Column

リフォーム・リノベーションで子育てしやすい間取りに。ポイントと事例を紹介

「子どもを見ながらでは、家事が進まない」「子どもの物があふれて、収納場所に困る」「子ども部屋はどうする?」など、子育て世帯は、住宅に関する悩みを抱えていることも多いでしょう。その悩みを、リフォームやリノベーションで解決してみませんか。
今回は、子育てしやすい間取りにするためのポイントや、リノベーション事例をご紹介します。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す

子育て中の間取りで意識したいポイント

子育てしやすい間取りにするために、意識したい項目をご紹介します。長いライフステージの中で、子育てする期間は短いもの。将来まで見据えた間取りにすることもポイントです。

家事をしやすい間取りにする

効率的な家事動線をつくると、無駄な動きが減り、時短につながります。日常的な家事を疲れにくくすることにも役立つでしょう。
洗濯する場所・干す場所・衣類の収納場所を近くにまとめる、水回りを集約するなどの工夫をすると、家事動線がよくなります。キッチンや洗面などの水回りを集約する場合は、洗面の入口をキッチン側と廊下側の2か所に設けるなど、回遊性をもたせることで、生活動線とぶつかって使いにくくなることを避けられます。

また、キッチンの近くにダイニングテーブルを置いたり、キッチンカウンターとダイニングテーブルをひと続きにしたりすると、調理から配膳、片付けの家事動線がよくなってスムーズです。対面キッチンであれば、子どもの様子を見ながら家事ができます。

収納スペースを確保する

子どもが成長するにつれて、学用品など子どもの物が増えていくため、十分な収納スペースを確保することも大切です。子ども自身が収納しやすいように配慮することで、片付けの習慣もつきやすいでしょう。

家族みんなの衣類がしまえるファミリークローゼットや、土間収納を取り入れる方法もあります。土間収納があると、ベビーカーや三輪車、自転車、外遊びの道具などの収納場所として活用できます。アウトドア用品が多い家庭にもおすすめです。

子どもが遊ぶスペースや勉強スペースをつくる

赤ちゃん期や幼児期で子どもが小さいうちは、リビングの一角などに、遊びのスペースを設ける家庭も多いです。ファミリー向けマンションでは、リビング横に和室がある間取りも多いですが、和室を子どもの遊びスペースやお昼寝スペースにすると、リビングにいながら子どもを見守りやすいでしょう。和室を小上がりにリノベーションすると、増えがちなおもちゃなどの収納スペースを、段差部分に確保できます。

最近は、リビング学習を取り入れる家庭も増えていますね。ダイニングテーブルを勉強スペースにするのもひとつですが、リノベーションでリビングの一角に勉強スペースをつくっておくと、家族の食事時間が合わない場合にも使いやすいです。大人のワークスペースとしても活用できます。

成長や将来を見据えた間取りにする

子ども部屋をつくる場合は、可変性を意識すると使い勝手がよくなります。子ども部屋として使う期間は短いため、長いライフステージにおいて、臨機応変に活用できる間取りにしておくことがポイントです。

子どもの性別や年齢差などによっては、子どもの数だけ部屋が必要とも限りません。将来的に壁や扉などで間仕切りできる、大きめの部屋をつくっておけば、部屋の用途も広がります。子どもはいつか出ていくものと考え、将来的に部屋をどう使うかまで考えておくと、長く快適に暮らせる家づくりができるでしょう。

子育てしやすいリフォーム・リノベーション事例

子育てのしやすさに配慮された、リフォーム・リノベーション事例を4つご紹介します。

家事動線をコンパクトに

事例提供:ショー何リフォーム(株式会社ステラ)

キッチンの奥は洗濯機置場、ウォークスルークローゼット、寝室へとつながっていて、家事動線に配慮されています。キッチンには引き戸が設置されており、来客時などは扉を閉めて生活感の出るスペースを隠せるように工夫されていることもポイントです。

室内窓でほどよく気配を感じられる子ども部屋

事例提供:湘南リフォーム(株式会社ステラ)

キッチンに隣接したこちらの子ども部屋には、室内窓を設置しています。目の高さよりも上に室内窓を設置し、反対側が完全には見えないガラスを使用。プライバシーは守りつつ、お互いの気配を感じられる仕様になっています。

子どもの成長に合わせて変えられるスペース

事例提供:株式会社空間社

LDKの一角に、室内窓で区切られたスペースを設けた事例です。こちらは個室ではなく、部屋の手前側は壁が設置されておらず、LDKに続いています。子どもが小さいうちはキッズスペースとして活用できるようにしており、将来的には個室に変えられる設計です。

将来を見据えた間取り

事例提供:ツバメクリエイツ株式会社

広々とした子ども部屋には、扉を2つ設けており、将来的に部屋を分けられる仕様にしています。低年齢のうちは兄弟で同じ部屋を使いますが、将来的には部屋を分けられるようにドアが二つ設置されています。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す

まとめ

子育てしやすい間取りにするためには、家事動線や収納スペースなどに配慮することが必要です。また、子どもの成長や独立に合わせて快適に過ごせる家づくりのために、可変性をもたせることもポイントです。
子どもの人数や性別、年齢差、ライフスタイルなどは、それぞれの家庭で違うもの。リフォームやリノベーションで、子育てしやすく、暮らしにマッチした家づくりをしてみませんか。

writing:ハナミ

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう