Column

すっきり収納を叶えるキッチンパントリー。おさえておきたいポイント

キッチンの横にパントリーを備え付けることで、キッチンまわりの収納力が上がります。パントリーには様々なタイプがあり、何を収納するかは家庭によっていろいろです。また、パントリーを設置することで、生じるメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。使いやすいパントリーにするために、おさえておきたいポイントについてもみていきましょう。

▼パントリーのアレコレをもっと詳しく!
完全版|パントリーのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

 

キッチンパントリーには様々なタイプがある

キッチンパントリーは、キッチンの近くに設けられた食品庫です。シンク下や吊戸棚などのキッチンまわりの収納では足りない場合に便利です。パントリーの中は棚が設置されていることが多く、引き出し収納などのタイプもあります。

パントリーの広さは様々で、キッチンの背面などにつくられた奥行きの浅いタイプや、1つの部屋のようになっているタイプ、冷蔵庫が入るくらいの広さがあるタイプ、ちょっとした作業スペースが設けられたタイプなどもあります。

中に人が入れるほどの広さがあるウォークインタイプの他に、パントリーを抜けると他の部屋に通じるようなウォークスルータイプがあります。例えばキッチン横にパントリーを設置し、玄関に抜けられるようなレイアウトにした場合、買い出し後の動線が良いでしょう。

また、入り口に扉がある場合とない場合があります。扉があれば、中の物を隠せてすっきりと見せられるでしょう。扉がない場合は開け閉めの動作が必要ないため、動きやすいでしょう。

 

 

キッチンパントリーに何を収納する?

キッチンパントリーに収納する物としては、以下があげられます。

  • 常温保管できる食品類(インスタント食品、乾物、乾麺、米など)
  • 常温保管できる調味料
  • 災害備蓄
  • 飲料、酒類
  • 調理器具(鍋、フライパンなど)
  • 調理家電(ホットプレート、たこ焼き器、ブレンダー、電気圧力鍋など)
  • 日用品のストック(ラップ、アルミホイル、キッチンペーパー、ビニール袋、洗剤)
  • 掃除用品

キッチンまわりで使う物、キッチンの近くに置いておくと便利な物などを収納しましょう。

 

 

キッチンパントリーのメリット・デメリット

キッチンパントリーのメリットやデメリットについてみていきましょう。

 

キッチンパントリーのメリット

キッチンパントリーの魅力は、その収納力の高さです。まとめ買いをした食品類や、災害時に備えて買い置きしている物なども収納できるでしょう。収納力のあるパントリーがあることで、キッチンまわりに物があふれずに、すっきりと片付くというメリットもあります。ゆったりと余裕を持たせた収納は、使いやすいでしょう。

奥行きのあるシンク下の扉収納や吊戸棚などの場合、奥に何が入っているのか分からない、前に置いている物をよけて取り出す必要があるなどの問題が生じます。奥行きの浅いパントリーであれば、何がどこにあるのか一目で分かりやすいでしょう。

 

キッチンパントリーのデメリット

キッチンパントリーをつくるためには、そのためのスペースの確保が必要です。パントリーをつくったことでキッチンが狭くなったり、リビングなどの他の部屋が狭くなることがないように、家の広さに合わせてつくりましょう。設置するための費用も必要です。予算のバランスを考えながら決めましょう。

 

 

キッチンパントリーをつくるときにおさえておきたいポイント

使いやすいパントリーにするためには、どのようなことに気を付けるとよいのでしょうか。こちらでは、つくる際におさえておきたいポイントをご紹介します。

 

キッチンパントリーをつくる位置や広さに注意

キッチンパントリーは、調理などがしやすいようにするためのもので、主役はキッチンです。キッチンでの動線をイメージして、使いやすい位置に設置しましょう。

また、広いパントリーは収納力があって便利なようにも思えますが、反対にキッチンが狭くなったり、調理中にたくさん動く必要があったりと不便さが生じることもあります。収納する物の量や大きさに合った広さにしましょう。コンパクトなパントリーは、必要なときにさっと取り出せるという便利さもあります。シンク下や吊戸棚など、キッチンまわりの他の収納も活用して、どこに何を収納すると使いやすいか考えましょう。

 

棚の高さや幅にも注意

パントリーの中に何を収納するのかによって、適切な棚の間隔が変わってきます。手が届かないような高すぎる棚は使いにくいこともあるでしょう。使っていくうちに、収納する物が変わってくることもあるので、棚を動かせる可動式が便利でしょう。

 

湿気やにおいに注意

キッチンの近くは、湿気がたまりやすいため注意が必要です。また、食品を収納することでにおいが気になることもあるでしょう。換気扇や窓を設置して換気できるようにしたり、パントリー内の壁や天井に除湿、消臭効果のあるクロス、仕上げ材などを使ったりしましょう。

 

 

まとめ

食品や調理器具、調理家電などを収納できるキッチンパントリーを設置することで、キッチンまわりの収納力が高まります。キッチンがすっきりと片付くと、調理もしやすいでしょう。ただ、パントリーの位置や広さはよく考える必要があります。実際に使う場面をイメージしてみましょう。棚の高さや間隔、湿気やにおい対策も大切です。

▼パントリーのアレコレをもっと詳しく!
完全版|パントリーのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)