Column

100均突っ張り棒でデッドスペース活用&すのこでキッチン棚にトライ!

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

“100均突っ張り棒でデッドスペース活用&すのこでキッチン棚にトライ!”

キッチンの引き出しを開けて見つけたデッドスペース、活用したいと思いつつもそのままになっていませんか。ここにこれがあったらいいのに、と思いながらも収納を見直すのは時間がかかるから、とつい後回しにしてしまいがちです。せっかくのデッドスペース、気軽に手に入る100均の道具を使って有効活用してみませんか。

 

“引き出し内のデッドスペースを有効活用!”

キッチンの引き出しは鍋やボウルなどを収納するため、高さのあるものが多いものです。収納するものに対して高さが余ってしまい、もったいなく感じている人もいるのではないでしょうか。そんな隙間/スペースには、100均の突っ張り棒を使い有効活用するのがおすすめです。作業は100均の突っ張り棒を二本用意し、デッドスペース部分に渡すだけです。100均には様々な突っ張り棒が販売されており、およそ18センチから100センチくらいの長さのものがあります。 種類が豊富ですので、ほとんどのスペースに合った突っ張り棒が見つかるでしょう。また乗せるものに関しては、突っ張り棒の種類にもよりますが、あまり重いものは乗せられないので、ラップやアルミホイルなどのストック品や、キッチンで使う調理本などを収納してみてはいかがでしょうか。また、強度が不安、という場合には使用する突っ張り棒を増やし、三本にして重さを分散させると安定するかもしれません。新しくできたスペースを有効活用することで、より使いやすいキッチンを作ってみてはどうでしょうか。

 

“100円SHOPの突っ張り棒を活用してキッチン棚を作ろう!”

 

調味料にキッチンツールに、と料理を作る上で使用するものは意外と多く、収納場所に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。料理を作っている最中に使用するものであれば、キッチン台に立ったまま届く範囲に収納しておきたいものです。 そんな理想を叶えてくれるのが、100均の突っ張り棒とすのこを使ったキッチン棚です。DIYはやったことがない、キッチン棚は難しそう、という方にもおすすめできるキッチン棚ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。すのこは簡単にくっついている木同士を外すことができるので、外した木片を組み合わせることで、調味料ラックを作ることができます。また、さらに大きいスペースの棚を作るのであれば、収納したい場所に突っ張り棒を三本渡し、その上にすのこを置けばキッチンツールなどを置くのにも便利な棚ができあがります。突っ張り棒やすのこを利用した棚は、市販の棚とは違い自分でカスタマイズできるので、高さの調節などが簡単にできるのが嬉しいところです。

 

“スペースがないなら作ってみよう!ワイヤーネットを使って有効活用!”

キッチン袋やラップにキッチンペーパーなど、キッチン用のストック品はできればキッチンに置きたいけれど、収納場所がないから諦めている、という方はいませんか。 ストック用のスペースとして100均の突っ張り棒とワイヤーネットを使えば、諦めていた収納も解決するかもしれません。作り方は、収納場所としたい部分に突っ張り棒を渡し、その上にワイヤーネットを載せるだけというとても簡単なものですので、時間もかからずあっという間に収納スペースを作ることができます。ワイヤーネットが落ちてこないように、100均の結束バンドなどで固定するとさらに使いやすくなります。また、ワイヤーネットは強度もあり、お手入れが簡単なのでキッチンには最適です。使用する頻度の低いストック品だからこそ、隙間/スペースが活躍してくれます。

 

“キッチンの収納を見直そう!”

キッチンが使いやすいと、料理を作るのも楽しく感じます。理想のキッチンは、使いやすくて必要なものが必要な場所にそろっていて、整っていること、と答える人は少なくないのではないでしょうか。家の中でも特にものがあふれてしまいがちなキッチンですが、100均の突っ張り棒やすのこを使うことで、無駄スペースをなくし、より使いやすいキッチンにすることができます。また、100均の突っ張り棒やすのこであればいつでも場所を変更したり、レイアウトを変えることも簡単です。この機会にキッチンの使いにくい部分を見直し、お料理が楽しくなるキッチンを作ってみませんか。 “

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する