Column

1畳で設置できるパントリー。魅力や使いやすくするポイントを紹介

食品や食器などを片付けるのに重宝するパントリー。収納しやすいということもあり、最近ではリビングや洗面所などに設置するご家庭も増えているようです。一方で、パントリーを設置したいものの、十分な広さを確保できないので難しいのではという声も聞かれます。

パントリーは1畳のスペースがあれば設置可能と言われます。そこで今回の記事では、パントリーの魅力や1畳のスペースに作るときのポイントを分かりやすく解説します。収納スペースを増やしたいという方や、使い勝手のよいパントリーを作りたいという方は参考にしてください。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

パントリーの魅力

パントリーを設置すれば収納スペースを増やせます。収納スペースを増やせれば多くの食品を保管できますし、余裕ある収納スペースができるでしょう。ここでは、パントリーの2つの魅力を詳しく解説します。

買いだめが可能

冷蔵庫や戸棚で収納スペースに限界を感じた時に、パントリーを設置すればさらに多くのアイテムを収納できると思いませんか。パントリーがあれば、通常の食品だけではなく、非常食や飲料水などの保管も可能です。また、仕事や育児などで買い物の機会が限られるご家庭では、まとめ買いした食品をパントリーに収納できるので、利便性アップも期待できます。

スッキリと収納できる

パントリーはサイズごとの収納も工夫できるので、整理整頓がしやすいというメリットもあります。ホットプレートやミキサーなどの調理器具、お米や麺類などの乾物、災害時の非常食などをジャンルごとに分けて片付けることもできます。友人や親族を家に招待するときには、特別な食器を使いたいという方もいるでしょう。パントリーで、高価な食器のみをまとめて保管するといった事例もあるようです。

1畳のスペースでパントリーを作るポイント

1畳とは畳1枚分の広さのことで、不動産の表示に関する公正競争規約施行規則「物件の内容・取引条件等に係る表示基準」では1.62m2以上と定義されています。スペースが限られていても、工夫次第でスッキリと片付けられるでしょう。ここでは、1畳のスペースでパントリーを作る際のポイントについて紹介します。

使用頻度で分ける

パントリーには手の届きやすい場所と届きにくい場所があります。手の届きやすい場所には食器や調味料など、毎回の調理で使用する可能性の高い物をしまいましょう。一方で、手の届きにくい場所にはアウトドアで使用する物や非常食などをしまうのがおすすめです。少しでも動く時間を短縮させることで使い勝手がよくなるでしょう。

重い物は棚の下に保管する

毎回の食事でお米を炊くご家庭や飲料水をまとめて購入する方にもパントリーが便利です。ただし、手の届きにくい高い位置に重い物を保管すると、必要なときに取り出しにくく、落下などでケガをする危険性もあります。重い物は棚の下にしまうようにすれば、キッチン内での事故も避けられます。

ボックスやカゴを使うと整理整頓がしやすくなる

見せる収納を意識しすぎて、パントリーの棚の上にそのまま保管する方も見かけます。スッキリと片付けたいならば、ボックスやカゴを使うのがよいでしょう。透明のボックスなら、片付けている物が外から分かります。取っ手付きのボックスやカゴなら、高い場所に保管する際にも便利です。子どものいる家庭なら、プラスチックのボックスの中にお菓子を保存しておくのもよいでしょう。

充電コーナーを用意しておく

調理中にスマートフォンを使って音楽を聴いたり、家族や友人と会話をしたりと、ながらクッキングでキッチンに立つのは楽しいですね。また、新しいメニューに挑戦する際に、タブレットでレシピを確認する方もいるでしょう。調理台に置くこともできますが、水や油が付着しないように気を付けたい場面もよくあります。

パントリーにスマートフォンやタブレットを置くスペースを作っておけば、調理中に汚れる心配もありません。充電器を取り付けておけば、バッテリーが切れる心配も解消されます。

可動棚にすると使い勝手が向上する

パントリーを使用していると、棚のレイアウトを変えたいと思うときもあるでしょう。作り付けの棚の場合は高さを変えられませんが、可動式の棚の場合は後から使いやすいようにアレンジできるのでさらに便利です。

ニオイや熱の対策を施しておく

レイアウトによってはニオイや熱がこもることもあります。キッチンのパントリーでは食品や食器を保管するので、付近に換気扇を設置するなどの工夫も検討しましょう。窓の近くにパントリーを置くのもおすすめですが、直射日光がパントリーに当たらないような配置も念頭に置いてください。

取り出しやすい奥行きにする

収納力を高めるために棚の奥行きを持たせる方もいますが、取り出しにくくなることもあるので注意しましょう。取り出しにくくなると、賞味期限の切れた食品などをうっかり放置してしまう場合もあります。

まとめ

キッチンの食品や食器をスッキリと片付けたい方にパントリーはおすすめです。1畳のスペースでも工夫すれば、使い勝手のよいパントリーを設置できるとおわかりいただけたかと思います。具体的には、使用頻度で分ける、ボックスやカゴを使う、充電コーナーを用意するなどのアイデアがおすすめです。パントリーを取り付けて、無駄な動きが少なく、使い勝手のよいキッチンに変えましょう。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら