Column

「煆焼(かしょう)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集505

■煆焼(かしょう)

「煆焼」とは「かしょう」と読みます。「煆焼」とは高温で加熱が必要な熱処理プロセスのことです。鉱石などの個体を加熱して熱分解や相転移を促したり、揮発成分を除去したりします。通常は該当する物質よりも低い温度で行います。

各辞書・辞典からの解説

「煆焼」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より

「デジタル大辞泉」において「煆焼」とは、「ある物質を強く熱して脱水・分解などを起こさせ、揮発成分を除くこと。」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より

「精選版 日本国語大辞典」において「煆焼」とは、「化学処理の加熱操作の一つ。試料物質を熱して、脱水、分解などを起こさせ、揮発成分を分離すること。石灰石を熱して二酸化炭素を発生させるのはその一例。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(3)「世界大百科事典」より

「世界大百科事典」において「煆焼」とは、以下のような文章で説明がされています。

「工業的加熱操作の一つ。固体原料を加熱し,熱分解により揮発性成分を脱出させ,安定な生成物を取得する処理をいう。加熱温度は固体が融解しない範囲である。原料組成は多くの場合,水酸化物,水和物,炭酸塩,硝酸塩,硫酸塩,有機酸塩などであり,煆焼により,固体酸化物と揮発分が得られる。」

(1)〜(3)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「煆焼」とは、「加熱操作のひとつ」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう