Column

「スイッチプレート・コンセントプレート」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集843

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

■スイッチプレート・コンセントプレート

「コンセントプレート・スイッチプレート」とは、コンセントやスイッチに付けるためのカバーのことです。主にコンセントやスイッチの保護や安全を目的としています。「スイッチカバー」や「コンセントカバー」と呼ばれることがありますが意味は同じです。

コンセントプレートやスイッチプレートの素材はプラスチックが一般的ですが、木製、アルミ製、ステンレス製なども販売されています。最近では陶器や真鍮を使用した高級なコンセントプレートやスイッチプレートも出回っています。

デザインは白が一般的でしたが、最近では光沢のあるタイプ、つや消し加工が施されたタイプ、アンティーク調など多様なデザインが販売されています。マイナスドライバーがあれば簡単に取り外しが可能なため、部屋の雰囲気に合わせて選んだコンセントプレートやスイッチプレートに、DIYで付け替えることもできます。

スイッチプレートやコンセントプレートを選ぶときには、床や建具などの素材や色に合わせるのがおすすめです。例えば、ドアノブや収納家具の取っ手などにステンレスやアルミ素材を使用しているときは、シルバー調のスイッチプレートやコンセントプレートが合うでしょう。また、フローリングやダイニングテーブルと同じデザインの木材を使用すれば、部屋に統一感が持たせることもできるでしょう。

アンティークのインテリアを集めている方には真鍮製がおすすめです。キッチンのスイッチプレートやコンセントプレートには、タイルとデザインを合わせて陶器製のものを選ぶのもよいでしょう。

・参考:コンセントプレート

 

おしゃれなスイッチプレート・コンセントプレートあります>>

 

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら