Column

リノベーション「何を優先に考えれば良いのかわからない」を解決する2つのステップ

先日リノベーションを考えている方に「もう何を優先にしたらいいのかわからないです」とご相談頂きました。

特に中古物件を購入してさらにリノベーションを考えている方は費用の面から「思い描いていたほどリノベーションや家具に予算がかけられない」、でもリノベーションで「後悔したくない」「理想を叶えたい」そんな葛藤があるかもしれません。

さて今回はそんな想いの解決に向かう2ステップをお届けします。

 

「色々なことに費用がかかって、何を優先したらいいのかわからない」

既に様々な費用がかかっている場合、リノベーションのコトを考えるとワクワクする気持ちより、頭が痛いと感じることもあるでしょう。しかし本来ならリノベーションは、日々の暮らしがステージアップし、より快適になるという、人生でも特別な喜ばしい一大イベントなはずです。自分たちだけでなく周りの親戚やお友達も楽しみにしてくれている方もいると思います。

気持ちを切り替え、もう一度家族で話し合ってみましょう。その際のポイントは書き出すコト!「今現在何に不満や不便さを感じているのか」コレを箇条書きで良いので書き出してみましょう。

頭の中でイメージして話して終わり。これだけだと人は忘れるのですね。また一からモヤモヤします。理想を書き出して思い浮かべるコトももちろん大事ですが、不満、不便を明確にしておくことも重要です。

不満点を明確にして書き出すことで、リノベーション担当者にも率直な気持ちが伝わりやすくなり、それを踏まえて、優先順位とコストの面、両方から自分たちに合う最適なアドバイスをもらえるようになります。

「全てが揃っていなくてはいけない」という思い込みを捨て、自分たちのライフスタイルを振り返る

「新しい家には全てが揃ってなくてはいけない」こんな思い込みがある方もいます。気持ちわかります。それで、モヤモヤが溜まっているなら、自分たちのライフスタイルをもう一度振り返ってみましょう。急いで買わなくてもいいモノも見えてきます。

予め家具を置くサイズ感は確認しておく必要がありますが、引越しに合わせて全てが新しく揃っていなくてはいけない、という思い込みは一旦横に置いておきましょう。なぜなら新しく住んでみてから気が付くこと、発見するコト、体感したコトで新たに「こういう家具が置きたい!」と明確になるコトもあるからです。

予算が厳しい場合は、それでも妥協して買うのか、それともじっくり住まいを育てる感覚で新たに購入する日を楽しみに過ごすのか。考え方は人それぞれです。それでも、自分たちのライフスタイルの振り返りをして、本当に必要なモノを確認する作業はぜひ、しておきましょう。

まとめ

忙しい日々を送られている方がほとんどです。ご夫婦やパートナーとの話し合いを十分に出来ないまま、リノベーションの準備が進んでしまっているケースもあります。簡単ではないかもしれませんが、ぜひ、お互いの未来のために「時間をとる」ことをして、上記について話し合ってみてください。会話した分だけ想いが明確になり、「やって良かった」と思えるリノベーションに繋がります。

 


ライター紹介
真栄城あさみ(インテリアコーディネーター・世界観ファンプロデューサー)

300件以上の自宅・店舗プロデュース
サポート歴18年目。ロンドン→シドニー在住
オンラインにて日本のお客さまサポート中
“癒しの場を創り喜びと笑顔の輪を繋げる“をミッションに活動

【Instagram】
 asami_sydney_lifestyle シドニーライフスタイルアカウント
 asami_maeshiro 世界観ファンプロデュースアカウント

 

 

 

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する