Column

カフェスタイルのインテリアを引き立てる照明の使い方

カフェスタイルは、リノベーションでも取り入れたい人気テイストの一つです。おしゃれでちょっとした非日常感もありつつ、リラックスできる、そんなカフェスタイルに仕上げたいなら、照明についてもこだわってみましょう。

この記事ではカフェスタイルの照明の特徴や、カフェスタイルにぴったりの照明を具体例を交えてご紹介していきます。

照明リノベーションをもっと詳しく。
完全版|ライト・照明のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

カフェスタイルの照明はどんな灯り?

カフェスタイルと一口に言っても、実はかなり幅広いテイストが含まれます。温かみのあるナチュラルテイスト、ポップで明るいアメリカ西海岸のようなスタイル、レトロな純喫茶のような落ち着いた大人の雰囲気などなど。

内装のテイストは違っても、カフェスタイルに共通するポイントは「居心地の良さ」ではないでしょうか。カフェは、コーヒーを飲んだり軽食を食べたりしつつ、リラックスした時間を過ごす空間。おいしい食事を楽んでゆっくりくつろげる雰囲気を作ることが、カフェスタイルの基本にあるといえるでしょう。

そこで、カフェスタイルに求めらる灯りを考えてみると、緊張を解いて気持ちをリラックスさせる灯り、食事を美しく見せる灯り、ちょっとした非日常を味わえるセンスのいい灯り、などが思い浮かびます。

カフェスタイルを作る照明の使い方

カフェスタイル作りに使える照明について、具体的な照明器具の紹介を交えて、いくつかのポイントを見ていきましょう。

まぶしさをおさえて落ち着ける雰囲気に

HAGSアイテム:フロアスタンド GRUS

天井の真ん中に明るいシーリングライトを一つ設置するような従来の照明では、のっぺりと味気ない空間になりやすく、オフィスのような緊張感から抜けきれない雰囲気が残りがちです。

カフェのように、周りを気にせず落ち着ける灯りを目指すなら、明るさにメリハリを付けることを意識してみましょう。手元やテーブルの上はペンダントライトやスポットライト、スタンドライトで十分な光を集める一方で、空間そのものは必要十分な程度に明るさを抑える、といった使い分けです。

明るさが足りないと感じるなら、間接照明や光源が直接目に入らないデザインのセードで照明を足してみましょう。強い光やまぶしさは不快感につながりやすいので、光源を隠した柔らかい拡散光を上手に使うようにします。

また、光の色にも一工夫。落ち着いた雰囲気には温かみのあるオレンジ色の光、電球色を使うとよいでしょう。

リビングやダイニングは多目的に使われる空間ですので、過ごし方によって明るさや光の色を変えられる、調光・調色機能付き照明器具が便利でおすすめです。勉強や読書などでは文字が見やすい明るく白味の強い照明、リラックスタイムには電球色で人のいる場所を照らし、それ以外の明るさを控えめに、といった調節も可能になります。

ダイニングテーブルを美しく照らす


HAGSアイテム:ペンダントライト Scorre スコーレ

食事をおいしく見せるなら、ペンダントライトでテーブルに近い位置に灯りを持ってくるとよいでしょう。天井から照らすよりも、料理がクローズアップされて食欲をそそる灯りが作れるでしょう。電球は太陽光に似た見せ方ができる演色性の高いものを使うと、食材の色がきれいに見えるのでおすすめです。

ダイニングテーブルの上のペンダントライトは、お部屋のアイキャッチ的存在にもなります。インパクトのあるデザイン性の高いセードを選んで、灯りを点けない昼間でもインテリアのアクセントとなるようなアイテムを選ぶのも面白いですね。

ペンダントライトがテーブルの位置と合わないときなどは、代わりにスタンドライトや小さいテーブルライトを置くのもいいでしょう。明るさのメリハリがついて食事の雰囲気を盛り上げる効果も期待できます。

ペンダントライトは多灯使いで表情豊かに


HAGSアイテム:ペンダントライト SUGAR シュガー

ダクトレールを使えば、ペンダントライトを並べて使う多灯照明も気軽に取り入れられます。カウンターなどの上に小さめのペンダントライトをいくつか並べて使うのも、おしゃれですね。

ペンダントライトは同じデザインのものを同じ高さに並べると整然とした印象に。吊るす高さを変えたり、デザインが異なるセードを並べたりすれば、リズム感を出すこともできます。

光を当ててフォーカルポイントを作る


HAGSアイテム:ブラケットライト JAIL ジェイル

壁に飾った絵画や写真、観葉植物、オープン棚に並ぶおしゃれな雑貨など、絞った光を当てて視線を集めるフォーカルポイントを作るのも、メリハリを付けて奥行き感を出すテクニックのひとつ。

スポットライトやブラケットライトは、照らす向きを調節できるものが多いので、壁の特定の場所に光を集めることに向いていると言われます。デザイン性を高いものを選べば、消灯時にもインテリアとしても映えるでしょう。

まとめ

リノベーションで人気のカフェスタイルについて、照明の作り方についてご紹介してきました。ペンダントライト、スタンドライトなどを組み合わせて明るさのメリハリを付けてみる。このような工夫次第で、カフェスタイルの雰囲気づくりもできそうです。

リラックスできると同時にちょっとした非日常も味わえる、そんなおしゃれな灯りが日常生活にあると素敵ですね。

照明リノベーションをもっと詳しく。
完全版|ライト・照明のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら