょう。リノベーションでは見せるおしゃれと隠すおしゃれがあると言われます。どちらにするのかをあらかじめ決めておくと、より効果的なリノベーションを目指せますので、おすすめです。

隠すおしゃれ

隠すおしゃれにする場合、柱の色や筋交いの材質を変える方法もあります。例えば古い住宅の筋交いは木材を使用していますが、材質をスチールに換えることでおしゃれな部屋へとアレンジできるでしょう。また、スチールは木材よりも強度が高めなので、建物を頑丈にするという効果もあります。

さらに、柱をリビングの雰囲気に合わせて塗装するのもおすすめです。明るく開放感のあるリビングにアレンジしたい方は白がよいでしょう。壁や柱をベージュにして、ブラウンのインテリアで統一するとより高級感のあるリビングに。また、重量感のある隠れ家のようなリビングにしたい方は、黒もおすすめです。ただし、黒などの濃いめの色を使うと部屋が狭く感じることもあるので、鏡を活用して広く見せる工夫を施すのもよいでしょう。

インテリアの一部にする

リビングに抜けない柱がある場合には、柱を使って食器棚や小物を置く棚を作るのもおすすめです。柱を加工して一回り大きくすると、棚板を取り付けやすくなるでしょう。柱に筋交いが付いている場合は、階段状に棚を設置することでキャットウォークとしても活用できます。

格子状の仕切りとして使う

柱に木材や竹を格子状に取り付けることで、緩やかな仕切りを作るのはいかがでしょうか。広々とした開放感のあるリビングにしたい方には不向きですが、リビングの一部にプライベートな空間を作りたい方や、リビングとダイニングを仕切りたいという方にもおすすめです。

柱を上手に使ったリビングのリノベーションの例

リノベーションで柱をアレンジしたいものの、どのような方法がよいのか悩む方もいるのではないでしょうか。ここでは、柱を上手に使ったリビングのリノベーション事例を2つご紹介します。

柱を残しておしゃれな空間にする

1つ目の例は、柱を残しておしゃれな空間に変えるリノベーションです。キッチンにある柱と階段脇にある柱をリビングの雰囲気に合わせています。階段部分の柱を残して格子状にすることで圧迫感をやわらげています。木のぬくもりを感じさせるリビングにアレンジしたい方におすすめです。

柱を使ってレトロなカフェ風にリノベーションする

2つ目の例は、柱にガラスブロックを組み合わせたリノベーションです。赤いレンガとターコイズブルーの壁を組み合わせることで、懐かしさも感じさせるリビングに変わりました。柱の横にソファを置くことでプライバシーも保たれています。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す

まとめ

柱には抜ける柱と抜けない柱があります。リビングのリノベーションをする際には、どの柱を抜いてよいのかも確認しておきましょう。抜いてもよい柱についても、建物の強度に問題が生じないか確認しておくことをおすすめします。

抜けない柱については壁の色に合わせる、インテリアの一部にするという方法がおすすめです。格子状に柱をアレンジすれば、プライベートなリビング空間も作れます。柱を上手に活用したリノベーションもご検討ください。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら