Column

使い勝手のよいキッチンにリノベーション。収納のコツを分かりやすく紹介

キッチンまわりの困りごととして、収納スペースをあげる方も多いようです。どの場所に保管すればよいのか分からなくなり、気づいたらギュウギュウの状態になることも。そこで覚えておきたいのは、キッチン収納のコツは量ではなく使いやすさにポイントを置くことでしょう。

この記事では、キッチンリノベーションの前におさえておきたい5つのポイントを紹介します。キッチンのリノベーションをお考えの方は、この記事を参考にしてください。

キッチンのレイアウトを決める

キッチンのリノベーションを検討する際には、まずレイアウトに注意しましょう。なぜなら、レイアウトによって整理整頓の方法が異なるからです。ここでは、主なキッチンのレイアウトと特徴を紹介します。

オープン型のキッチン

オープン型とはキッチンとダイニングの間に壁を設けないキッチンタイプを指します。開放的な空間になっており、調理中も家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットもあります。一方で、整理整頓を心掛けなければ、リビングとキッチンがゴチャゴチャと散らかってしまうといったデメリットもあります。オープン型のキッチンにする場合には、キッチンとリビングの収納スペースを使い分けましょう。

クローズ型のキッチン

クローズ型とは調理空間とダイニングを分けたキッチンのことです。調理空間がリビングから見えないので、調理中の音や臭いが気にならないというメリットもあります。一方で、リビングと分けられているので、調理中は家族とのコミュニケーションが取りにくいという点がデメリットでしょう。収納に関しては、調理器具や調味料などをひとつの場所にまとめられるので、比較的整理しやすいキッチンと言えます。

対面式のキッチンは収納スペースが多い

収納スペースの量にこだわる方は対面式のキッチンがおすすめです。対面式の場合はシンクの周りだけではなく、背面にも収納スペースを設置できるので便利です。ルーバーや引き戸を使用して隠す収納もできます。

キッチンに収納スペースを設ける際の5つのポイント

使い勝手のよいキッチンにするには収納スペースの確保が重要とされます。ただし、単に収納スペースを作るだけではきれいに片付けるのは難しいでしょう。ここでは、キッチンに収納スペースを設ける際の5つのポイントを紹介します。

食品の収納スペースは広めにする

キッチンで収納するもののひとつに食品があります。ひとり暮らしの場合は量は少なめですが、ふたり暮らしや家族で暮らしていると、米、レトルト食品、調味料などのさまざまな食品をストックしなければなりません。また、最近では地震などの自然災害に備えてストックする方も増えているようです。気づいたら置き場が無くなったということがないように、食品のスペースは広めにしましょう。

家電製品は使いやすい場所に保管する

主な家電製品として炊飯器、電子レンジ、電気ポット、ミキサー、コーヒーメーカーなどがあります。家電製品をシンクの下にしまう方もいますが、取り出しにくい場所に保管すると使用頻度が減るでしょう。電化製品は棚などの使いやすい場所に保管するのがおすすめです。

天井付近には収納スペースを設けない

キッチンのリノベーションをする際に、天井付近にも収納スペースを設ける方がいます。無駄なスペースを活用したいというのが主な理由ですが、手の届かない場所に収納スペースを作ると出し入れが不便に感じるでしょう。片付けるのも面倒になり、最終的には使わなくなってしまうかもしれません。シンクの周りに収納スペースを作る場合は、腰から目の高さまでに限定するのがよいでしょう。

引き出し収納をチェックする

シンクの周りは引き出し収納が一般的ですが、新たにシステムキッチンを購入する場合には引き出しにも注意を払いたいものです。単に引き出しになっているだけでは、調理道具を上手に片付けるのは難しいでしょう。

きちんと整理するには鍋、フライパン、ボウル、ザルなどを分類できる引き出しがあると、使い勝手がよいという声もよく聞きます。各キッチンメーカーでは、さまざまなデザインの引き出し収納を企画し、販売しています。カタログだけではなく、実際に目で確認してから選ぶのがよいでしょう。

一戸建ての場合は床下収納もおすすめ

一戸建てのキッチンをリノベーションする際には、床下収納も検討しましょう。床下に収納スペースを設ければ、非常用の食品や季節限定で使用する調理器具なども保管できるので便利です。注意点として、床下は湿度が高くなりやすいので除湿剤などを置くとよいでしょう。湿気による臭いが気になる方は、消臭剤などの対策を取るのもおすすめです。

まとめ

キッチンには大きく分けてオープン型とクローズ型があります。収納スペースに関しては、オープン型よりもクローズ型の方が整理整頓をしやすいでしょう。収納量も変わるので、どちらのタイプのキッチンにするのかを慎重に検討しましょう。同時に、収納量だけでなく使いやすい収納の検討もお忘れなく。

さらに、キッチンに収納スペースを設けるときには、電化製品や食品の保管場所にも注意しましょう。また、システムキッチンを購入予定の方は、引き出しの使いやすさにも注目してください。収納を考慮したリノベーションですっきりと整理されたキッチンづくりを目指しましょう。

無料でお届け!キッチンリノベーションの施工事例集

「キッチンだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・料理をしながら家族の様子が見えるように、対面式のカウンターキッチンに変えたい
・キッチンの向きを変えて部屋を広く見せたい
・子供と一緒に料理ができるようキッチンを広げたい
・間取りを変えてパントリーを作りたい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)