Column

「スラブ(すらぶ)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集762

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

■スラブ(すらぶ)

「スラブ」とは、鉄筋コンクリート造の床や屋根のことです。元々は平板や石板を意味していますが、建築では床構造を作るときに使用する板のことを指しています。スラブには遮音性が高い、天井を高く設計できるというメリットがあります。なお、下階がある場合には床スラブと呼び、下階がない場合には基礎スラブと呼ばれます。

各辞書・辞典からの解説

「スラブ」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「スラブ」とは、以下のような文章で説明がされています。
「コンクリート製の長い板または床版。鉄筋コンクリート造における、上階住戸と下階住戸の間にある構造床の事。」

つまり、「スラブ」とは、「コンクリート製の床版」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら