「ローコスト住宅(ろーこすとじゅうたく」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集663

■ローコスト住宅(ろーこすとじゅうたく)

「ローコスト住宅」とは「ろーこすとじゅうたく」と読みます。「ローコスト住宅」とは、安い価格で販売されている住宅のことです。住宅を建築する場所によっても変わりますが、一般的には坪単価で30~40万円、総額で1,000万円と言われています。

ローコストと一般的な住宅との違いは材料費と人件費です。一般的な住宅は顧客の注文に合わせて材料を調達しますが、ローコスト住宅では大量に仕入れることで費用を抑えています。木材は現場で加工せず、工場でプレカットによって費用を削減しています。人件費についても、工場でのプレカットによって現場で作業する職人の数を減らしています。

ローコスト住宅のメリットは費用の安さです。費用がかからないので少ない予算でもマイホームを持てます。また、ローコスト住宅ならライフスタイルの変化によって建て替えが可能です。費用がかからないため、気軽に建て替えができるでしょう。

ローコスト住宅のデメリットはデザインや材料の選択肢が少ないことです。キッチンや浴室をユニットにしていることが多く、細かいデザインの指定は難しいでしょう。もうひとつのデメリットは耐久性です。

ローコスト住宅では比較的安価な材料が使われており、耐久性は一般の住宅よりも劣ります。子どもが大きくなるまでの住まいが欲しい、老後に備えてコンパクトな家が欲しいなどのライフスタイル合わせた住宅を希望している方におすすめです。

(参考:ニフティ不動産「ローコスト住宅はなぜ安い?ブログや実例から学ぶメリットとデメリット、購入時に注意するポイントをご紹介!」)

【無料】リノベーション事例集プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう