マンションのキッチンリフォームの費用と注意点

マンションのキッチンリフォームの費用と注意点

何年も住んでいると老朽化するマンションのキッチン。毎日使用するキッチンだからこそ、思い切ってリフォームして快適に使いたいものです。ただ、リフォームには多額の費用がかかったり、マンションだと制限があるのでは、と不安だったりと、思い切ることができない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、マンションのキッチンリフォームにかかる費用と注意点を紹介します。
 

マンションのキッチンリフォームにかかる費用

マンションのキッチンリフォームの費用と注意点

キッチンの種類とグレード別の費用

キッチンのリフォーム費用はキッチンの種類とグレードによって異なります。キッチンの種類は大きく分けるとI型、L型、対面型の三種類です。キッチンのグレード自体も大きく3段階に分かれています。

・I型キッチン
【シンプル】50万〜80万円 【スタンダード】60万〜90万円 【ハイグレード】70万〜120万円

・L型キッチン
【シンプル】60万〜90万円 【スタンダード】75万〜120万円 【ハイグレード】85万〜130万円

・対面型
【シンプル】70万〜100万円 【スタンダード】80万〜130万円 【ハイグレード】90万〜160万円


キッチンの位置を変える場合の追加費用

キッチンを別の場所に移動する場合は、上記のキッチンの種類とグレードによる費用の他に、30万〜50万円かかります。キッチンの移動とは、例えば壁側に設置していたキッチンを、対面型のキッチンにリフォームするような場合です。排水管や排気用ダクト、電気配線等の工事も行う必要があるために、費用が追加で発生すると知っておきましょう。マンションの場合は、排水管や排気ダクトの位置によって動かせない場合もあるので注意が必要でしょう。また、追加費用はマンションの構造や配管の状況によっても変わります。詳しくはリフォーム会社に相談してください。


床や壁のリフォームが伴う場合の追加費用

同時に床や壁のリフォームを行う場合にも追加費用がかかります。床や壁は、リフォームをスタートしてはじめてわかることもあるので、予め余裕を持った資金計画を立てることがおすすめです。

例えば古いキッチンを取り外してみたら、壁や床板が傷んでいて追加で工事が必要になる、といったことはよくあります。費用はキッチンの面積にもよりますのでケースバイケースですが、例えば6畳で床がフローリング、壁がクロスなら合計で約15万円が目安とされます。この費用は、既存の床材を取り除き、新しい床材に張り替える場合の価格です。
 

マンションのキッチンリフォームの注意点

マンションのキッチンリフォームの費用と注意点

マンションには構造上や管理規約上、リフォームを行う上でさまざまな制約があります。また、一戸建てに比べてスペースが狭い場合が多いので、使用できるシステムキッチンに制限がある場合も多いです。ここではキッチンのリフォームを行う際に注意すべき点を3つご説明いたします。


1.マンションのキッチンリフォームは戸建てと比べてむずかしい

マンションの構造上、希望のリフォームが物理的に不可能なケースもあります。

例えば下記は、よく聞かれる事例です。

・配管の位置や構造によって、キッチンの移動ができない
・IHヒーターに変えたいが、古いマンションで電気供給量が足りないためマンション全体の電気供給量を変える必要がある

こういったものが挙げられます。規定は満たしているが、構造上や設備上、大規模なリフォームができないことがあると心得ておきましょう。


2.マンションのリフォームは規約上できないことも

マンションキッチンのリフォームは、マンションの管理規約による制限を受ける可能性もあります。マンションの管理規約の内容には以下のようなものがあるので、事前に確認しましょう。

・騒音を防ぐための遮音等級の規約
・リフォーム機材の搬入や組み立てをする際の規約
・床材に関する規約
・電気容量やガス給湯器の大きさに関する規約
・リフォーム工事の時間に関する規約
・キッチンの移動範囲に関する規約
・「共用部分」に関する規約

予め確認しておくことで、スムーズにリフォームを進めることができるでしょう。


3.専門のリフォーム会社に相談を

マンションのキッチンをリフォームする際は、まずは専門のリフォーム会社へ相談することをおすすめします。リフォーム会社は数多くあるので、より自分のニーズに応えてくれそうな会社を選びましょう。

いい会社を選ぶ際には以下の2点に気にしましょう。それは「マンションリフォームが得意かどうか」「水回りリフォームが得意か」です。 

例えば「マンションリフォームが得意」な会社であれば、次のようなことが期待でき、安心して任せることができるでしょう。

・マンションの構造や管理規約に詳しい
・管理組合や周辺住民との付き合い方がわかっている


例えば「水回りのリフォームが得意」な会社であれば、

・キッチンを安く仕入れることができ、安く済ませられる
・キッチンリフォームの経験が豊富な職人がいる
・失敗しやすい箇所がわかっているので、効率よくリフォームを進めてくれる

などの強みが考えられます。

会社選びが大事なので、手を抜かず、自分の要望を満たしてくれるリフォーム会社を見つけましょう。
 

まとめ

マンションのリフォームは、キッチンの種類、グレード、位置の変更やキッチンの周辺のリフォームの有無によっも費用が変わってきます。また、マンションのリフォームは戸建てと違って規約や制限があるので、予め確認した上でリフォーム会社に依頼しましょう。
 

無料でお届け!キッチンリノベーションの施工事例集

「キッチンだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・料理をしながら家族の様子が見えるように、対面式のカウンターキッチンに変えたい
・キッチンの向きを変えて部屋を広く見せたい
・子供と一緒に料理ができるようキッチンを広げたい
・間取りを変えてパントリーを作りたい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)

無料でお届け!自宅リノベーションの施工事例集

「リノベーションしたおしゃれな空間にあこがれるけど、家全体をリノベする予算はない…。」
そんな方々の声に応えるため、自宅リノベーションサービスが誕生しました。

あなたの希望や予算に合わせて、リノベする箇所を自由にカスタマイズできます!
検討のハードルをぐっとおさえ、あこがれの空間づくりを応援します。


詳しくはこちら