Column

部屋の中にロフトを作るリノベーション・リフォームの費用・事例・注意点

リノペディアとは
リフォームやリノベーションの実際のユーザーの声をもとに、現場からその工事にかかる費用・工期・注意点などのポイントをまとめた工事事典です。

 

監修:空間プロデューサー 岡野 潤
「引き渡しからが本当のお付き合い」。施工責任者・アフター責任者として、住んでからの小さな改良工事や疑問点・お困りごとの相談など全般を担う

今回のテーマ
部屋の一部にロフトを設けたい

 

完全版|内装リノベーション
100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

1. この工事で影響する場所は?

・壁

ロフトを作る部分の壁を解体して下地を入れ、ロフトを固定する工事が必要となります。

また、ロフトを設けたい場所が押入れやクローゼットなどの収納スペースの場合は、壁を解体する必要があります。

・床

ロフトを作る部分の床にロフト用の柱や壁を立てる工事が必要になります。

収納スペースを解体して作る場合は、床をフローリングなどで仕上げる必要があります。

・配線(必要な場合)

ロフト部分に照明やコンセントを設置する場合や、移設する場合は、配線工事が必要になります。

2. 費用相場

・費用相場は、約40万円~です。

・費用には下記のものが含まれます。

 解体工事(必要であれば)
 造作工事
 床の仕上げ材(畳・フローリングなど)
 壁の仕上げ材(壁紙・珪藻土など)
 ロフト用のはしごや階段
 配線(電気工事が必要な場合)

3. 工期の目安

1週間~10日間程度です。

上記が基本の日数となり、必要となる追加工事の種類が増えるに従って、工事の日数も増えます。

4. 工事の流れ

1)解体工事

必要に応じてロフトを設けたい場所の壁や床を解体、撤去します。

2)造作工事

壁や床の補強をしてロフト部分を作ります。ロフト周りの壁や床に、仕上材を張るための下地を作ります。

3)内装仕上げ・設備取付

壁(壁紙や塗り壁)、ロフトとロフト下の床(フローリングや畳)などの内装を仕上げます。
ロフト用のはしごや階段を設置します。

必要であれば、照明器具を取り付けます。

5. 部屋の一部にロフトを作る工事のリノベーション・リフォームの事例

事例1:大容量収納を兼用するロフト

ロフト下のデッドスペースを半分だけ活用して、ハンガーパイプを設置した大容量クローゼットを設けています。ロフト下部に間仕切り壁を設けており、クローゼットの壁の向こう側はリビング収納となっています。

事例2:モダンなロフトデザインでLDKのアクセントに

LDKの高い天井を活用して、広いロフトを設けています。圧迫感が出やすいロフトですが、ロフトの枠や手すりを、ブラックのアイアンでアクセントにすることで、モダンでシンプルな空間に仕上がっています。

6. 業者の選び方チェックポイント

1.工事品質 

事前の現場確認の記録を残しているか
当たり前のことですが、寸法などの記録をしっかりとることです。

養生をしっかりしているかどうか
工事の際には特に、通路・エレベーターなどの共有部分に養生の仕方に差が出ます。丁寧さはこういう場所に出るというのは現場でも大切にしています。

現場を裸足で歩けるか
整理整頓ができている現場は釘などの危険な工具が落ちていません。部材の整理整頓はもちろん、ほうきと塵取りでこまめに掃除ができる環境であることも大切です。

リスクの説明があるか
中古リノベーションの場合は、現場の状況により希望していた工事が出来ないケースがあります。契約の前にリスクの説明があるか確認しましょう。

2.デザイン提案力

メーカー品以外の提案ができるか
有名メーカーのアイテムは、どの業者でも比較的見積を取りやすいですが、有名メーカー以外への知見もあるかが一つの基準になります。

ニーズにあった提案ができるか
ヒアリング時に「どのアイテムが良いか」だけでなく、「なぜその窓が良いか」や、「使い方」のヒアリングがあると、ニーズに沿った提案があることが期待できます。アイテムが決まっている場合は個人でインターネットで価格を確認しながら選択できるメリットがあります。デザイン提案を期待するのであれば、使い方を含めたデザイン案を出せる業者が良いでしょう。

7. 工事の際の注意点や意外な落とし穴

ロフトの用途を考えて高さ・荷重を確認

物件により部屋の天井の高さが異なります。また、限られた天井高の中で、ロフト上部分とロフト下部の用途を決めたうえで高さを確認しておきましょう。

ロフト下部を収納スペースとして使うのであれば、ある程度の高さを必要としますが、子どもたちの遊び場や趣味スペースとして使うのであれば高さは必要なく、上部空間を広くとることもできます。また、人が乗ることを考えると、荷重も考えて強度をしっかり保った造りにしておく必要があります。

8. オススメのロフトに似合う照明

HAGSアイテム:ブラケットライト Arles アルル スモール

アルル地方の女性の帽子をモチーフにデザインされた個性的な笠のブラケットライトです。電気工事が必要な直結線の取付も、コンセントでの使用も可能なので後付けが出来ます。シェード部分が上下左右に可動するため、ロフトでの手元灯や間接照明として使えます。

HAGSアイテム:ブラケットライト BEACH HOUSE OVAL with CABLE ビーチハウス・オーバル

船舶やビーチハウスを連想させるデザインのブラケットライトで、秘密基地のようなロフトにオススメです。デザインだけでなく、実際に船舶用照明に採用されているパーツが使われているため、耐久性に優れています。

 

HAGSアイテム:ブラケットライト GROOVE グルーブ

直径20cmの小ぶりで可愛らしい球状のブラケットライトです。球状になっているため、ガラスからの柔らかでしっとりとした光が、配線や固定ネジを隠したライトのデザインによって、浮遊感のある明かりを演出してくれます。

9. まとめ

この「リノペディア」では、リフォームやリノベーション時のモヤモヤを一つずつ紐解くことで、後になって思いもよらない事態に陥ることがないよう、実用的な注意点をお届けしています。費用は現場の状況や時期により異なる点、工期や状況も現場の状況が優先されますので、ここに記載された情報を参考に、事前に業者にしっかりと確認をするようにしましょう。

完全版|内装リノベーション

 

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する