Column

キッチンのゴミ箱置き場に困ったら〜パントリーを有効活用

キッチンのゴミ箱は匂いが気になる他、ペットボトルや缶など細かな分別が必要でかさばりますよね。ゴミ箱をどこに置けばいいか困っているという人も多いのではないでしょうか。そんな時に置き場としておすすめなのがパントリーです。実際に多くの人がパントリーをゴミ箱置き場として有効活用しています。

今回は、パントリーにゴミ箱を置くメリットや注意点を解説。上手に置いている事例も3つご紹介していきます。

▼パントリーのアレコレをもっと詳しく!
完全版|パントリーのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

何かと困るゴミ箱置き場

生活しているとどうしても出るゴミ。特にキッチンは生ゴミ、ペットボトル、缶、食材の包装など、ゴミのオンパレードと言ってもいいほど多くのゴミが発生する場所です。地域によっては細かな分別が求められ、それぞれにゴミ箱を用意する必要があるかもしれません。ゴミ箱が多いと、何かと困るのが置き場ですよね。

床に置いておくとスペースばかり取って邪魔ですし、だからと言ってコンパクトなゴミ箱にしてしまうと容量不足で使い勝手が悪くなります。ゴミ箱専用の置き場を設けられればベストですが、そんな空間の余裕はないという人におすすめな置き場こそがパントリーなのです。

ゴミ箱置き場に困ったらパントリーがおすすめの理由

キッチンのゴミ箱の置き場を考える上では、次の3つの点を考える必要があります。

  1. 限られたキッチンのスペースを有効活用するため、ゴミ箱は収納してしまいたい
  2. 細かな分別が必要になるため、複数のゴミ箱を置けるスペースが必要になる
  3. 出たゴミをすぐ捨てられるよう、キッチンから近い場所に置いておきたい

上の3点をすべて満たす場所こそが、キッチンに併設されたパントリーというわけなのです。

パントリーにゴミ箱を収納する際の注意点

キッチンのゴミ置き場として適しているパントリーですが、ゴミ箱を設置するにあたっては2つの点に注意が必要です。

1つは匂いの問題。生ゴミはもちろんのこと、飲み残しのついたペットボトルや缶は匂いがつきものです。冬場はまだいいですが、夏場になるとすぐに異臭の原因になってしまいます。パントリーは食材保管庫ですので、こういった匂いが移ってしまっては大変。ゴミ箱をパントリーに置く上で匂い対策は必須なのです。

機密性の高いゴミ箱を使用する、消臭剤をセットする、ゴミを捨てる前によく洗うといった対策が考えられます。どうしても匂いが気になる場合は、生ゴミだけ違う場所に捨てるという方法もあるでしょう。

2つ目は、ゴミ箱上部のスペースを確保すること。匂い対策の面からも、パントリーに置くゴミ箱は蓋付きが望ましいと言えます。ゴミ箱に設置した時、上部のスペースが十分に取れていないと、蓋が開けられなかったり開けづらくなったりする可能性も。ちょっとしたことに思えるかもしれませんが、ゴミを捨てるたびに面倒臭さを感じるのはかなりのストレスになります。

使い勝手のいいゴミ箱置き場とするためには、収納スペースに余裕を見ておくことが大切です。

パントリーにゴミ箱を収納した事例3選

最後に、実際にパントリーをゴミ置き場として活用している事例をご紹介していきましょう。

事例1:来客があっても恥ずかしくない隠れゴミ箱

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⑅⋆⸜ もものき ⸝⋆‬⑅(@momonoki_home)がシェアした投稿

こちらの家では、キッチンの先にあるウォークインパントリーの片面にゴミ箱を配置。リビングダイニングから見て手前側にあるので、来客があった際でもゴミ箱が目線に入りません。ゴミ箱を隠すことによって、ゴチャゴチャとした生活感を感じさせないのが嬉しいところです。

また、食材は向かい側のパントリーに収納されているので、匂いが移りにくいという機能的な作りになっています。

事例2:かさばるプラスチックゴミは扉の中にIN

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mii(@mii.icube)がシェアした投稿

1つ目の事例のように大きなパントリーがなくても、ゴミ箱を収納しておくことは可能です。2つ目の事例では、壁付の小さなパントリーの一角にプラスチックゴミ専用のゴミ箱を収納。かさばりがちなプラスチックゴミを目隠ししてしまうことで、キッチン全体がスッキリとした印象になっています。来客がない時は扉を開けておけば、ゴミを捨てるたびに扉を開けなくてはならないストレスも感じません。

ただ、匂いの出やすい生ゴミに関しては、あまりおすすめできません。扉を閉めると匂いがこもってしまい、食材に匂いがついてしまう可能性があるからです。あくまでも生ゴミ以外のゴミ箱を収納する方法として考えた方がいいでしょう。

事例3:ゴミ箱すらもインテリアにするという発想

3つ目にご紹介するのは、上の画像にある白で整然と統一されたパントリー。大容量のパントリーなので、食材ストックだけでなくゴミ箱一式や調理家電、掃除機や書類に至るまであらゆる荷物が保管されています。

同じタイプを綺麗に並べたゴミ箱は、ゴミ箱とは思えない生活感の無さ。周辺のカラーボックスも統一されており、来客があっても恥ずかしくない「見せるパントリー収納」に仕上がっています。

まとめ

置き場所に困りがちなキッチンのゴミ箱は、パントリーに収納すると機能的。見た目もスッキリして使い勝手のいいキッチンになりますよ。今回ご紹介した注意点にはくれぐれも留意しつつ、ゴミ箱の置き場問題を解決して、ライフスタイルに合った心地のいいキッチンを目指しましょう。

▼パントリーのアレコレをもっと詳しく!
完全版|パントリーのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

無料でお届け!収納リノベーションの施工事例集

「収納だけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・収納が少ないので、一部屋収納に特化した部屋が欲しい
・押し入れをクローゼットにしたい
・和室をウォークインクローゼットに変更したい
・シューズクローゼットを設置したい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)