Column

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

最近の新築や住宅リフォームでは、フレキシブルな空間として土間を設けるケースが増えていると言われます。土足で歩ける土間は玄関と一体化して設置する場合が多く、家の入口が広くなることでお部屋全体に開放感を感じられるようになるという利点もあります。土間の広さによっては自転車も収納できたりと、大きなものの収納場所としても活用できる空間でしょう。

そんな土間空間には、扉を設置することもおすすめです。収納物によっては、来客に見られたくないものもあります。また、靴などはそのままでは臭いも気になるので、扉のある収納棚に入れたいもの。ただし、扉を設けると窮屈に感じてしまったり、大きな物の出し入れが不便になってしまうのではないかといった懸念も生じるでしょう。また、扉と一口に言ってもそのバリエーションは様々で、どの種類が土間収納に合うのかも分かりづらいかもしれません。

そこでこの記事では、土間収納に扉を設置することのメリット・デメリットから、もし設置するとしたらどのような扉がいいのか?までをご紹介します。
 

土間収納に扉を付けるメリット・デメリット

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

土間の魅力のひとつは、フレキシブルに収納ができることでしょう。特に住宅リフォームにおいては、寝室などの間取りを削って、収納目的の土間をつくるケースも多いようです。何を収納するかによって土間の広さも決まってくると考えられます。

土間に扉を設けるメリットの一つとして、来客などに見られたくない物がしまえることが挙げられます。玄関近くに設けられることの多い土間は、家に入ってまず最初に目にする空間です。汚れた衣服類などをとりあえず置く場所として使いたい場合には、扉を設置することで視界を遮ることがおすすめです。また、靴を収納する場合には、扉付きの収納棚や収納ボックスを別途設けた方が、臭いを気にせずに済むでしょう。

もちろん、扉を設けることによるデメリットもあります。土間に扉を設けることでお部屋全体が狭く感じてしまうこともあります。扉を設けて視界を遮るので、その分部屋が狭く感じられるわけです。また、扉を設けると土間が密閉されてしまうため、湿気がこもりカビも発生しやすくなります。そのため、換気扇を取り付けるか定期的な換気も必要でしょう。さらに、自転車やベビーカーといった大きな物を収納する場合、扉があると開閉にも手間がかかるかもしれません。手間がかかってしまうと面倒になって使われなくなるパターンも意外と多いものです。

使い勝手や収納物、そして用途などを考慮して、扉の設置を検討しましょう。
 

土間収納扉にスライド式や折れ戸はどう?

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

土間に扉を付ける場合は、扉の選択にも配慮が必要でしょう。家の中では、片開きタイプのものが一般的ですが、片開き戸は開く側にスペースを取るので、土間の使い勝手が悪くなりがちです。比較的大きな物を収納する場合には、開く側のスペースが取られてしまうため、さらに使いづらくなってしまう心配もあります。

土間収納に適した扉は、スライディング式の引き戸または折り畳み式の折れ戸と言われます。引き戸は、扉を左右のどちらかに引いて開けるタイプのもので、前後の開閉スペースが不要な扉です。バリアフリー用扉としてもよく使われています。左右に動かすだけで簡単に開閉できるため、頻繁に物を収納する場合や、比較的大きな物を収納する場合でも使い勝手の良い扉とされます。デメリットとしては、前後に開閉スペースを取る必要がない分、左か右のどちらかにスペースを取ることでしょう。

折り畳み式の折れ戸は、引き戸よりもさらに開閉スペースを取る必要のない扉として、お部屋の収納によく使われています。折れ戸は一般的に二枚で一組の扉になっており、これを折り畳むことで開閉スペースを取る必要がなく、扉を開口部最大まで開くことができます。

デメリットとしては、密閉空間が作りづらいことですが、土間の場合は通気性を確保するために、密閉されないことはむしろ利点とも言えるでしょう。また、カーテンで簡単に仕切るよりもスタイリッシュな空間が造り出せるのも、折れ戸の魅力です。
 

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

内装2枚折れ戸 オールルーバータイプ
 

土間収納の扉にミラーを設置!

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

土間に扉を設けてしまうと、お部屋全体が狭く感じてしまうこともあります。その場合には、扉をミラー仕様にすることで広がりのある空間を演出できるでしょう。さらに、玄関での身支度用にも利用できるなど、機能面でも優れた仕様になります。

引き戸タイプの扉は、引き戸と固定戸の双方をミラーにすることで、違和感の感じられないスタイリッシュな空間に仕上がります。折れ戸の場合は二枚一組の扉双方をミラー仕様にすることができます。

ただし、土間の間取りによっては、扉自体を付けづらいケースもあります。その場合でも、靴の臭い流れは気になるものですから、せめてシューズボックスは設置したいものです。

最近では、シューズボックス前面にミラーを取り付けた製品も販売されているようです。これなら、開放感のある土間空間にも貢献できそうですね!
 

土間収納には扉が必要?スライド式ドアや折れ戸がおススメな理由とは。

SLIM シューズボックス ミラー

まとめ

土間に扉を設置するなら引き戸または折れ戸がおススメです。ただし、扉を設置するとどうしてもお部屋が狭く感じられてしまうため、扉の前面をミラー仕様にすることでも開放感を演出できるでしょう。

土間リフォームの際には、開放感を保ちつつ、使い勝手のよい空間にするために、土間にあった扉の設置もあわせて検討することをオススメします。
 

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)

無料でお届け!玄関・土間リノベーションの施工事例集

「玄関だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・ベビーカーが置けるように玄関を広げたい
・趣味のアウトドアグッズを置くための土間が欲しい
・靴が沢山収納できる玄関にリノベーションしたい
・自分の暮らしにあった玄関のデザインの提案が欲しい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう