Column

「クランプ」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集558

■クランプ

「クランプ」とは、材料を作業台に固定する工具のことです。締め具とも言われており、手を使わずに安全に作業ができるというメリットがあります。例えば、のこぎりを使用する際には、クランプを使うことで素材をきれいに切断できます。

各辞書・辞典からの解説

「クランプ」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

(1)「デジタル大辞泉」より
「デジタル大辞泉」において「ビーム」とは、1つ目の意味が「木材・石材の接合部に用いるつなぎ金具。鎹(かすがい)の類。」、2つ目の意味が「数枚の材を接着するときなどに使う締めつけ具。蝦蛄万力(しゃこまんりき)など。」、3つ目の意味が「鋼製足場の組み立てなどに使う結合金物。」となっています。

(2)「精選版 日本国語大辞典」より
「精選版 日本国語大辞典」において「ビーム」とは、1つ目の意味が「切削作業、機械工作などで加工物をつかみ、あるいは、はさみ込んで固定する金具。」2つ目の意味が「鋼管足場の締め付け金具。足場クランプ。」、3つ目の意味が「化学実験などで、実験器具を立体的に配置するとき、器具をはさみ込んで支持するための金具。」、4つ目の意味が「蝦蛄万力(しゃこまんりき)のこと。」、5つ目の意味が「外科手術器具の一つ。鉗搾子(かんさくし)。」となっています。

意味は「デジタル大辞泉」とほぼ同様です。

(1)〜(2)を合わせてみると、リフォーム、リノベーションにおいて「クランプ」とは、「加工物を挟んで固定する金具」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう