Column

「フェノール樹脂(ふぇのーるじゅし)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集517

■フェノール樹脂(ふぇのーるじゅし)

「フェノール樹脂」とは「ふぇのーるじゅし」と読みます。「フェノール樹脂」とはフェノールとホルムアルデヒドを原料とした樹脂のことです。150℃から180℃の高温でも強度を保持できるという特徴を持ち、断熱材として利用が可能です。鍋の取っ手に使われることもあります。

各辞書・辞典からの解説

「フェノール樹脂」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「フェノール樹脂」とは、「フェノール類とアルデヒド類との縮重合により合成される熱硬化性樹脂。絶縁性・耐水性・耐薬品性などにすぐれ、電気部品・接着剤などに使用。初めて作られた合成樹脂で、ベークライトと称した。石炭酸樹脂。」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「フェノール樹脂」とは、「フェノール類とアルデヒド類の重縮合により得られる樹脂。フェノールホルムアルデヒド樹脂が代表的。難燃性で、機械強度が高く、電気および熱の絶縁性、耐水・耐化学薬品性などにすぐれ、成型品、電気部品、接着剤に広く用いられている。石炭酸樹脂。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(3)「世界大百科事典」より
「世界大百科事典」において「フェノール樹脂」とは、以下のような文章で説明がされています。
「フェノール類(フェノール,クレゾール,キシレノールなど)とホルムアルデヒドとの縮合反応によって得られる熱硬化性樹脂。フェノール・ホルマリン樹脂,石炭酸樹脂ともいう。1907年アメリカのL.H.ベークランドによって発明された最も古い合成樹脂で,09年にベークライトbakeliteの名で商品化された。 フェノール樹脂はその製法によって次の2種類にわかれる。(1)フェノールを酸触媒のもとでホルムアルデヒドと反応させ,フェノールが若干個縮合した熱可塑性,溶剤可溶の樹脂をまずつくる。」

(1)〜(3)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「フェノール樹脂」とは、「合成樹脂」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう