Column

「濡れ縁(ぬれえん)」とは何か?|誰でもわかるリノベ用語集

誰でもわかるリノベ用語集686

■濡れ縁(ぬれえん)

「濡れ縁」とは「ぬれえん」と読みます。誤った読み方として「ぬれふち」と言われることがありますが、正しくありません。

「濡れ縁」とは、雨戸の外側に取り付けられた縁側のことです。雨風を防ぐ壁がなく、雨が降るとぬれてしまうために濡れ縁と呼ばれています。室内とは扉でつながっているため、裸足のまま室内から濡れ縁に移動できます。

各辞書・辞典からの解説

「濡れ縁」について、他の角度からも内容を見ていきましょう。

「リフォーム用語集」より
「リフォーム用語集」において「濡れ縁」とは、以下のような文章で説明がされています。
「雨風を防ぐ雨戸などの外壁が無く、雨ざらしとなる縁側。雨に濡れるため板と板に隙間を空け水捌けを良くしたり、水切れをよくするために竹を使用したりする。現在は腐食しないアルミを利用した物も多くある。」

つまり、「濡れ縁」とは、「雨ざらしになる縁側」のことであるとおわかり頂けたと思います。

リノベーション事例集無料プレゼント実施中!

HAGSの自宅リノベーションなら、部分リノベからフルリノベまで希望や予算に合わせてリノベする空間を自由にカスタマイズできます!
自分らしい暮らしを実現させるためのプランをご提案します。


リノベ事例集をもらう