Column

「安山岩(あんざんがん)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集501

■安山岩(あんざんがん)

「安山岩」とは「あんざんがん」と読みます。「安山岩」とは火成岩の一種です。地表に吹き出たマグマが短時間で冷やされたときに作られます。玄武岩や流紋岩よりもケイ素が少ないなので淡い灰色です。通常の石よりも硬いので、墓石などに使われます。

各辞書・辞典からの解説

「安山岩」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より

「デジタル大辞泉」において「安山岩」とは、「火山岩の一。斜長石・輝石の斑晶を含み、また、角閃石や黒雲母を含むこともある暗灰色の岩石。板状・柱状の割れ目がある。日本で最も普通の火山岩で、土木・建築材や墓石などに使用。」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より

「精選版 日本国語大辞典」において「安山岩」とは、「火山岩の一種。造山帯に最も普通に産出する。斜長石、輝石、角せん石、黒雲母などを含む。暗灰色で板状・柱状の割れ目があり硬く、耐久力が強い。土木・建築石材や墓石に用いる。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(1)〜(2)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「安山岩」とは、「火山岩の一種」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう