Column

フローリングの黒ずみ対策に、専用洗剤を使ってスッキリ落とす

毎日キレイにしているつもりでも、いつの間にかついてしまっている床の黒ずみ。その原因は、足の裏の皮脂汚れと言われています。この黒ずみをなんとかしたいと思っていませんか?

床の黒ずみをスッキリ落とすには、フローリング専用洗剤が活躍します。使い方も簡単で、床の汚れを強力に落とすフローリング専用洗剤は、床のキレイさを保つ頼もしい存在です。

最近床の汚れが目立ってきたな、そう思ったらフローリング専用洗剤を試して見てください。

 

 

フローリング専用洗剤で黒ずみも楽に落とせる

黒ずみやべたつきの主な原因は、「足の裏の皮脂汚れ」、つまり油です。フローリング専用洗剤を使えば、フローリングを痛めることなく、汚れを落としてくれます。

そんなフローリング専用洗剤には、3つの特徴があります。

  1. フローリング専用洗剤は汚れを落とす力が強い
  2. フローリング専用洗剤は扱いが簡単
  3. フローリング専用洗剤はフローリングに優しい

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

1.フローリング専用洗剤は洗浄力が抜群

フローリング専用洗剤は、汚れを落とす力がとても強いのが特長です。

なぜなら、「皮脂汚れ」や「食用油汚れ」に狙って洗剤成分を配合しているからです。そのため、床のべたつきや黒ずみなどにめっぽう強い性質があります。

例えば、表面が黒ずんだフローリングの黒ずみは、皮脂やホコリが蓄積して汚れた部分ですが、こういった部分も専用洗剤であれば比較的簡単に黒ずみを落とせます。

 

2.フローリング専用洗剤は扱いが簡単

フローリング専用洗剤は、扱いやすいのも良い点です。

市販されている多くの洗剤が、拭き取るだけで楽に掃除ができるように工夫されています。洗剤拭きの後、仕上げに水拭きと一手間掛けるタイプもあります。いずれも簡単に掃除ができるように工夫されています。

よく使われる台所用洗剤は、フローリングに同じように使えますが、泡立ちが良すぎて拭き取りにくい点もあります。フローリング専用洗剤はほとんど泡立たず、拭き取りも簡単です。

 

3.フローリング専用洗剤はフローリングに優しい

多くのフローリング専用洗剤はフローリングに優しい(痛めない)工夫がしてあります。

それは、成分を調整した中性洗剤だからです。アルカリ性洗剤や酸性洗剤は、汚れを落とす力はとても強いですが、表面のワックスの剥離やフローリング自体を痛めてしまいます。

せっかくフローリングをキレイにしようと思っているのに、フローリングが痛んでしまっては困ります。フローリング専用洗剤を使えば、フローリングを痛めずに汚れを落とすことができます。

 

 

フローリングの汚れは気がついたらすぐ落とすのがポイント

フローリングの汚れは、気がついたらすぐに落とすのがポイントです。

なぜなら、放置すると固着し、他の汚れを引っ張ってきてしまうからです。さらに、汚れがフローリング内部まで浸透し、シミの原因になってしまうこともあります。すぐ落とすには、近くに掃除道具を準備しておきましょう。ハンディモップや充電式掃除機などが便利です。

 

すぐに使える便利な道具を準備しておこう

気になった汚れをさっと掃除するには、すぐに使える便利な道具があるとよいです。

さっと掃除したいなら、フロアモップが便利です。ホウキとチリトリも手軽に使えて便が良い掃除道具です。他にもコードレス掃除機などが活躍します。

例えば、フロアモップは安価なので、住まいの複数の箇所に設置しておいても使い勝手が良い製品です。リビング・廊下・寝室など、すぐに手が伸びる場所に設置しておきましょう。

 

すぐ使える便利な道具

■フロアモップ

 

■ホウキとちりとり

■ウェットティッシュ

フローリング専用洗剤の選び方と注意点

フローリング専用洗剤は、いま使っているフローリングに合わせて選びましょう。

なぜなら、間違ったものを選ぶとフローリングにダメージを与えてしまうからです。キレイなフローリングを痛めて悲しい思いをする前に、この洗剤は我が家に使えるか、考えてみましょう。

フローリング用洗剤は、床に合った専用のものを選ぶことがポイントで、床に優しく掃除が楽になります。

 

複合フローリングは多くの洗剤が使える

住宅で多く使われる複合フローリングには、大抵の洗剤が使えます。

表面のコーティング層が水や汚れを防ぐので、フローリング用洗剤で表面についた汚れを落としやすくできています。コーティングの種類は様々ですが、多くの製品で汚れがつきくい工夫がされています。

使う洗剤は、中性洗剤や重曹、なども使えます。手軽にサッとキレイにできるところがよいです。

■リンレイ オール床クリーナー(リンレイ)

■フローリングマジックリン つや出しスプレー(花王)

■ウタマロクリーナー(東邦)

 

無垢の床は専用洗剤を使おう

無垢の床には、無垢床専用洗剤を使ってください。

なぜなら、表面にコーティング層のない無垢の床は、汚れと一緒に洗剤成分も吸い込んでしまいます。シミの原因となってしまうのを避けるため、無垢床専用洗剤をオススメします。

 

■ウォッシュアンドケアー(オスモ)

いくつかある無垢材専用洗剤で、おすすめなのがオスモのウォッシュアンドケアーです。

水で薄めて使うタイプですが、後から水拭き不要で1回で汚れを落とすことができます。お値段は少し高いですが、薄めて使うタイプなのと、掃除手間がグッと減るのでおすすめの洗剤です。

 

■白木専用洗剤(リンレイ)

無垢フローリング以外にも、白木の木部に使える洗剤です。

5~10倍に薄めて使います。最後に洗剤成分を落とすために水拭きが必要です。泡立たず、後の拭き取りが簡単です。

 

無垢材のお掃除については、以下の記事も参考にしてみてください。

参考:HAGS「『無垢フローリング』水拭き掃除はできるか? 」

 

 

まとめ

今回は床の黒ずみをスッキリ落とす、フローリング専用洗剤をご紹介しました。

床の黒ずみを手軽にスッキリと落としたいなら、フローリング専用洗剤がオススメです。また、掃除道具も一緒に準備しておくと、さらに掃除が楽になります。

キレイなフローリングで快適な毎日を過ごしてみましょう。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう