Column

フルリフォームと建て替え、工事内容の違いとは?それぞれのメリット・デメリットを解説

築年数が経過して傷みが気になってくると、フルリフォームをするか建て替えるか、どちらが良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。フルリフォームと建て替えは、それぞれ工事内容が異なります。後悔しないリフォームを行うためにも、両方のメリット・デメリットを把握することが大切でしょう。今回はフルリフォームと建て替え、それぞれの工事内容の違いやメリット・デメリットについて解説します。

全面(フル)リノベーションをもっと詳しく。
完全版|全面(フル)リフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

フルリフォームと建て替えの違い

フルリフォームと建て替えには、どのような違いがあるのでしょうか。実は、明確に定義の違いがあります。

まず、フルリフォームは柱などの基礎の部分を残して、大規模な修繕や改修を行うことです。間取りは変えずに、家全体の壁紙や床の張り替え、水回り設備の交換など、見える部分だけ行う場合もフルリフォームに含まれます。

一方、建て替えは家をすべて解体し、更地の状態に戻してから新しい家を建てることを指します。築年数の経過により老朽化が進んでいたり、災害などで激しく傷んでいてリフォームでは対応が難しい場合に検討されるのが一般的です。ただし、建築基準法の条件を満たしていない建物の場合は、建て替えることができないケースがあるため、注意しましょう。

フルリフォームのメリット・デメリット

フルリフォームと建て替え、どちらにするか検討する際は、それぞれのメリット・デメリットをしっかり確認しましょう。まずは、フルリフォームのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

フルリフォームをする際のメリットは下記の通りです。
・工期が短い
・コストが安い
・住み慣れた家を手放さずに補修できる
・税金が軽減される
・工事内容によっては仮住まいが不要

メリットとしては、多くの場合が建て替えよりも工期が短く、コストが抑えられる点が挙げられます。リフォームの範囲にもよりますが、住みながら行える工事内容なら、仮住まいが不要なのも嬉しいポイントです。フルリフォームだと部分的に補修できるので、住み慣れた愛着のある家を解体することに抵抗がある場合はおすすめです。

デメリット

一方、デメリットは下記の3点が考えられるでしょう。
・希望の間取りに変更できない場合がある
・地盤の改良ができない
・家の状態や希望のリフォーム内容によってはコストが高くなる

フルリフォームでは、リフォーム内容が多岐に渡ります。家の状態によっては工事が始まってから追加補修が必要になる場合があり、最終的なコストが分かりづらいことがデメリットでしょう。また、打ち合わせを進めていく中で、多くの箇所をリフォームしたくなり、工事内容を次から次へと追加すると、予算オーバーしてしまうので注意が必要です。

建て替えのメリット・デメリット

続いて、建て替えた場合のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

建て替えた場合のメリットは大きく分けて下記の2点が挙げられます。
・理想の間取りに変更できる
・新築の家に住める

メリットはなんといっても、一から建て替えることで、理想の間取りや設備を投入できる自由度の高さです。既存の家で不便に感じていた部分などを解消して、新築の家に住めるので、総合的な満足度も高いでしょう。

デメリット

反対に、建て替えることで考えられるデメリットは下記の通りです。
・新築時同様の手間がかかる
・コストが高い
・仮住まいが必要

デメリットとしては、まず家全体を解体しなければならないのでフルリフォームと比較すると、コストが高い点が挙げられます。建て替え工事を行っている間は、仮住まいが必要なのでその手配や引っ越しなど、やらなければいけないことが多くなります。さらに、その際の引っ越し費用や家賃なども追加でかかるので、予算に限りがある際はしっかり検討する必要があるでしょう。

フルリフォームと建て替え、迷った際の判断基準

フルリフォームと建て替え、どちらにしようか迷った際は、築年数や予算、今後の家族構成などを基準に判断すると良いでしょう。

築年数は50年が目安になると言われています。ほとんどの場合、築50年経つと老朽化による損傷が激しく、フルリフォームでは対応が難しくなります。また、希望の予算がある場合は、その予算でどの程度の工事ができるのか、確認する必要することでどちらにするか決めやすくなります。さらに今後の家族構成の変化や二世帯住宅にする可能性がある場合などには建て替えではなく、フルリフォームの方が合っているでしょう。長く住み続ける確証があるかどうかも、判断材料のひとつになります。

まとめ

ご紹介したように、フルリフォームと建て替えでは工事内容が異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。家の状態や希望の工事内容によって、どちらが良いのかしっかり比較と検討を重ねることが大切です。どちらを選択しても大規模な工事になるため、どうしても決められない場合は、一度専門業者に相談して意見を聞いてみると良いでしょう。

 

参考
・リショップナビ「リフォームと建て替えはどちらが安い?判断基準は?違いや費用、施工事例もご紹介!」
・三井のリフォーム「家のフルリフォームと建て替え、迷ったときの基礎知識」 
・Sakura Style「リフォームor建て替え?どっちにするか迷ったときの判断基準や費用を徹底比較!」

全面(フル)リノベーションをもっと詳しく。
完全版|全面(フル)リフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)