Column

「ステープル」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集486

■ステープル

「ステープル」とはファスナーの一種です。金属でできており材料を結合するために使われます。建築現場で使用するステープルはサイズが大きく、ハンマーやステープルガンを使って屋根や段ボール箱を結合します。また、モルタル下地となるラス網や防水紙の固定などに使われます。

各辞書・辞典からの解説

「ステープル」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より

「デジタル大辞泉」において「ステープル」とは、1つ目の意味が「主食。基本食品。」2つ目の意味が「U字型の留め具」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より

「精選版 日本国語大辞典」において「ステープル」とは、1つ目の意味が「ステープラーの針。」2つ目の意味が「「ステープルファイバー」の略。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(1)〜(2)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「ステープル」とは、「留め具」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう