Column

マンションリノベーションで和室はどうする?リノベーションの種類ごとにみる費用相場と注意点

中古マンションでは、リビングの隣に和室のある物件が多く見られます。フローリングでの生活に慣れていると、和室は使い勝手が悪いと感じる方もいるのではないでしょうか。一方で、和室には洋室にないメリットもあります。そこで今回は、和室を生かすリノベーションと和室を洋室化するリノベーション、それぞれの費用相場や注意点について詳しく解説していきます。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

和室のメリット・デメリット

和室というと築年数の古いマンションにあるイメージが強いかもしれませんが、新築物件やリノベーション物件においてもあえて和室を設けているケースがあります。まず、和室にはどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

和室のメリット

  • 畳は柔らかいので、寝室、客間、子どもの遊び場など幅広い使い方ができる
  • 畳に使われるい草の香りによるリラックス効果が期待できる
  • い草によるホルムアルデヒドの吸着効果、温度・湿度の調整効果が期待できる

ソファやベッドなどを置かなくても、直に座ったり寝たりできるというのは和室の大きな特徴。さまざまな用途に使える点が和室の魅力です。い草の畳であれば、自然素材ならではの嬉しい効果も期待できます。和室は日本で伝統的に用いられてきたものですから、日本の気候に適しているというのも納得です。

リノベーションでは、リビングや居室の一角に小上がりの和室を設けるケースも。和室のメリットを生かしつつ、床下に大きな収納を設けられるので人気です。

参考記事:小上がりの和室をリフォームでリビングに作りたい!そのメリット・デメリットとは

和室のデメリット

  • 畳の定期的なメンテナンスが必要
  • 水や飲み物などをこぼしてしまうと掃除が大変
  • 家具の跡がつきやすく、重い家具を置くには不向き

最近では耐久性の高い畳が増えているものの、数年おきに畳表を替えるなど定期的なメンテナンスが欠かせません。また、水や飲み物をこぼしてしまったとき、フローリングのようにサッと拭き取るというわけにいかないのも和室の弱点です。畳は柔らかく傷つきやすいので、家具を多く置くには不向きであるという点もデメリットと言えるでしょう。

参考記事:畳の張り替え費用はどれくらい?和室に欠かせない畳の基本

和室を生かしたリノベーションの費用相場と注意点

和室のメリット・デメリットを確認してきましたが、大切なのは思い描く理想の家に和室がマッチするのかという点です。ここからは、和室を生かすケース・和室を洋室化するケースそれぞれの費用相場と注意点を紹介していきます。

和室を生かしたリノベーションを行う場合、畳を替える、壁紙を貼り替える(壁を塗り替える)、ふすまや障子を交換するといった内容が考えられます。マンションにおける費用相場はおおむね20〜60万円ほどで、中心価格帯として30〜40万円程度を見込んでおけばいいでしょう。
(参考:ホームプロ)

和室を生かしたリノベーションを成功させるためには、次のような点に注意したいところです。

  • 子どもやペットの遊び場として使う想定であれば、耐久性の高い畳を選ぶ
  • デザイン性の高い畳は価格が高い傾向にあるため、デザインとコストのバランスをよく検討する
  • 和室そのものだけでなく、他の部屋との相性も踏まえて内装を考える

和室にとって重要な畳は、一般的な畳のほか、縁なし畳や琉球畳といったデザイン性に優れたものも多くあります。畳のタイプや使われる素材によってコストが大きく変わってくるため、リノベーションにあたっては注意が必要です。

和室の洋室化リノベーションの費用相場と注意点

和室は使い勝手が悪いと感じる人、リビングに隣接する和室を一体化して開放的な空間を作りたい人などにおすすめなのが、和室を洋室化するリノベーションです。

畳をフローリングに張り替えるなど、内装を洋室化するのみであれば約50〜100万円が相場。間仕切り壁を撤去してリビングと一体化するといった、間取り変更を伴う場合の費用相場は約100〜200万円です。

参考記事:和室を洋室にするリノベーション・リフォームの費用・事例・注意点|リノペディア

和室の洋室化リノベーションを実施するにあたって特に注意が必要なのは、防音性・遮音性の問題です。畳は柔らかな素材なので単体で使っても一定の防音性があるのですが、洋室に用いられるフローリングなどは防音性が高くありません。畳を取り外して、そのままフローリングに張り替えただけでは防音性が十分でない可能性があるのです。フローリングに変更する際は、クッション材の付いたものなど防音性能の高い製品を選ぶようにしましょう。

まとめ

中古マンションリノベーションで和室をどうするか迷っている方も多いかもしれません。和室は現代のライフスタイルにも通用する汎用性の高さが魅力ですが、必要性を感じないのであれば洋室化してしまうのも一つの手です。自身や家族のライフスタイルを踏まえて、和室を生かすのか洋室化するのか、適切な方法を選ぶといいでしょう。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら