Column

「ポリカーボネート中空板(ぽりかーぼねーとちゅうくうばん)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集477

■ポリカーボネート中空板(ぽりかーぼねーとちゅうくうばん)

「ポリカーボネート中空板」とは「ぽりかーぼねーとちゅうくうばん」と読みます。「ポリカーボネート中空板」とはプラスチック系の板材のことです。通常のプラスチック板よりも効果ですが、耐用年数が10年以上なので、長い目で見れば割安で使用が可能です。アクリル板と比較した場合、硬度が高いのでさまざまな場所で利用できます。

ポリカーボネート中空板の特徴のひとつは、環境に優しいことです。ポリカーボネートはリサイクル原料として使えるので環境汚染の原因を作りません。また、難燃性にも高い効果があります。-40~120℃までの熱に耐えられるので、変形する心配がないでしょう。自己消化性なので、火災が発生しても燃え広がる心配はありません。

別のメリットとして高強度が挙げられます。ガラスの15倍の強度がある上に軽さは10分の1なので、さまざまな場所で利用可能です。飛行機、新幹線の窓、自動車のヘッドライトにもポリカーボネート中空板が使われています。建築現場ではカーポートやテラス屋根としても利用されています。

一方でポリカーボネートには傷が付きやすいというデメリットがあります。また、耐薬品性には弱く、アルカリ剤や溶剤に触れると劣化する恐れがあるでしょう。

ポリカーボネート中空版はダンボールのような構造で、中骨で強度を保っています。ソリッドタイプと比較すると安価なので、手軽に購入できるでしょう。色彩もさまざまなので、デザイン性のある板としても使用できます。

・参考:ポリカーボネート中空板農業用ハウス「ポリカーボネート中空板とは」

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう