Column

水回りリフォーム・リノベーション|設備の耐用年数は?

水回りは家の中でも老朽化しやすく、定期的な点検や入れ替えが欠かせない場所です。築年数が経過してくると設備を更新しなくてはならないとわかっていても、どういったタイミングで更新すればいいのかわからないという人も多いかもしれません。そんな人に向けて、この記事では水回りリフォーム・リノベーションを実施するタイミングについて解説していきます。

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら

水回りリフォームのタイミングが大切な理由

水回りリフォーム・リノベーションのタイミングが大切な理由としては、次のようなものが挙げられます。

  • 水回りは毎日使う場所にもかかわらず工事中は使えなくなってしまうから
  • 表面上問題ないように見えても、目に見えない配管などが老朽化している場合があるから
  • もし漏水が発生してしまうと影響が甚大だから

水回りは故障してしまった時の影響が大きいため、しっかりとタイミングを見極め、壊れてしまう前にリフォーム・リノベーションしておくことが大切なのです。

耐用年数からみる水回りリフォームのタイミング

水回りリフォームのタイミングを検討するにあたり、最初に確認しておきたいのが設備の耐用年数です。一般的に水回りは使用期間が10年を超えると不具合が出始め、10〜20年程度で更新のタイミングを迎えると言われています。表面上の設備は問題なくても配管の老朽化は防げないため、20年以上使用し続けるのはリスクが高いと言えるでしょう。
(参考:リショップナビ)

水回りの箇所別にみた耐用年数の目安は次の通りです。

  • キッチン:15〜20年(コンロ、水栓、食洗機などは10年をメドにメンテナンス)
  • お風呂:15年前後
  • トイレ:10〜15年程度
  • 洗面台:20年前後
    (参考:株式会社蔵前)

いずれも本体の耐用年数の目安であり、本体以外の設備や壁紙クロス・天井・床などの耐用年数も見ながら、適切なリフォームのタイミングを検討する必要があります。

年数よりも状況で判断すべき水回りリフォーム

リフォームのタイミングを考える一つの基準として耐用年数を紹介しましたが、水回りの使用頻度や使い方、メンテナンスの状態は家によって大きく異なります。そのため、耐用年数よりも実際の状況によってタイミングを考えたほうが確実なのです。

特にマンションの場合、漏水した際の影響は自宅だけでなく下階の部屋にも及びます。設備の老朽化と異なり配管の老朽化は見た目で判断しづらいため、水回りのちょっとした異常を見逃さないようにしたいところ。次に挙げるような異常が見られる場合は、耐用年数がまだであってもリフォーム・リノベーションを検討するといいでしょう。

キッチンでリフォームを検討すべき異常

  • 排水溝が頻繁に詰まる、異臭がする
  • シンクのサビが目立つ、腐食が見られる
  • 蛇口や排水管から漏水が見られる

浴室でリフォームを検討すべき異常

  • コーキングの老朽化、カビが取れない
  • 蛇口やシャワーなどから漏水している
  • 換気口から異音がする
  • 排水溝が頻繁に詰まる、異臭がする

浴室は水を使う量が多いので、漏水してしまうと被害が大きくなる危険性があります。ユニットバスの場合、本体そのものというよりもつなぎ目を塞いでいるコーキングの老朽化に注意が必要です。在来工法では、タイルの目地がひび割れていないか確認しましょう。

トイレでリフォームを検討すべき異常

  • トイレ本体や配管から漏水している
  • トイレ本体がひび割れしている
  • 温水洗浄が正常通り機能していない
  • 排水が詰まる

トイレは汚水が発生する場所であり、浴室と同様漏水した時の影響が大きいと言えます。普段よりも流れにくいと感じたら業者に点検を依頼し、必要に応じてリフォームを検討したいところです。

洗面台でリフォームを検討すべき異常

  • 洗面台のボウルがひび割れしている
  • 蛇口や排水管から漏水している
  • 排水溝が頻繁に詰まる、異臭がする
  • 洗面台周りの床や壁が腐食している

ライフスタイルの変化もタイミングを決める要因

設備の状況によって検討するのは、必要に迫られて行うリフォーム・リノベーションです。一方、ライフスタイルの変化に合わせて、生活水準をアップするためのリフォーム・リノベーションを行うという考え方もあります。

具体的に考えられるのは次のようなリフォームです。

  • 共働きで朝の支度のタイミングが重なることが多いため、洗面を2つに増やす
  • 子どもが生まれたので、小さな子でも使いやすいように低い洗面台に取り替える
  • 子どもが独立したので、老後に備えて浴室やトイレに手すりを設置する

水回りは家族全員が毎日使う場所ですから、家族のライフスタイルに合わせた機能性を確保することが大切。家族のライフステージが進むのに合わせて、水回りのあるべき姿も変わっていくというのは自然なことなのです。

まとめ

今回は水回りリフォーム・リノベーションのタイミングについて解説してきました。毎日使う水回りは老朽化しやすいうえ、使い勝手の良さが求められる場所。耐用年数や設備の状態といった物理的な要因でタイミングを考えるというのが基本としつつ、ライフスタイルの変化に合わせて、必要な時にリフォームするというのがおすすめです。

 

関連記事はこちら▼

完全版|水回りのリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リフォーム・リノベ会社の 事例集ダウンロードと
お問い合わせはこちら