Column

北欧風の部屋ってどんな感じ?おしゃれ事例から学ぶ北欧インテリア

リノベーションを検討する上で、おしゃれな北欧風の部屋に憧れる人も多いのではないでしょうか。北欧インテリアといえば、ナチュラルでシンプルなデザインと差し色や個性的な柄を取り入れた遊び心が魅力。今回は5つの事例を通して、北欧風の部屋にするためのポイントを紹介していきます。

事例1:北欧スタイルの基本はホワイトベース

1つ目にご紹介する部屋は、白い壁と天井をベースにした事例。床材には色が薄く木目の綺麗なパインの無垢材を使用しており、全体的にナチュラルな雰囲気です。白をベースにしたシンプルな空間は北欧風の基本。そこに自然を感じさせる素材を合わせるのが、北欧インテリアの鉄板です。白+無垢材だとシンプルになりすぎてしまうこともありますが、壁に腰高のエイジング塗装のパネリングを取り入れることで、どこか懐かしさと温かみを感じさせる内装になっていますね。ブルーアッシュグレーの建具も適度なアクセントです。

水回りの床には、アンティーク調のタイルを使用。1枚ずつ少しずつ色合いが異なるタイルにすることで、スタイリッシュな空間に落ち着きをプラスしています。

事例:北欧な暮らし

事例2:北欧風にレトロを織り交ぜた部屋

北欧インテリアの方向性は、スタイリッシュで都会的なものと懐かしさを感じさせる田舎風のものに大別できます。2つ目の事例は、場所によって2つの方向性を織り交ぜているのが特徴。

無垢材の木目が美しいキッチンと壁面にあしらわれたアンティーク調のタイルは、北欧の地方にある一軒家を思わせるアットホームな雰囲気を演出します。白をベースにしたスタイリッシュな北欧インテリアとはイメージが違うかもしれませんが、これも北欧風の一つの形と言えるでしょう。

キッチンから望むリビングダイニングは、多くの人が思い描くであろうナチュラルでスタイリッシュな北欧風。白い壁と無垢フローリングを基調とした空間に、淡い色使いのマットやグレーのソファが上手く調和していますね。

事例:北欧レトロスタイル

事例3:ナチュラルで可愛い北欧風

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝚗 𝚊 𝚘 𓅹ˊ˗(@nao37.ouchi)がシェアした投稿

続いて紹介するのは、高い吹き抜けの天井が印象的なこちらの家です。フローリング、梁、吹き抜け沿いの柵に至るまで無垢材をふんだんに使用しており、画像を見ているだけで木の香りがしてくるようですね。この家も白+無垢材という黄金パターンですが、随所にアクセントを散りばめることでオリジナルの空間を演出しています。

1つ目のアクセントは、キッチン壁のアクセントクロス。淡いブルーアッシュグレーのクロスは目立ちすぎず、適度なスパイスになっています。2つ目のアクセントは曲線。部屋の出入口とカウンター下の棚に曲線を取り入れることで、シンプルな空間に柔らかさをプラスしているのです。3つ目のアクセントは植物。部屋の隅に置かれたオリーブのプランターが、部屋の雰囲気を壊さない程度の差し色になっていますね。

事例4:淡くポップな色合いで明るく

高緯度に位置しており冬が長い北欧では、インテリアに家で楽しく過ごせる工夫が多く見られます。代表的なのがポップな色使いと個性的な柄のテキスタイル。北欧風を取り入れたいなら、こうした工夫を参考にするのが近道です。

こちらの部屋は白+無垢材のパターンをベースとしつつ、奥の壁全面にアースカラーの淡いグリーンのクロスを使用。カーテンに北欧ブランドの代表格であるマリメッコの「ウニッコ柄」(ケシの花をデザインした柄)を取り入れることで、家にいる時間が楽しくなるような空間を実現しています。家具や小物も色使いや柄使いがポップなものをチョイスしており、部屋全体が明るい印象です。

スタイリッシュな空間の中に遊び心をプラスすることで、北欧のファミリースタイルな家を演出できます。

事例5:北欧風のシンプルな機能美

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CREADOR[クレア・ドール](@creador__official)がシェアした投稿

最後に紹介するのは、これぞ北欧インテリアといった趣きの家です。吹き抜けの高い天井と大きな窓から差し込む明るい光が、白い壁とナチュラルな木目のフローリングを照らしています。キッチンの壁にはシンプルな白タイルを使用し、部屋自体はとてもスタイリッシュで機能的に作られていることがわかりますね。

シンプルな空間に合わせるのは、鮮やかながら落ち着きのあるアースカラーの家具や小物。キャメルのレザーソファもいいアクセントになっています。随所に植物を配置することで、自然の中に住んでいるような開放的な気持ちになれるのもポイントです。

まとめ

今回紹介してきた5つの事例から、北欧風の部屋を目指す上でのポイントを整理してみましょう。

  • ベースは白+木のシンプルな空間にする
  • 差し色や柄を上手く取り入れることで遊び心をプラスする
  • 北欧の都会風なのか、北欧の田舎風なのか方向性を決める
  • 植物をアクセントとして取り入れるのもおすすめ

これらのポイントを意識すれば、理想の北欧インテリアに近づくことができます。リノベーションをするなら、おしゃれな北欧風の部屋づくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)