カタログ
請求で!
>>
¥5,000 OFF

HAGSで使えるクーポンをもれなく全員にプレゼント

>>今すぐGET
Column

知りたい!子ども部屋リノベーション・リフォームの費用相場

お子さんの成長に合わせて子ども部屋も使いやすく変えていきたい、というリノベーション・リフォームのニーズが増える傾向のようです。成長過程に合わせて過ごしやすい部屋を用意したいと思った時、費用はどうしても気になってきますね。

子ども部屋にかかわるリノベーション・リフォームにはいくつかの方法、種類があり、工事の規模によって費用も異なります。今回は、工事内容ごとに、目安となる費用相場を見ていきましょう。

部屋を仕切る子ども部屋リノベーション・リフォームの費用

お子さんが小さいうちは個室ではなく、リビングの一角にキッズスペースを設けたり、一つの部屋を二人以上のお子さんで一緒に使っていたりすることも多いでしょう。お子さんがある程度成長してから、部屋を仕切る方法はいろいろあります。

壁を作る

8畳の部屋で床から天井までの壁を新しく作る場合、壁自体の設置費用は13~15万円が目安といわれています。そこにコンセントなどのための電気配線工事をするなら5~7万円がさらにかかります。エアコン設置のための配管や防音対策、お部屋の空気を快適にする機能性壁紙を使うなど、工事内容によって費用も変わってきます。

家具で仕切る

大型の本棚のような収納を間仕切り代わりにすると、限られたスペースも有効に使えます。壁を作るよりも費用は増えて、30万円程度かかります。入れ違い構造の二段ベッドなど大型の家具で部屋を仕切る場合、内容によって費用は変わってきますが、20万円以上は見込んでおきましょう。
さらに、開け閉めできる間仕切りで仕切る方法もいくつかあります。

パネルドアで仕切る

数枚のパネルをスライドして部屋を仕切るパネルドアなら、将来的に部屋を一つに戻すのも容易です。パネルドアはデザインが豊富なので、お部屋の雰囲気や遮りたい程度に合わせて選ぶとよいでしょう。費用は、高いものでは40万円以上かかることもあるとされています。

パーティションやカーテンで仕切る

突っ張りタイプのパーティションやアコーディオンカーテンなどは視線をさえぎることはできますが、音は伝わってしまいますから、プライバシー確保が難しいといったデメリットもあります。6万円程度で設置可能です。

・参考:リフォームガイド「【プロが教える】壁を作るリフォーム費用はいくら?」
・参考:ホームプロ「家具やカーテンも!子供部屋分割リフォームで間仕切り壁はつくる?」

住まいの間取りを変えて子ども部屋を作る費用

住まい全体をリノベーション・リフォームする中で子ども部屋をどうするか決めていくこともありますね。その場合は、子ども部屋の位置や広さなどから考えてみましょう。

フルリノベーションで作る

住まいのフルリノベーションに合わせて子ども部屋を作る、という場合です。フルリノベーションの費用相場は工事内容や床面積によっても様々ですが、1000万円前後の予算を見込んでおきましょう。

増築で作る

戸建て住宅では増築して面積を広げ、新しく子ども部屋のためのスペースを作ることも、選択肢になるかもしれません。工事費用の目安としては、1階に6畳程度の部屋を増築する場合、200~500万円程度かかるとも言われています。2階に増築する場合には、足場を組むなどの作業が必要になるので、追加で費用がかかってきます。
また、増築では建築確認申請や登記といった手続きが必要になり、それぞれにも費用がかかると覚えておきましょう。

・参考:Global Base「子供部屋のリフォーム・リノベーション事例9選!費用相場や注意点も解説」
・参考:リフォームわくわく生活「家を増築したい!増改築にかかる費用の相場比較と注意点」

子ども部屋の内装をリノベーション・リフォームする費用は?

子ども部屋の壁や天井、床といった内装をリノベーション・リフォームする費用相場は下記です。

壁紙

壁紙にも耐用年数があるので5~10年程度で貼り替えていくことが望ましいとされています。子ども部屋ではお子さんが大きくなって壁紙の好みが合わなくなることもあるでしょう。部屋全体の壁紙を貼りかえる工事は、一般的な壁紙を使うなら10万円程度から可能です。機能性壁紙などを使うと費用が5割増しくらいにアップすることもあるようです。

床材

床材も耐用年数によってリフォームが必要となる内装のひとつ。カーペットは5~6年、合板フローリングは10年程度といわれています。無垢フローリングは30年以上使い続けることができるものもあるようです。
6畳の部屋の床を張り替える費用は、フローリングの場合9~18万円程度、重ね張り工法なら6~14万円とコストを抑えられます。カーペットは商品によって幅があり、6畳で5~10万円程度です。
他にもクッションフロア(6畳で5万円程度)、フロアタイル(6畳で5~10万円)のような塩ビ系の素材も子ども部屋に使えるでしょう。メンテナンスしやすくデザインも豊富で、それほど費用を掛けずに済む点も人気の理由です。
防音対策として、遮音・防音機能のある床材を使う場合には、6畳で25万円程度はかかるとされています。

・参考:リショップナビ「床の張り替えリフォーム費用相場【フローリング・CF・カーペット・フロアタイル・畳】」
・参考:リフォームガイド「目的別!防音リフォームの費用を分かりやすく解説|見積もり付」
・参考:「完全版|フローリング(床材)のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜」

まとめ

子ども部屋のリノベーション・リフォームの、部屋を仕切る工事、部屋を作る工事、内装を変える工事について、よくある施工内容の費用相場を紹介してきました。お子さんが自分の部屋を欲しがったり、元気に動きすぎて床や壁の補修が必要になったりするタイミングに対応できるように、リノベーション・リフォームの情報はおさえておきたいもの。
子ども部屋で必要になる費用の相場を把握して、計画的に資金を用意しておけると安心ですね。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう