Column

リノベーションでおしゃれキッチンに。おしゃれにするポイントとは

長年使い続けたキッチンや中古物件のキッチンなど、使いにくさや古さを感じるキッチンを、リノベーションでおしゃれに変身させてみませんか。今回は、おしゃれなキッチンにリノベーションする際に知っておきたいポイントをご紹介します。最後に、キッチンのリノベーション事例をいくつかみていきましょう。

 

 

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する

リノベーションでキッチンの配置はどうする?

家族とコミュニケーションをとりながら料理をしたい、料理中は1人で集中したい、効率的に動けるキッチンにしたいなど、希望のキッチンの形をイメージしてみましょう。キッチンの配置を考えるにあたって、キッチンの独立性とレイアウトに分けてみていきます。

 

開放的なキッチン? 独立したキッチン?

リビングやダイニングとの間に壁があるかどうかで、キッチンの独立性は変わってきます。最も開放的なのは壁のないオープンキッチン、独立性が高いのは壁で仕切られたクローズキッチン、壁があるものの開口部分があるタイプがセミオープンキッチンです。

まず、開放感があるオープンキッチンは、調理中でも家族の顔が見え、コミュニケーションをとりながらキッチンに立てます。壁がない分、空間が広く感じられるでしょう。ただ、においや煙がリビングなどに広がりやすく、キッチン回りを隠せないため、生活感が見えてしまう場合があります。

独立した部屋のようになっているクローズキッチンは、キッチンに立つと家族とコミュニケーションがとりにくいものの、料理に集中できるというメリットがあります。においや煙が広がりにくく、調理中の音もオープンタイプより気になりにくいでしょう。

壁があるものの開口部分があるセミオープンキッチンは、オープンタイプとクローズタイプの良いところを、ほどよく取り入れられるのがメリットです。オープンタイプほどの開放感はありませんが、クローズタイプほどの孤立感もありません。キッチン回りも見えにくいでしょう。

 

キッチンのレイアウトは様々

どのようなキッチンのレイアウトにするかで、使いやすさは変わってきます。まず、コンパクトで狭いスペースにもつくりやすいのが、I型です。コンロやシンク、調理スペースが1つの直線上に位置しています。

セパレート型は、コンロ、シンク、調理スペースを2列に分けたタイプです。キッチンに広いスペースが必要ですが、その分作業スペースや収納スペースを広くとれるでしょう。体の向きを変えるだけで、コンロやシンクに手が届くという動線の良さも魅力です。

同じく効率的に動けるのが、アルファベットのLのような形のL型キッチンです。ただ、コーナー部分に収納スペースがとりにくいなどのデメリットもあります。

島のような形のアイランド型は、キッチンの端が壁に接していないため、大人数でも料理がしやすいレイアウトです。広い面積が必要ですが、見た目がおしゃれで開放感のある印象を与えるでしょう。

ペニンシュラ型は、キッチンの片方の端が壁に接したタイプです。アイランド型よりも開放感は劣ります。ベビーゲートを設置しやすいなどのメリットがあります。

 

 

キッチンのテイストを決めてリノベーションしよう

カフェ風、ナチュラル、北欧テイスト、カントリー調、シンプル、スタイリッシュなど、キッチンのイメージを決めましょう。それによって、キッチン回りや床、壁などに使う素材、色が変わってきます。また、オープンキッチンの場合は、リビングとのつながりを考えると、インテリアの一体感が出るでしょう。

 

 

照明にもこだわっておしゃれキッチンに

リノベーションする際は、キッチンの照明にもこだわってみませんか。同じインテリアでも、照明によって印象は変わります。ライティングレールを使って、複数のライトを吊るしたり、デザイン性のあるペンダントライトを取り入れたりして、おしゃれな空間を演出しましょう。空間をすっきりと見せるダウンライトを複数個、広さに合わせて設置するのもおすすめです。

また、光の色もポイントです。オレンジのような光でリラックス効果のある電球色、太陽光に近く自然な色でさわやかな印象の昼白色など、光色によってもキッチンの印象は変わってきます。

 

 

おしゃれキッチンのリノベーション事例

こちらでは、おしゃれなキッチンのリノベーション事例を4つご紹介します。

 

グレーとホワイトを基調としたスタイリッシュなキッチン

まるで家具のようにお部屋になじむ、おしゃれでスタイリッシュなアイランドキッチンです。吊戸棚がなく高さを抑えた収納は、圧迫感のない、開放的な印象を与えるでしょう。収納スペースや作業スペースが広いのもうれしいポイントです。

 

備え付けられたパントリーで収納力も抜群

キッチンの天井には木材、床にはタイルを使用し、リビングやダイニングとのメリハリを感じさせます。天井に張り巡らされたライティングレールで、照明による演出も楽しめるでしょう。キッチン横には、食品や食器類などを収納するのに便利なパントリーが設けられています。

 

アクセントウォールのイエローが映える

キッチンの背面には、目を引くイエローのアクセントウォール。キッチンが一気に華やかになります。適度にキッチン回りを隠しつつ、家族とのコミュニケーションもとれるセミオープンタイプのキッチンです。

 

北欧レトロなおしゃれ空間

無垢材を使用した、木の温もりを感じられるキッチンです。壁面に張られた、レトロなタイルが目を引きます。さりげなくおしゃれなキッチンで、料理するのが楽しくなりそうです。

 

まとめ

キッチンをリノベーションする際は、ライフスタイルに合わせて配置を決めましょう。I型やセパレート型、L型、アイランド型、ペニンシュラ型など、キッチンのレイアウトによって使いやすさは変わってきます。また、希望のキッチンのテイストに合わせて、キッチン回りに使う素材や色を決めていくと、おしゃれにまとまるでしょう。照明による演出を楽しむのもおすすめです。

100社を超えるリフォーム・リノベ会社の事例をまとめました! リフォーム・リノベ会社の

事例集ダウンロード

リフォーム・リノベ会社の

紹介を希望する