Column

散らかしやすいリビングをスッキリと。おすすめのリビング収納棚を紹介

本、雑誌、子どものおもちゃ、仕事の書類など、リビングは物が散らかりやすいので注意が必要と言われます。どうすればリビングを片付けられるのか、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。スッキリとしたリビングを目指すならば、収納棚を活用しましょう。

今回の記事では、散らかしやすいリビングをスッキリさせるためのおすすめ収納棚を紹介します。また、リビングに合う収納棚の選び方もまとめました。リビングのリノベーションやリフォーム、そして新しい家具の導入をお考えの方はこの記事を参考にしてください。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

スッキリ収納できるリビングにするためのポイント

リビングにあるものをスッキリ収納するためには、何をすればよいのかと考える方も多いようです。ここではスッキリ収納するための5つのポイントをまとめました。

床のスペースを確保する

リビング収納を考えるときは、最初に床のスペースを確保しましょう。床のスペースが狭いと、部屋全体が窮屈に感じてしまうかもしれません。さらにシンプルな部屋を目指すために、まずはインテリアの数を減らしましょう。同じ面積でも床のスペースを確保すれば、部屋全体が広く見えるでしょう。

動線を確保する

インテリアの配置を考えるときは、動線の確保を考えましょう。例えば、扉の近くに設置した大きなインテリアは、リビングを狭い印象にしがちです。また、窓の近くに収納棚を置くと日の光が部屋に差し込まなくなり、居心地の悪いリビングになってしまう恐れもあります。

また、インテリアを置くときには高さにも注意しましょう。背の高いインテリアを奥に配置し、背の低いインテリアを手間に配置するとリビングが広く感じる効果も期待できます。

服の一時置き場を作る

出先から帰宅したときに服はどこにしまうでしょうか。すぐに片付けられれば問題はありませんが、多くの方はソファーに置いてしまうのではないでしょうか。リビングをスッキリさせるには、服の一時置き場も検討したいポイントです。決まった場所に置くように心掛ければ、リビングを整理されたスペースに保てるでしょう。

収納棚の向きを考える

本、雑誌、日用品など、頻繁に使うものの収納には、取り出しやすいオープン棚がおすすめです。ただし、棚を設置するときは向きや位置にも注意しましょう。ソファなどのくつろぐ場所から棚が見えてしまうと、部屋が散らかっているように感じてしまうこともあります。

収納棚を置くときはソファから見えにくい場所に配置しましょう。さらに、観葉植物を置くとより居心地のよい空間に変えられます。リビングのインテリアは、快適な空間にすることを常に意識して配置することが重要と覚えておいてください。

収納棚の大きさを考える

収納棚を購入する際は、大きさにも注意しましょう。収納棚について、できるだけ多くの物を収納したいので高い棚にすれば多くの物をしまえるからよいのでは、と考えがちです。しかし、収納棚が大きすぎると圧迫感を感じたり掃除が面倒になる心配もあります。

収納棚のサイズを決めるときは適正量を意識したいものです。また、物を立てて収納したりグループに分けるとコンパクトな収納棚でもスッキリ収まるでしょう。

リビングに合う収納棚の選び方

リビングに合う収納棚にするには以下の2つのポイントを押さえましょう。

リビング全体のテイストを考える

リビングをおしゃれにするには、インテリアの統一が大切とされます。北欧風やアメリカンスタイルなど、色やデザインを統一しましょう。また、リビングの色を決めるときは3色に絞るのがおすすめです。特にアイボリーやベージュを基調とした部屋にすると、落ち着いた印象になり居心地よい空間にもできるでしょう。

壁面を活用する

リビングのスペースが限られているときは、壁面を利用した収納がおすすめです。リビングではテレビの上はデッドスペースになりやすいですが、壁面に収納棚を設置すると雑誌や小物などのも収納できるでしょう。

おすすめの収納棚を3選

最後にリビングに合ったおすすめの収納棚を2つ紹介します。収納棚を購入する際の参考にしてください。

収納家具セット GALLE ガレ 313

・参考:HAGS 収納家具セット GALLE ガレ 313

ホワイトウォールとウォールナット無垢材で作られた収納棚です。直線的でスタイリッシュなフォルムと、上に向かって奥行きを浅くした設計により圧迫感を軽減しています。転倒防止ベルトも付いているので、安全に使えるでしょう。

壁面収納セット スタンザ W284

天然木の無垢素材を使用した収納棚です。チェストやキャビネットなどのパーツを自由に組み合わせられるので、ライフスタイルに合ったリビングにアレンジできるでしょう。

・参考:HAGS 壁面収納セット スタンザ W284

まとめ

リビングの収納を考えるときは、最初に床のスペースや動線の確保を意識しましょう。大きい収納棚を使えばさまざまな物を収納できるので便利と考えてしまいますが、サイズが大きすぎると部屋に圧迫感を与えてしまう恐れもあるので注意しましょう。また、オープンタイプの収納棚を設置する際には、向きに注意すると落ち着いた雰囲気にもできるでしょう。

おすすめの収納棚として2つを紹介しました。ライフスタイルに合わせた収納棚を選ぶと、リビングを居心地よいスペースに変えられるので、ぜひご検討ください。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら