Column

壁面収納でキッチンがスッキリ。設置する際の3つのポイントを解説

キッチンはご家庭の食を生み出す場所。すなわち、単に調理をするだけではなく、食を通して家族のコミュニケーションも育めます。さらに、キッチンでは食品をはじめ、調理器具や食器などさまざまなアイテムも保管しなければなりません。それらのためにも、整理整頓のアイデアを知りたいという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、壁面収納の魅力についてご紹介します。壁面収納をキッチンに作る場合のポイントもまとめました。キッチンをスッキリさせたい方や壁面収納に興味のある方は、この記事を参考にしてください。

壁面収納の魅力

壁面収納の魅力のひとつは収納量が増えることです。広いキッチンも魅力的ですが、収納場所が少ないとすぐに散らかりがちです。キッチンが散らかっていると、調理で必要なアイテムが見つからなかったり不衛生な状態になったりもします。そこで、壁面収納を導入すれば収納力がアップするので、調理に必要なアイテムの整理整頓に効果を発揮するでしょう。

壁面収納のもうひとつの魅力はキッチンをスッキリさせられることです。壁面収納を導入するとキッチンが狭くなってしまうと考える方がいます。しかし、収納スペースを1ヶ所にまとめることで、それまで使っていた収納家具が不要になり、スペースができることもあります。空いたスペースに最新の調理器具を置いたり、調理のスペースを広げたりできるでしょう。収納スペースをまとめることで、キッチンの機能性も高まります。

壁面収納をキッチンに導入する際のポイント

キッチンに壁面収納を導入したいものの、どのような手順で設置すればよいのか分からないという方もいるでしょう。ここでは、導入する際のポイントを時系列で解説します。

収納する量を把握する

壁面収納を導入するときに、いきなり家具や棚などを購入する方もいらっしゃるようです。収納する量を把握しないまま取り付けをすると、収納スペースが足りなくなったり余ったりする可能性もあります。

壁面収納を導入する際には、最初にキッチンで保管している物の量を把握しましょう。キッチンには食器、調理器具、家電製品などがあります。夫婦2人暮らしや3人暮らしの場合は、収納スペースが少なくても問題ない場合が多いですが、4人以上の場合はスペースを広く取る、棚を増やすなどの工夫も必要になるでしょう。

キッチンは最新の調理器具や便利グッズなど、小物が増えてしまいがちです。散らかりやすいキッチンをスッキリさせるためには、まず整理整頓をして不要な小物を処分しましょう。処分を検討した方がよいアイテム例として、欠けた食器、賞味期限切れの調味料、使わなくなった食器、たまってしまったレジ袋などがあげられます。

壁に棚を設置する

収納に必要なスペースを把握したら棚を設置しましょう。棚を購入する場合には、可変式のタイプがおすすめです。棚の高さを自由に変えられるので、収納法を変えたいときでも柔軟に対応できるでしょう。

棚に小物を収納する際には、使用頻度や重さで分けるのがおすすめです。食器や調味料などは毎回の調理で使うので棚の中段にしまうとよいでしょう。大きな鍋やフライパン、家電製品などの重いものは、棚の下段にしまうのがおすすめです。下段で保管すれば取り出しやすいですし、地震が発生したときでも落下の心配もありません。

一方、紙コップやプラスチック容器などの軽くて壊れにくい物は、棚の上段にしまうのがおすすめです。落下した場合に、ケガの心配も少ないからです。

引き出しにしまうときには形に合わせて収納すると、スッキリと納まります。例えば、フォークやスプーンなどのカラトリーは寝かせて収納するとよいでしょう。タオルは小さく丸めるとコンパクトに収納できます。ワイングラスやコップなどは並べて収納するとよいでしょう。種類ごとに一列に並べると、取り出しやすいですね。

扉の有無を決める

キッチンの収納では扉選びにも注意しましょう。扉にはホコリがたまりにくい、インテリアに統一感が生まれやすい、隠す収納ができるなどのメリットもあります。一方で、扉を付けることで、どこに保管したのかが分かりづらい、見せる収納が難しいなどのデメリットも生まれるでしょう。電子レンジや炊飯器を棚に収納したい方には、使い勝手を考えて、扉のないタイプをおすすめしたいです。

扉には引き戸タイプと開き戸タイプの2種類があります。収納スペースが限られている場合は、引き戸タイプをご検討ください。扉を全開にできますし、体の向きを変えずに開けられるからです。一方で、キッチンのスペースに余裕がある場合は、開き戸タイプがよいでしょう。キッチンのレイアウトによって使いやすさが異なるので、棚を購入するときには慎重に検討しましょう。

まとめ

キッチンをスッキリさせたい方は壁面収納がおすすめです。収納量をアップさせられますし、収納スペースを1ヶ所にまとめられます。機能性が高まるので、使い勝手も向上するでしょう。

壁面収納を導入する際には、まず最初に収納量を把握しましょう。量を確認しないまま棚を設置すると、収納スペースが足りなくなったり余ったりするといった結果を招きかねないからです。キッチンには不要な小物がたまっていることもあるので、整理をしてからどの壁面収納を購入するか決めましょう。

無料でお届け!キッチンリノベーションの施工事例集

「キッチンだけリノベする」という選択

こんな方におすすめです

・料理をしながら家族の様子が見えるように、対面式のカウンターキッチンに変えたい
・キッチンの向きを変えて部屋を広く見せたい
・子供と一緒に料理ができるようキッチンを広げたい
・間取りを変えてパントリーを作りたい


簡単30秒!リノベ事例集を取寄せ(無料)