Column

「防音室」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

「防音室」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集229

■防音室

「防音室」とは、遮音設備が備わっている部屋のことを言います。オーディオの鑑賞や楽器演奏をする部屋として使用することが多いです。

防音室は、防音材料を使用してつくります。音を防ぐための材料で、音を吸収する吸音材料と、音を伝えにくくする遮音材料、固体が振動することで音が通じる固体音を防ぐため振動を抑制する制振材料などがあります。

専門的な防音室にもこれらの防音材料を用いますが、最近は生活騒音などを避けるために、リビングや寝室などでも防音室と同じような効果が得られるように防音材料を使用することも増えました。
より防音効果を高めるためには、防音材料を複数組み合わせることで性能を高めます。

各辞書・辞典からの解説

「防音室」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

■「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「防音室」とは、以下のような文章で説明がされています。
「オーディオ鑑賞、楽器演奏のために設置する、遮音設備を有した部屋のこと。音を閉じ込めるだけではなく、人の声や楽器の音が、歪みのない美しい自然な音として聴こえるように、音の反響効果と吸音効果のバランスを考えた設計をする必要がある。」

このように、「防音室」とは、「遮音設備をした部屋」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう