Column

全面(フル)リフォーム・リノベーションのメリットデメリット

理想の住まいを手に入れる方法の一つとして注目されている、全面(フル)リフォーム・リノベーション。名前は聞いたことがあっても、どのようなものかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。フルリフォームというと家全体の古くなった箇所や壊れた箇所を修復することを指しますが、今回は住まいの付加価値向上を含むフルリノベーションの内容を中心に解説していきます。フルリノベーションのメリット・デメリットも紹介していきますので、住まいづくりの参考にしてください。

全面(フル)リフォーム・リノベーションってどんなもの?

フルリフォーム・リノベーションと一括りにしていますが、リフォームとリノベーションでは言葉の使われ方が異なります。

リフォームとは?

リフォームとは、一般的に古くなった箇所や壊れた箇所を修復することを指す言葉。期待される機能を果たさなくなった(機能がマイナスになった)箇所に修復を加えることで、元の機能を取り戻す(ゼロの状態に戻す)のがリフォームと言えるでしょう。

リノベーションとは?

一方のリノベーションとは、住まいを住む人のライフスタイルや時代に合った形にアップデートすること。ゼロの状態に戻すのではなく、プラスαの価値を生み出すのが特徴です。

フルリフォームとフルリノベーションは似た意味で用いられる

リフォームを住まい全面に施すのがフルリフォーム、リノベーションを住まい全面に施すのがフルリノベーションです。一般的にリフォームよりもリノベーションのほうが大規模な工事を指す傾向にありますが、住まい全面で工事するとなればリフォームであれリノベーションであれ大がかりな工事になります。そのため、実際は両者を同じような意味で使う場合も多いようです。フルリフォーム・リノベーションでは、表面的な改修だけでなく配管や間取りの変更といった改修も含まれます。

全面(フル)リフォーム・リノベーションのメリット

続いては、フルリフォーム・リノベーションのメリットについて見ていきましょう。主なメリットとして次の4点が挙げられます。

間取りを比較的自由に変更できる

部分的なリフォーム・リノベーションと違い、フルリフォーム・リノベーションでは住まい全体を改修するため間取りを自由度高く変更できます。ライフスタイルやライフステージに適した理想の間取りを実現しやすいのは大きなメリットです。

建て替えるのに比べてリーズナブル

自由な間取りで住まいづくりをする方法として、新築注文住宅を建てるというやり方もあります。しかし、新築を購入となるとコストが高くなりがち。フルリフォーム・リノベーションであれば、新築と比較してリーズナブルに希望の住まいを手に入れられる可能性があります。

不動産としての選択肢が増える

新たに家を購入してフルリフォーム・リノベーションをする場合、中古物件が前提となります。中古物件は新築に比べて流通している数が多く、中心部や駅前など利便性の高い立地の物件も見られます。新築購入では探すのが難しい好立地の物件も選択肢に入るというのも、フルリフォーム・リノベーションのメリットです。また、資産価値を高めることにもつながるので、将来的な不動産売却を検討している人にもおすすめと言えるでしょう。

建築条件を変えずに住まいを更新できる

中古戸建てを建て替えようとすると、既存不適格(建設当時は問題なかったものの、現行法令では建設できない条件で建てられているもの)という場合があり、面積を小さくしなければならないなど制限を受けることもあります。フルリフォーム・リノベーションであれば、既存建物の条件をそのままに新たな住まいへと更新できるのもメリットです。

全面(フル)リフォーム・リノベーションのデメリット

さまざまなメリットのあるフルリフォーム・リノベーションですが、もちろんデメリットも存在します。

部分的にリフォーム・リノベーションするよりは費用がかかる

リフォーム・リノベーションは基本的に施工する面積が大きくなるほど費用が高くなるため、部分的なリフォームよりもフルリフォーム・リノベーションはコストが高くなります。ピンポイントに改修したい場所がある場合には、部分リフォーム・リノベーションを検討してみるのもいいでしょう。

工期中の仮住まいが必要になる

フルリフォーム・リノベーションは工期が長めで、工事中は住むことができません。そのため、工期中に家族が生活する仮住まいを用意しなければならない点は要注意です。

見えない部分の補修が必要な場合がある

床・壁・天井などを取り壊すフルリフォーム・リノベーションでは、目には見えていなかった配管や構造の老朽化が明らかになることがあります。こうした場合、想定していた改修の他に追加で補修が必要になる場合も。当然工事費用も追加になるため、当初からコストに余裕を見込んでおいたほうがいいでしょう。

全面(フル)リフォーム・リノベーションはこんな人におすすめ!

以上を踏まえると、フルリフォーム・リノベーションは次のような人におすすめと言えます。

  • 間取りや内装などにこだわりがあり、自由度高く住まいを作り上げたい人
  • 新築のような綺麗な部屋に住みたいけれど、新築を買うよりもコストを抑えたい人
  • 築古中古物件の購入を検討していて、リフォームすべき場所が複数ある人
  • 好立地の中古物件を購入して、将来的に売却する考えがある人

まとめ

今回は全面(フル)リフォーム・リノベーションの特徴、メリット・デメリットについて解説してきました。フルリフォーム・リノベーションは間取りや設備などを自由度高く検討できるため、こだわりの住まいを実現するのに適した方法です。紹介したメリット・デメリットの両面を理解した上で、一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)