Column

汚れやすい洗面台。きれいを長持ちさせるには?お手入れ方法も

朝の身支度や帰宅後の手洗い、うがいなど、洗面台は使用頻度が高いため、汚れやすい場所の1つとも言えます。きれいな状態を長持ちさせるためには、どうしたらよいのでしょうか。
洗面台のデザインには様々なものがありますが、どのような形状や素材を選ぶかでお手入れのしやすさは変わってきます。お手入れしやすい洗面台の形状や素材について見ていきましょう。最後に、日頃のお手入れ方法についてもご紹介します。

 

 

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

お手入れしやすい洗面台の形状とは

洗面台で汚れやすいところと言えば、洗面ボウルのまわり、それぞれのパーツの隙間や継ぎ目、蛇口まわりなどが挙げられます。どのような形状の洗面台を選ぶかによって、お手入れのしやすさは変わってきます。お手入れしやすい洗面台の形状にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

一体型の洗面台

HAGSアイテム:【セット】洗面化粧台・鏡付き収納キャビネット WF019S2-750

カウンターや洗面ボウルなどが一体となっているタイプです。洗面まわりの収納や鏡などが一体になったタイプもあります。隙間や継ぎ目が少ないと、水はねや汚れもさっと拭き取りやすく、比較的お手入れがしやすいでしょう。様々なメーカーから、掃除のしやすさを工夫した一体型の洗面台が販売されています。

 

埋め込み型の洗面ボウル

カウンターに洗面ボウルを設置するような形状の場合、洗面ボウルをカウンターに置くタイプ、半分程度埋め込むタイプ、完全に埋め込むタイプに分けられます。カウンターに洗面ボウルを置く場合、洗面ボウルと壁の間に水が飛び散ると拭きにくいことも。一方で、洗面ボウルをカウンターに埋め込むタイプであれば、凹凸がないため掃除がしやすいでしょう。

 

深め、大きめの洗面ボウル

洗面ボウルの形状が浅め、もしくは小さいタイプではカウンターなどに水はねしやすいため、深め、もしくは大きめのものを選ぶと、比較的水はねを抑えられるでしょう。
好きな洗面ボウルや水栓を選んで組み合わせる場合は、洗面ボウルと水栓金具の相性にも注意が必要です。組み合わせ次第では、水はねしやすい場合があります。

 

壁付けの水栓

HAGSアイテム:【セット】洗面ボウルセット スタンドユニット 横水栓タイプ

下から水栓金具が出ているタイプの場合、根元に水がたまりやすいです。たまった水を放置すると、水垢や汚れが付きやすいため、きれいに保つには、こまめに水気を拭き取る必要があります。一方で壁付けの水栓であれば、根元に水がたまるのを防げます。

 

 

お手入れしやすい洗面台の素材とは

洗面台や洗面ボウルに使われる素材には、様々なものがあります。それぞれ異なる特徴があり、お手入れのしやすさも変わってきます。使いやすいものを選びましょう。

一般的によく使われるのは、陶器製です。素材の美しさが感じられ、素朴であたたかみのある印象を与えます。汚れは付きにくく、お手入れは比較的しやすいでしょう。ただ、重たいものを落とすなどの強い衝撃が加わると、割れることがあります。
ホーロー製は、なめらかな肌触りが特徴で、美しい光沢があります。汚れやにおいが付きにくく、お手入れもしやすいでしょう。ただ、表面のコーティングにキズが付いたまま放置すると、サビが出ることもあります。
樹脂製のタイプは、割れにくいことが特徴です。ただ、キズが付きやすいことや、高級感にはやや欠けるのが難点です。

 

 

日頃のお手入れでできること

汚れやすい洗面台をきれいに保つためには、やはり日頃のお手入れが大切です。洗面台のお手入れについて、日頃からしておきたいことをまとめてみます。

 

付いた汚れは細目にきれいにする

洗面台のカウンターや鏡に散った水滴を放置すると、水垢が付いたり、汚れが落としにくくなったりします。なるべく早く、こまめにきれいにすることで、掃除にかかる時間を短縮させられるといいですね。洗面台を使用したら蛇口まわりやカウンターを拭くなど、お手入れする習慣ができると、きれいな状態を保てるでしょう。水垢を落とすには、重曹やクエン酸、メラミンスポンジなどがおすすめです。

 

コーティング剤で表面を覆う

市販の洗面コーティング剤を使用することで、洗面台の撥水性がアップします。撥水性が上がると、水や汚れをはじいてくれるため、水垢もできにくくなるでしょう。日頃のお手入れを簡単にしてくれます。
コーティング剤には、手軽にできるスプレータイプや、比較的効果が長続きする液体タイプなどがあります。洗面台の水垢や汚れなどをきれいにしてから、コーティング剤を使用しましょう。
ただ、洗面台の素材によっては使えないコーティング剤もあります。シミや汚れの原因にもなるため、洗面台の素材や注意書きなどは、よく確認してから使いましょう。

 

 

まとめ

洗面台の形状には、様々なタイプがあります。隙間や凹凸があまりないタイプや、水滴が飛び散りにくい形の洗面ボウルを選ぶと、お手入れもしやすいでしょう。また、洗面ボウルに使われる素材によって、汚れの付きやすさに違いが出てきます。陶器製やホーロー製は、比較的お手入れがしやすいでしょう。
きれいな状態を長持ちさせるには、日頃のお手入れも大切です。こまめな掃除やコーティング剤の活用などで、清潔感のある洗面台を保てるといいですね。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する