Column

子ども部屋は必要?年齢別の使用目的から子ども部屋のことを考えてみよう

我が子に子ども部屋をいつから与えるのか、そもそも与えるべきなのか悩んでいる家庭も多いのではないでしょうか。子ども部屋は子どもの成長に合わせ、必要性や求められる機能が変わっていくものです。そこで今回は、子どもの年齢別に子ども部屋の使用目的や必要性を解説していきます。新居購入・リノベーションやライフステージの変化に合わせ、子ども部屋をどうするか迷っている方は必見です。

子ども部屋は何歳ごろから必要?

生まれて間もない赤ちゃんは、親と同じ空間で過ごすのが基本。自分一人で遊んだり勉強したりすることができるようになると、自分だけの空間として子ども部屋が必要になってきます。それでは具体的に子ども部屋は何歳ぐらいから必要になるのでしょうか。

結論から言うと、明確に何歳ごろから子ども部屋が必要というものはありません。子ども部屋の必要性は、子どもの成長度合いや家族のライフスタイルによってさまざまだからです。ただ、子ども部屋を与えるタイミングとして一般的によく見られるのは次の2つです。

小学校入学時

小学校に入学するとランドセルや教科書類、宿題をするための学習机など、子ども用のものが一気に増えます。リビングダイニングや家族の共用スペースに子ども用のものを収納しようとすると手狭になることもあり、子ども部屋を準備しようと考える方が多いのです。

小学校高学年に上がってから

小学校高学年になると教科書類の数が増え、子どもによっては中学受験の準備が始まります。また、思春期を迎える子も増えてくるため、本人が自分だけのスペースを欲しがったことをきっかけに子ども部屋を与える家庭も多いようです。

未就学児のうちは子どものものを収納する場所

ここからは、子どもの年齢別に子ども部屋の使用目的や必要性について解説していきましょう。

未就学児のうちは、多くの子どもがほとんどの時間を親と過ごすはず。自分だけの部屋があっても使う時間はほんのわずかで、寝るときも両親と一緒という家庭が多いでしょう。「子どもが過ごすための場所」というよりも「子どものものを収納するための場所」として捉えつつ、自分のものは自分で管理するという習慣をつけさせる目的で作るのがいいかもしれません。

実際子どもが自分の部屋を欲しがるのは当分先と考えられるため、将来の子ども部屋予定地として他の用途に使うというのももちろんOKです。

小学生になったら一人で眠れるか試してもOK

先ほど紹介したとおり、小学校に入学すると子どものものが一気に増えます。宿題をするスペースも必要になり、子ども部屋の必要性が一段階アップすると考えていいでしょう。また、小学生にもなると夜一人で寝たりトイレに行ったりできるよう訓練する目的で、子ども部屋を与えるというのも効果的です。子どもによっては自分の部屋を欲しがる子もいるでしょうから、成長度合いに応じて子ども部屋を与えるタイミングを見極めることも大切です。

一方、最近では独立した子ども部屋ではなく、リビングダイニングの一角に子ども用の学習スペースを設ける家庭も増えています。子どもは勉強でわからないことがあればすぐに親に聞けますし、親も子どもがちゃんと勉強しているか常に確認できるので、個室を設けるよりも便利で安心とも考えられるのです。

思春期を迎えたら自分の部屋を欲しがるもの

「子どもが過ごすための場所」としての子ども部屋が本格的に必要になるのは、思春期を迎えるころです。小学生高学年になると自立心が芽生え始め、親をはじめとする大人から距離を取るようになります。そのため、子どもの方から「自分の部屋が欲しい」と希望するようになるのです。これは子どもの大切な成長過程であり、できる限り本人の希望に沿って子ども部屋を用意してあげたいところ。このとき意識すべきポイントは次のとおりです。

  • 玄関からリビングを経由して子ども部屋に行けるよう、動線や部屋の位置を工夫する。
  • 自室の掃除や整理整頓を可能な限り子どもにやらせ、管理能力を身につけさせる。
  • 子ども部屋のインテリアやデザインに子どもの意見を反映させる。

自立心と管理能力を身につけて親離れしていくためにも、思春期の子どもに自分の部屋を与えることは有効と言えるでしょう。

まとめ

子ども部屋が必要か否か、何歳から必要かというのは、子どもの成長度合いや家庭の教育方針・ライフスタイルによって異なるため、一概には言えません。大切なのは子ども部屋のことを親だけの事情で決めるのではなく、その部屋を使う子ども自身の意見を取り入れながら決めていくということです。自分の部屋に関するあれこれは自分で決めたという意識を持たせると、子どもの心の成長にもいい影響があるでしょう。

子ども部屋について検討するときは間取りやレイアウト・インテリアといったハード面だけでなく、年齢別の使用目的や子どもの希望も考慮して決めていくのがおすすめです。

▼子ども部屋の作り方を詳しく解説!
完全版|子ども部屋のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜 

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう