Column

リノベーションするなら水回りに注意!不具合がないか必ず確認を

住宅を建築するときや購入するときに気をつけたいのが水回りのチェックです。水回りは日常生活においてとても重要なため、初めから不具合があっては快適な生活は送れませんよね。水が出るかということはもちろん、正しく排水されるか、しっかり水が止まるか、水漏れしているところはないかなど1つ1つ動作を試してみながら確認をすると良いでしょう。

また、不具合がないかの確認だけではなく、明らかな故障はなくても交換(新調)することを検討してみると良い場合があります。水回りに使用される設備や素材は年々進化しており、場合によっては新しいものに取り替えることで生活がより魅力的で豊かなものになる可能性があるためです。水道代の節約や時間の節約につながることも少なくありません。

水回りの不具合は修繕費も高い

水回りの寿命はおよそ20年ほどと言われていますが、パッキン等が入っている場合にはそれより短い寿命になることがあります。パッキンの劣化に関しては、新しいものに取り替えれば引き続き使用できます。ですが、故障によって水漏れ等が発生してしまった場合には必ず修理が必要になります。水回りの修繕費は高額な印象がありますが、少々の水漏れくらいならと放っておくとその分の水道代が高くついてしまいますし、故障した部分がますます劣化していく可能性もあるため、早めに対応した方が良いでしょう。

また、20年ほど使われたものが故障した場合には、その部分を修理してもまたすぐに別の部分が壊れる可能性があるので、修理ではなく始めから交換をする方がおすすめです。修理と交換のどちらにするべきか迷った時は、リフォームやリノベーションの専門業者に相談してみると良いでしょう。今は節水や節電など機能面が進化した設備も多いため、交換すれば新しくて快適というだけでなく水道代や電気代が安く済むようになるケースもあります。

マンションの水回り工事は細心の注意を

マンションの水回りの修繕を行う場合やリノベーションを行う場合には、給水管や排水管について確認が必要になることがあります。キッチンやトイレなどの室内の設備を交換するだけの工事であればそれほど問題はありませんが、間取りを変更をしてキッチン等を移動させるような場合には給排水管の移動も伴うことがほとんどになるため注意が必要です。場合によっては下の階層に住んでいる方などに許可を得る必要もあるので、事前にマンションの規約等を確認をしておくと良いでしょう。

また、水回りを移動するようなリノベーションともなると、工事にかかる費用が一気に高くなるため、本当に間取りを変える必要があるのか、予算の範囲内で行えるのかなど十分に検討することも大切になります。

使いやすい水回りにするためのチェックポイント

使いやすい水回りにするためのポイントの1つに空間を広げることが挙げられます。例えばトイレの場合、タンクレストイレを採用すると、本来タンクのスペースとして必要だった奥行きの20センチ部分が不要になりその分広々と使用できます。このように、空間を広げると言っても、壁を抜いたり、間取りを変えたりするだけではなく、コンパクトな設備を採用したり、配置などを工夫することによってスペースにゆとりが生まれ、それによって開放感が得られたりストレスなく使用できたりします。

また、使いやすい水回りにするためには「自分たちに合わせた仕様」にすることも大切です。例えばキッチンの場合には、料理をする人の身長に合わせてカウンターやワークトップの高さを決めると良いでしょう。また、高さだけでなく奥行きについても、深すぎたり浅すぎたりしないように気をつけることも大切です。

まとめ

リフォームやリノベーションをする場合には、水回りの変更が重要になります。水回りも使い続けると劣化してしまい故障や水漏れ等が発生しますので、20年以上経過しているものは交換を検討すると良いでしょう。

▼水回りのリノベーションについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
完全版|トイレのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜
完全版|キッチンリノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!水回りリノベーションの施工事例集

「水回りだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・洗面台が古くなってきたので、折角なら自分好みに変えたい
・憧れの造作の洗面台をつくりたい
・トイレの取り換えを機に、アクセントクロスにしてみたい
・水回りをまるっとリノベーションしたいので、デザインの提案が欲しい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)