Column

一人暮らしをもっと快適に!狭い部屋を攻略する収納のポイント


この記事を書いたのは
はせがわ あかね|整理収納アドバイザー
作業療法士として働きながら、整理収納・子育て・インテリアなど暮らしに役立つアイデアを発信。
あなたらしく「暮らしやすい」空間づくりを提案します


こんにちは!片づけクリエイターのはせがわあかねです。

一人暮らしで多い悩みといえば『部屋が狭いこと』ではないでしょうか。内見の時はそこそこ広く感じた部屋でも、実際に家具を搬入するとびっくりするほど狭くなってしまったというケースも。せっかくの一人暮らし、インテリアを楽しみながらのびのびと生活したいですよね。

そこで今回は、一人暮らしを快適にするための収納のポイントをお伝えします。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す
リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

収納用品を買い足す前に!大事な3STEP

「とにかく部屋が狭い!モノが収まりきらない!」と感じたら、あなたならまず何をしますか?おそらく多くの人が、『収納用品を買い足す』という選択をするのではないでしょうか。しかし、これが落とし穴。快適な空間を作るために収納は必要ですが、間違った順序で収納用品を選ぶと更に部屋が狭くなってしまうこともあるので注意が必要です。

収納用品を買い足す前に、まず以下のSTEPを踏みましょう。

●STEP1:不用品を取り除く

ここで言う不用品とは、「一人暮らしの生活に必要のないもの」です。「いつか使うかもしれないから」「一応とっておこう」といった理由でなんとなく持ち込んだものや、前の家で使っていたけれど引っ越し後の間取りに合わない家具なども含みます。新しいモノを購入する前に、今の生活に必要ないモノ・合わないモノを手放しましょう。

このSTEPで部屋の中のモノが減ると、新たな収納が必要なくなる場合もあります。

●STEP2:必要なモノをリストアップ

次に、必要な収納用品の数やサイズなどをリストアップします。何を、どこに、どのように収納するのか?具体的にイメージをしておくことが大事です。

●STEP3:代替え品を探す

最後に、部屋の中に前のSTEPでリストアップしたモノに近いモノ、収納用品として代用できるモノがすでに部屋の中にないか確認しましょう。例えば、ただの木箱でも、向きを変えれば本棚やディスプレイラックとして使えます。

この3つのSTEPを踏んだ上で、それでもやはり収納が必要と判断した場合に収納用品を購入します。少し面倒に感じるかもしれませんが、とにかく安易にモノを増やさないことが、一人暮らしの狭い部屋を攻略する秘訣です。

一人暮らしを快適にする収納選びのポイント

一人暮らしの狭い部屋に収納用品を増やす場合は、アイテムの選び方にちょっとしたコツがあります。

脚付き収納で広さを確保

本棚や衣類の収納棚を増やすなら、オススメは脚付きのモノです。同じ収納力であっても、床が見えているかいないかで部屋の広さの感じ方が変わります。

HAGSアイテム:マガジンラック ナチュラル 68

部屋に馴染むナチュラルカラーのマガジンラック。コンパクトで一人暮らしにぴったりのサイズ感です。小物収納としても◎

多機能な収納アイテムを取り入れる

収納付きのベッドやスタッキングできるスツールなど、一人暮らしには多機能なアイテムがオススメ。これらを積極的に取り入れることでモノの数が抑えられ、その分空間に広がりを持たせることができます。

HAGSアイテム:ベンチ Nill ニル

足元収納ができる、棚付きベンチ。そもそも、ベンチ自体が汎用性の高いアイテムです。ダイニングチェアとして、花台として、シーンに合わせて活躍してくれます。

オシャレなリノベ事例を見る
リノベ相談できる会社を探す

まとめ

一人暮らしの狭い部屋を攻略するためには、安易にモノを増やさないことが重要です。また、収納用品を選ぶ場合は、脚付きや多機能なアイテムを取り入れることを意識すると部屋の広さや利便性がUPしますよ。

部屋が整うと心にゆとりが生まれます。憧れのインテリアに挑戦したり、自分だけの空間を満喫してくださいね。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら