Column

DIYでも簡単に張れる、塩ビのタイルの張り方を分かりやすく紹介

DIYでも簡単に張れる、塩ビのタイルの張り方を分かりやすく紹介

 
塩ビタイルには、メンテナンスがしやすいというメリットがあります。そのため、古くなったフローリングから塩ビタイルに張り替える方も多くいます。そこでこの記事では、塩ビタイルの張り方について紹介します。塩ビタイルの費用やきれいに張るコツも解説していますので、塩ビタイルへの交換を検討している方は参考にしてください。

 
 

塩ビタイルへ張り替える場合の費用

DIYでも簡単に張れる、塩ビのタイルの張り方を分かりやすく紹介

 
塩ビタイルへの張り替えをリフォーム業者に依頼する場合、施工の費用も含めて1m2あたり4,000~5,000円の費用がかかります。6畳ほどの部屋に塩ビタイルを張ると40,000~50,000円の費用で済みますが、10畳ほどの部屋になると70,000~90,000円の費用がかかるでしょう。
(参考:リフォらん「フロアタイルの費用と価格の相場は?」
 
 なお、畳から塩ビタイルに張り替える場合は、畳の撤去費用がかかるので、6畳の和室で100,000~150,000円の費用がかかります。ただし、部屋のサイズによっては割引してもらえることもあるので、業者に依頼する際には、費用について前もって相談しておくと良いでしょう。
(参考:ハピすむ「フロアタイルに張り替えリフォームする費用・価格の相場は?」
 

DIYで塩ビタイルの張り替えをする場合の費用

一方で、DIYで塩ビタイルの張り替えをすると、リフォーム業者へ依頼するときよりも安価な費用で済みます。
 
購入場所によっても異なりますが、6畳の部屋をDIYで張り替える場合の費用は、8,500~9,000円です。10畳ほどの広さになると、15,300~16,200円の費用がかかります。また塩ビタイルの張り替えには接着剤が必要ですが、ホームセンターなら3,000円ほどで手に入れられます。
 
DIYで塩ビタイルの張り替えをすれば30,000円ほどの費用を抑えられるので、なるべく費用をかけずにリフォームをしたい方は、DIYによる張り替えがおすすめです。
 (参考:リフォらん「フロアタイルの費用と価格の相場は?」

 
 
 

塩ビタイルの張り方

DIYでも簡単に張れる、塩ビのタイルの張り方を分かりやすく紹介

 
ここからは、塩ビタイルの張り方を分かりやすく解説します。張り替えに必要な道具や張り方のコツも紹介しているので、DIYでの張り替えを検討している方は参考にしてください。
 

張り替えが可能なのかをチェックする

塩ビタイルの張り替えをするには、まず張り替えが可能なのかをチェックしましょう。コンパネやコンクリートの下地の場合は、張り替えが可能ですが、畳やカーペットは床が平らでないので、下地をはがさなければなりません。また、フローリングやクッションフロアの床は、張り替えが可能ですが、きれいに仕上げたい方は下地をはがした方が良いでしょう。
 
塩ビタイルへの張り替えに必要な道具

塩ビタイルへの張り替えには以下の道具が必要です。
 
・塩ビタイル
・塩ビタイルの接着剤
・カッターナイフ
・スケール
・床用ジョイントローラー
・チョークライン
・スポンジ
 
また、塩ビタイルへの張り替えの際には、前もって掃除をしておきましょう。ゴミや汚れが残っていると、塩ビタイルが浮いたり接着剤がはがれたりする可能性があり、仕上がりに影響が出てしまいます。そのため、施工前には掃除機やほうきを使って掃除しておきましょう。

 
塩ビタイルへの張り替えの手順

塩ビタイルへの張り替えのときには、前もって配置のバランスを決めておきましょう。きれいに仕上げるには、部屋の中心を基準にして両サイドに張り付けるのが’おすすめです。施工の前に部屋の中心点を見つけておくのが重要です。
 
中心点を探すときには、はじめに部屋の縦横の長さを計測しましょう。その後、部屋の中心点を割り出したら、鉛筆などでチェックを入れておきます。

 
ずらして張ると仕上がりがきれいになる

塩ビタイルを床に貼るときは、全部同じ向きにそろえましょう。このとき、タイルをずらしながら張ると、フローリング調の床に見えて仕上がりがきれいになります。また、斜めに張ったり、ヘリンボーンのように張ったりすると、床がよりきれいに見えるでしょう。
 
塩ビタイルの配置が決まったら、床に接着剤を塗って張り付けます。その際、はじめから床面全部に接着剤を塗布すると施工中に乾いてしまうので、基準線から片面だけを塗布しながら施工しましょう。施工途中で塩ビタイルのすき間から接着剤がはみ出てしまったときには、放置せずにぬれたスポンジで、素早く拭き取っておくと仕上がりがきれいになります。
 

DIYが難しいときにはリフォーム業者に相談するのがおすすめ

DIYによる塩ビタイルの張り替えに自信の無い方は、リフォーム業者に依頼する方が良いでしょう。リフォーム業者に依頼すれば、きれいな仕上がりを期待できますし、施工前には下地のチェックもしてもらえます。リフォーム業者に依頼する場合には、複数の業者に見積もりを依頼し、検討しましょう。

 

まとめ

今回の記事では、DIYによる塩ビタイルへの張り替え方法を紹介しました。DIYで張り替えをすると、リフォーム業者に依頼するよりも費用を抑えられるでしょう。ただし、きれいに仕上げるには、道具の用意や掃除、中心点の割り出しをしなければなりません。今回紹介した手順で施工すれば、きれいに塩ビタイルを張ることができるでしょう。


 

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう