Column

フローリングの耐用年数ってどれくらい?張り替えの時期におけるポイント

普段の暮らしを足元から支えてくれるフローリングは、使い続けていると傷や汚れが目立ってきます。軋んだり凹んだりしてきて、交換したほうがいいのではないかと感じている人もいるのではないでしょうか。今回は、フローリングの耐用年数や張り替えのタイミングについて詳しく解説していきます。

フローリングに法定耐用年数はない

まず、フローリングの法定耐用年数はどれくらいと定められているのでしょうか。結論から言うと、フローリングとしての法定耐用年数は特段定められていません。国土交通省住宅局が公表している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では、次のように記されています。

(フローリング)

経過年数は考慮しない。ただし、フローリング全体にわたっての毀損によりフローリング床全体を張り替えた場合は、当該建物の耐用年数で残存価値一円となるような直線を想定し、負担割合を算定する。

(参考:国土交通省住宅局「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」 )

この内容は住宅を借りている人の原状回復義務について述べたもので、フローリングは経過年数に関係なく傷つけてしまった部分を原状回復するのが原則とされているのです。借りた人が原因でフローリング全体を張り替える必要がある場合には、建物の法定耐用年数に基づいて負担割合を計算するとされていることから、フローリング単体の法定耐用年数は定められていないことがわかります。

フローリングの張り替えタイミングは、あくまでも傷や汚れの状態によって個々で判断するものと言えるでしょう。

床材ごとの張り替え時期をチェック

そもそも法定耐用年数とは、対象物の資産価値がゼロになる(減価償却し終わる)年数のこと。当然法定耐用年数が定められていないからと言って、フローリングはいくらでも長持ちするというわけではありません。続いては、一般的に知られている床材ごとの張り替え時期を見ていきましょう。

 <床材ごとの耐久年数目安>

  • 無垢フローリング : 30年以上
  • 複合フローリング : 10〜15年
  • クッションフロア : 10年
  • フロアタイル : 10年以上
  • 畳 : 畳表10年、畳床20〜25年

 (参考:スマイティ 賃貸経営)

主な床材の中でもっとも耐用年数が長いとされるのが無垢フローリング。自然オイルなどの浸透性塗料仕上げであれば、傷や汚れがついてもサンドペーパーで削れば修復可能なため、30年以上という長きにわたって使い続けることができます。

一方、複合フローリングは10〜15年程度で張り替えるのが目安とされています。複合フローリングは表面の傷や汚れを修復することが難しい他、合板をつなぎ合わせる接着剤の寿命が短いということもあり、無垢フローリングよりも頻繁に交換が必要とされているのです。

張り替え時期を判断するポイント

無垢フローリングと複合フローリングについて張り替え時期の目安をご紹介しましたが、10〜15年以上経過した複合フローリングであっても張り替えていないという家も多いはず。あくまでも目安であって、実際はフローリングの状態によって時期を判断する必要があるのです。次に、フローリングの張り替え時期を判断するポイントを順番にご紹介していきましょう。

傷やどうしても落ちない汚れが目立つ

無垢フローリングであれば表面の傷や汚れは削って補修できますが、複合フローリングの場合、本体を張り替えない限り修復することは難しいもの。ちょっとした凹みや汚れであれば問題ありませんが、ささくれ立った傷や床材の耐久性に影響のある汚れを放置すると、思わぬケガやトラブルの原因になりかねません。

傷や汚れによって生活に支障が出る可能性を感じたのであれば、時期の目安に関係なく、フローリングの張り替えを検討したほうがいいでしょう。

日焼けや色褪せが目立つ

傷や汚れがついていなかったとしても、日当たりのいい部屋だと経年によって床の色が日焼けしたり色褪せたりしていきます。こればかりは経年劣化の一種ですので、補修でどうにかなるものではありません。状況が悪いと表面が毛羽立つ、板が浮いてくる・剥がれてくるといった床の機能そのものに影響が出る場合も。日焼けや色褪せが目立つようになってきたら、フローリングの張り替えを検討したいところです。

床鳴りや軋みを感じる

フローリングの上を歩くとギシギシと音がする場合も、フローリングの張り替えサインと考えられます。経年劣化によって床板が反ったり縮んで隙間が開いたりしていることが考えられるからです。

ただし、床鳴りや軋みはフローリング材の張り替えだけでは解決しない場合もあります。フローリングだけでなく床を支える構造部が劣化している可能性もあるため、専門業者に床下を点検してもらうなどして、原因を正しく理解した上で対処するのがおすすめです。

まとめ

フローリング単体での法定耐用年数は定められていませんが、毎日過ごす家のフローリングは徐々に劣化していくものです。普段から正しくお手入れをすることはもちろん、ちょっとした異変に早く気づくことも大切。フローリングの異変を感じたらプロの目で確認してもらい、張り替えを含む対処を検討していきましょう。

関連記事はこちら▼

完全版|フローリング(床材)のリフォーム・リノベーションのガイド〜種類・費用・事例まとめ〜

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう