Column

気持ち良い季節が近づいてきた!さぁ今年は庭リノベ

今年は桜の開花が平年より早い見込みが出ていますね。日中温かさが感じられると、外に出たい気分になりますね。それでなくともコロナ禍で自宅のお庭で外気分を楽しんでいる方も多いでしょう。庭も方法によっては快適な一つの居場所。庭リノベについてお届けします。

 

庭で何をしたいか考えよう

お庭の用途も色々あります。お花を多く植えて四季を楽しみたい方。芝生の面積を広くして広々させておきたい方。写真のように一部デッキをひくなどして、ガーデンファニチャを置いてくつろぎたい。バーベキューが出来るようにしたい。など。ご自身がお庭で何をしたいのかぜひ考えてみましょう。そこから最適な計画がスタートします。

 

庭でくつろぐ場所を確保するために

お庭の広さにもよりますが土でない部分を作るコトで寛ぐ場所を確保しやすいです。写真のようにウッドデッキを作ったり、あるいはタイル張りにしたり、土間を作ったり。そうすることで、足元が安定するのでアウトドア家具が安心して設置できます。アウトドア家具とは、ベンチやテーブル、ハンモックなど。お庭全体のバランスもとりやすくなります。どこに植物を植えるのか、ガーデンオブジェを置く場所なども決めやすくなります。

 

寛いだ時の視線の先も考える

以外に忘れがちです。なんか落ち着かないと思うとお隣のお家の窓からよく見えるなど、ありがちです。庭という地面の平面的な部分だけでなく、視線の先に何が見えるか、そこも忘れずにチェックしておきましょう。視線の先が気になるようであれば、写真のように一部分でも目隠しになるようなものを設置できるとさらに安心感が得られ、より寛いで過ごすことができます。目隠しになる塀も、メーカー品のものもあれば、木材で加工しながら作るものもあります。お庭全体の雰囲気と予算を考慮しながら選んでいきましょう。

 

まとめ

お庭は外でありながら、作り方によって立派なひとつの寛げる居場所になります。これから益々気候がよくなると、お庭で過ごしたいと思う時間が増えそうですね。ぜひあなただけの寛げるプライベートガーデンを叶えてくださいね。

 

ライタープロフィール|真栄城 あさみ

真栄城あさみ
インテリアコーディネーター/自宅収益化プロデューサー
300件以上の自宅・店舗プロデュース。
サポート歴16年目。現在は本場ロンドンから最新情報を発信。
自宅空間を好きなコトで収益化し自由な働き方を叶える。
仕事も暮らしも心から楽しむ人を増やすことを使命に活動中。

HP: https://amudesign-m.com
Instagram: asami_maeshiro

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう