Column

無骨なブルックリンスタイルに合う床とは?床選びのポイントまとめ

数あるインテリアスタイルの中で、最近人気のブルックリンスタイルをご存じでしょうか。倉庫や工場をリノベーションした住まいがルーツのブルックリンスタイルは、素材感とアンティーク感を活かしたスタイリッシュなデザインが特徴です。今回は、そんなブルックリンスタイルにおける床の素材についてポイントを解説していきます。

目に見える面積の大きな床は、部屋全体の雰囲気を左右する大切な要素。床材にこだわることで、おしゃれなブルックリンスタイルの部屋を実現しましょう。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

ブルックリンスタイルの基本

ブルックリンは、ニューヨークに5つある区のうちの1つ。中心地のマンハッタンからイースト川を挟んだ対岸に位置しており、5区の中でもっとも人口の多い区です。かつての経済成長によってマンハッタンの家賃が大きく上昇したことにより、比較的賃料の安いブルックリンに人々が移り住んできました。

特に収入が安定しない若手アーティストや流行に敏感な層が、こぞってブルックリンに移住したのです。彼らが目をつけたのが、ブルックリンに建ち並んでいた古い倉庫や工場群。レンガの外壁で統一された倉庫や工場を自分たちでリノベーションし、新たな住まいとして活用しました。こうしたクリエイティブな人たちによってブルックリンならではのカルチャーが育まれていき、その中心にあるレンガ造の住まいもおしゃれなスタイルとして注目されるようになったのです。

こうした背景で誕生したブルックリンスタイルを構成する要素としては、次のようなものが挙げられます。

  • アンティークレンガを取り入れた壁や柱
  • 倉庫や工場を連想させるむき出しのコンクリートや配管
  • 無垢フローリングや無塗装のアイアン、スチールといった素材感の強いアイテム
  • ちょっとした彩りになる観葉植物

ブルックリンスタイルの床は素材感を大切に

倉庫や工場をルーツとするブルックリンスタイルは、素材の持つ質感を活かしたインテリア。床についても質感をしっかり感じられる素材を用いるのがポイントです。ブルックリンスタイルの床におすすめなのは無垢フローリングですが、特に次のような特徴を持っているものが向いています。

  • 木目がはっきりとしているもの
  • 色合いが暗くヴィンテージ感のあるもの
  • 自然のままに不揃いなもの

要するに「整えられている感」の少ないものを選ぶことが大切と言えるでしょう。不揃いな見た目も味として上手に取り入れるというのが、ブルックリンスタイルの特色なのです。

床が美しいブルックリンスタイルの部屋3選

ブルックリンスタイルの床におけるポイントを理解したところで、床にこだわったブルックリンスタイルの事例を3つ紹介していきます。

事例1:無垢材が持つ木目の美しさを強調したフローリング

1つ目に紹介するのは、男性一人暮らしの部屋をブルックリンスタイルに仕上げた事例。フローリングに使用しているのは、木目がはっきりしたダークブラウンの無垢材です。張り方自体はスタンダードなのですが、素材の持つ質感や木目が個性的なので十分に存在感を発揮しています。

フローリングの個性は強いですが、決して悪目立ちしているわけではありません。不揃いなアンティークレンガやむき出しのコンクリートといった荒々しい素材と合わせることで、空間全体として統一されたコーディネートが完成しているのです。個性ある素材同士が喧嘩しない絶妙なバランスを探ることこそ、ブルックリンスタイルのコツと言えるかもしれません。

事例:Brooklyn Style〜大好きな自転車と暮らす家

事例2:斜め張りの床で空間に広がりをプラス

無垢フローリングの素材感を生かすだけでなく、張り方を工夫することでさらに床の存在感をアップすることができます。こちらの部屋の床は斜め張り。ダイニングテーブルも木目の美しい木で作られていますが、フローリングと比較してみると、張る向きが違うだけで印象がだいぶ変わることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

フローリングを斜め張りにすると、直線的に張った時に比べて空間の広がりを感じられるようになります。キッチン全面にあしらわれたブラックのサブウェイタイル、キッチンカウンターの亀甲タイル、アイアンの素材感を活かした階段といった特徴的な要素にも負けない「主張する床」に仕上がっているのです。

事例3:市松模様のフローリングは部屋の主人公

最後に紹介する部屋は、市松模様の床が特徴的。部屋に入った瞬間、個性的な床に目が行くことでしょう。縦向きと横向きで色合いが異なる無垢材を使用することで、チェス盤のような床を演出しています。素材自体の個性が強いからこそ、一見浮いてしまうような張り方でもマッチするから不思議ですね。

奥の壁はブルックリンスタイルの特徴である不揃いのレンガ調になっており、こちらも強烈な個性を発揮。さらに天井は色合いの濃い無垢材を配しており、三方が強い個性で囲まれています。異なる素材感を上手く調理して、おしゃれな空間に仕上げるというブルックリンスタイルのコツを実践している好例と言えるでしょう。

まとめ

素材感が大切なブルックリンスタイルにおいて、床の素材選びは部屋の印象を大きく左右する重要なポイントです。壁や天井、家具の素材にこだわるだけでなく、床にも目を向けることでブルックリンスタイルの世界観をリアルに表現できます。無垢フローリングをベースとしつつ、張り方や仕上げを工夫して、自分流のブルックリンスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する