Column

壁紙と塗装、どっちがいいの?

床・天井と壁はインテリアのなかでも、ベースになる部分です。特に壁は直接的に視界に入ってくる位置にあるため、素材や色選びが大切になってきます。
 今回は壁のリノベーション方法として主流の壁紙と塗装について解説していきます。

HAGSでオシャレな「ペイント・塗料」を探す
オシャレなリノベ事例を見る
相談できるリノベ会社を探す
リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

あなたのお部屋に最適なのは壁紙か塗装か

壁紙と塗装それぞれにメリット、デメリットがあります。あなたの理想とするイメージに近いのはどちらなのか確認してみましょう。 

壁紙のメリット

まずは壁紙の特徴ですが、日本の住宅の多くは壁紙が採用されています。種類にもよりますが、加工、生産が容易で安価であったり、水拭き出来るタイプがあるなど、貼った後にも比較的お手入れしやすいというのが挙げられます。
種類やデザインが豊富なのもポイント。また貼り直しが簡単にできるためイメージを変えたいときは、比較的容易に変えることができます。 

壁紙のデメリット

壁紙の中でも最も広く普及しているビニール壁紙には、かつてシックハウス症候群などのアレルギーを引き起こす有害物質が含まれてると言われてきました。今では各社、低ホルムアルデヒドなどの研究により、できるだけ環境にやさしいビニール壁紙を開発するようになってきていますが、全てを除去できるわけではない点に注意が必要です。(この点では、最近では自然素材クロスや、非塩ビ、脱石油化学の壁紙など、地球にも体にもやさしい壁紙も注目されています。)
また、ビニールなので水分を通さないため壁の中で結露が発生し、カビになった場合、その空気が室内に入り込むとこどものアレルギー症状を引き起こす原因にもなると言われています。住宅の建て方や工法などにもよるため一概には言えませんが、デメリットとして知っておくと良いでしょう。
また傷や汚れがついてしまった場合などは貼り直しになります。1枚だけ貼り直しても周りの使用感などと違うため浮いてしまい結局全部の壁紙を貼りなおすケースも多いため、こうなると費用と手間がかさみます。

壁紙と塗装、どっちがいいの?"

塗装のメリット

塗装の特徴は何といっても素材感です。やはり本物の質感があります。レストランのような高級感、カフェのような雰囲気のある部屋が演出できます。また汚れや傷ができた際は周りの色に合わせて上から塗るだけで元通りにすることができます。

塗装のデメリット

塗装のデメリットは手間と費用です。壁紙から塗装にリノベーションする際は壁紙を剥がし、下地処理を行ってから塗装することになるため手間がかかりその分費用も余計にかかることが多いです。 またペンキなどで塗装した直後は独特の臭気があるため、不快感を覚える場合があります。 時間がたてば薄れますが、施工後はしばらく換気に気を配る必要があるものが多い点もデメリットとして挙げられます。

あなたにおすすめなのは壁紙?塗装?

壁紙がオススメなのは、壁の色や柄にこだわりたいという方。塗り壁よりも色も柄も種類が豊富なので、お気に入りのデザインを見つけやすいでしょう。
また、費用や施工時間は極力抑えたい、日々の手入れなどは手がかからない方が良いという方にもオススメです。
塗装がオススメの方は、本物のテクスチャや自然素材を重視する方。費用や時間、手間は惜しまずに雰囲気のある部屋にしたいという方に。一度塗装で仕上げると、その後の部分的な塗装は自分でも簡単に行うことが出来るので、愛着も湧きやすいと言われています。海外では1年や半年に1度はペンキなどを自分たちで塗りなおすという家庭もあるくらいですので、そんな手間も惜しまない本物志向な方にオススメです。 

HAGSでオシャレな「ペイント・塗料」を探す
オシャレなリノベ事例を見る
相談できるリノベ会社を探す

まとめ

最近では壁紙にも調湿機能を持ったものや、匂いを吸収するなど機能性の高いものも出てきています。壁紙も塗装も、各部屋ごとに選ぶことができるので、部屋の目的ごとに適した壁材を選ぶと良いでしょう。
実物を確認したい場合は、リフォームやリノベーション会社に行くと、各種メーカーのサンプルを見ることができるので、手にとって素材感を体感してみると良いでしょう。運が良ければ施工事例も合わせて確認することができます。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら