Column

外壁のひび割れを修理したい、キレイに補修する方法を紹介

外壁のひび割れを修理したい、キレイに補修する方法を紹介


新築から数年しか経過していないものの、壁にひび割れが起きてしまった場合、壁のひび割れを自分で修理できるのだろうかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、外壁のひび割れの補修方法を紹介します。この記事を一読すれば、ひび割れが発生したときでも対処できるでしょう。外壁のメンテナンスに興味のある方は、最後までお読みください。


 

外壁がひび割れを起こす原因

外壁のひび割れを修理したい、キレイに補修する方法を紹介

 
外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。クラックには大きく分けて4種類で、それぞれ原因が異なります。外壁のひび割れを補修する際には、どのクラックなのかを確認しましょう。
 

塗膜が原因のヘアクラック

ヘアクラックとは、幅0.3mm以下のひび割れのことです。髪の毛のように細いひび割れのため、ヘア(髪の毛)クラックと呼ばれています。
 
ヘアクラックは、塗膜の劣化により、壁の膨張や収縮に耐えられなくなったことで発生します。サイディングボードやモルタルの壁は気温の変化によって膨張や収縮をしますが、塗膜が古くなると壁の動きに合わせられなくなりひび割れてしまうのです。
 
そのほか塗料の塗り方が適切でない場合や、壁を塗った後の乾燥が不十分の場合でも、ひび割れを起こすことがあります。

 
水分の蒸発が原因の乾燥クラック

乾燥クラックとは、水分の蒸発が原因で起きるひび割れです。モルタルなどの外壁材は、セメントや砂に水を混ぜて繰ります。そのため、壁を設置する際には十分に乾燥させなければなりません。
 
一方で水分が蒸発すると、壁に含まれている水分が外に逃げ出して収縮します。その結果、数年の経過でひび割れが起きてしまうのです。
 

建物が原因の構造クラック

外壁のひび割れの中には、建物の構造が原因で発生するこいともがあります。構造クラックは、建物の構造上の欠陥や、地盤沈下が原因です。ほかのクラックとは異なり、放っておくと建物が崩壊する可能性もあるので注意が必要です。


塗り次ぎで発生する縁切りクラック
縁切りクラックとは、モルタルなどの外壁で起きるクラックです。塗装を部分的に塗り直したり中断したりすると乾燥の進み具合に変化が生じ、時間が経過するとひび割れを起こしてしまうのです。

 

ひび割れの補修方法とは

外壁のひび割れを修理したい、キレイに補修する方法を紹介

 
ひび割れが発生しているということは、外壁がもろくなっているといえます。外壁には雨や風、太陽の紫外線から守る役割がありますが、外壁がもろくなっていると建物を保護する機能が失われてしまい、建物が劣化する危険性があるので注意が必要です。
 
そのため、ひび割れが発生したときには早めに補修をしましょう。ここでは、外壁のひび割れの補修方法を紹介するので参考にしてください。
 

ヘアクラックの補修方法

ヘアクラックは、浅いひび割れです。早めに補修をしておきたい場合には、セメント粉を使いましょう。ひび割れ部分にセメント粉を塗りこむことでひび割れの進行を防げます。
 
セメント粉で補修する際には、手で塗りこんでいくチョーク式と接面と粉を吹きかけるスプレー式があります。どちらの場合も、あらかじめセメント粉に防水剤を染み込ませてから使用することを覚えておきましょう。
 
またチョーク式かスプレー式かを選ぶときは、使いやすさで選んでよいでしょう。作業時間を短くしたいときにはスプレー式が良いでしょう。一方でスプレー式はセメント粉が周りに飛び散る可能性があるので、慎重な作業が求められます。
 

中度のひび割れの補修方法

ひび割れの幅が0.3~1.0mmの場合は、放置したままにすると外壁の劣化が進むので、早めに補修をしましょう。複数のひび割れが発生しているときは、全体的な塗り替えが必要です。一方で一部分のみのひび割れについては、コーキング剤による補修が良いでしょう。
 
ホームセンターでは、さまざまなコーキング剤を販売していますが、外壁補修の場合は変形シリコンかウレタンのコーキング材を使いましょう。
 
コーキング剤を使用する場合、風の少ない日に補修をするのがおすすめです。また、高所のひび割れの補修をする場合は、転落や感電の危険性もあるので注意して行いましょう。

 
重度のひび割れの場合

1.0mm以上の重度なひび割れに関しては、外壁の下地にダメージを受けている可能性があるので、早急の対策が必要です。コーキングや塗装による補修が難しいので、業者への依頼をおすすめします。業者に相談するときには、複数の業者から見積もりを取ると良いでしょう。
 

 

まとめ

外壁のひび割れを修理したい、キレイに補修する方法を紹介

 
今回の記事では、外壁のひび割れの原因と補修方法について紹介しました。ひび割れの原因は、塗装の劣化や建物の構造上の問題などさまざまです。ひび割れの原因を確かめてから、適切な補修をすると良いでしょう。
 
なおヘアクラックなどの浅いひび割れについては自分で補修できますが、深いひび割れについては業者への依頼がおすすめです。業者に相談するときには、あらかじめ複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。
 
 

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう