Column

WICリノベーションチェックポイント

前回に引き続き収納のお話です。さて今回はWICのリノベーションについてチェックしておきたいことをお伝えします。普段見落としがちかもしれません。知っておくと考える視野が広がり楽しくなりますよ。ご自身のWICを思い出しながら見ていきましょう。

WICの入口の向きが大事な理由

つい先日WICのリフォームのお話があり、そこで取り入れた一つでもあるのでお伝えします。今あるWICの何を変えれば満足いくのかは人それぞれの生活スタイルによって異なるので一概に正解はありません。しかしぜひ皆さんも忘れずにチェックしてほしいのがWICの入口の向きです。入口方向が変わることでWICの中が動きやすくなり、収納の配置がしやすく使いやすくなるケースがあるからです。そして寝室に隣接しているケースが多いWICですが、入口方向を変えることで寝室側にも壁ができ、ベッドの配置がしやすくなるケースもあります。寝室に窓の数が多すぎた。や、窓が大き過ぎた。など家具配置が上手くいかないお悩みは特に戸建ての方は多く感じます。WICの入口方向を変えるだけで内部も使いやすくなり、WIC外の家具配置もしやすくなる。という場合もありますので、WICの中の作り以外にも目を向けておきましょう。

 

 

WIC内部の小さな工夫

さて今度はWIC内部のお話です。上記にも書いた通り、どう作るかは使う方の生活スタイルで異なります。パイプや棚板を付けることは想像できると思います。それ以外にはミラーを設置したり、小物をひっかけられるよう壁に設置できる網や細めのパイプを設置したりすると便利な場合があります。もしWIC内部で着替えもしてミラーでチェックしたい場合などは照明の当たり具合にもこだわるとウキウキしますね。壁紙もプライベートゾーンなので楽しまれる方も多いです。元気が出る赤い壁紙にしたい!というお客様もいました。自分の個性が出しやすく使い勝手が良く気分の上がるWICに近づきます。

まとめ

今回はWICについてお届けしました。実はWICだけでなくウォークスルー(2方向に入口があり通り抜けできる収納)も場合によっては検討する項目の一つです。触れると長くなりますのでまた今度お届けしますが、収納一つとっても生活スタイルからあらゆる可能性がありますので、ぜひ「こう」と決めつけずに担当者ととことんお話しをして、今回お届けしたチェックポイントも忘れずに進めてみてくださいね。

 

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

ライタープロフィール|真栄城 あさみ

真栄城あさみ
インテリアコーディネーター/自宅収益化プロデューサー
300件以上の自宅・店舗プロデュース。
サポート歴16年目。現在は本場ロンドンから最新情報を発信。
自宅空間を好きなコトで収益化し自由な働き方を叶える。
仕事も暮らしも心から楽しむ人を増やすことを使命に活動中。

HP: https://amudesign-m.com
Instagram: asami_maeshiro

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら